« 2007年3月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月22日 (火)

気仙沼・唐桑・本吉の小中学校統廃合

『市では現在,学識経験者や多方面の皆様による「気仙沼市義務教育環境検討委員会」を設置し,広くさまざまなご意見をいただきながら,適正な学校規模や配置など,本市の将来を見据えた義務教育環境整備に向け検討を行っております。』
(以上、気仙沼市HPからのコピペ)
ということで、旧唐桑町や旧本吉町を含めて気仙沼市内の小中学校の統廃合が議論されています。
 検討委員会では、今のところ、統廃合の具体案の検討には至っていないもようですが、私なりにいろいろ思うところがあったので、私見をまとめて先日、検討委員会にメールしました。
 ほかの方の意見も聞いてみたいので、同じ内容をこちらにもアップしてみます。コメントお待ちしてます。

●大島地区と架橋について
 中央公民館での地域懇談会で、大島から学校が無くなったら子供がいる家庭は島から転居してしまうという危惧の声も聞かれました。だから架橋までは維持して欲しいとのご意見でした。
 こういったご意見もあり、また、架橋が現実的となってきたので、架橋までは小中とも現状維持し、架橋後は鹿折へ併合させるという方向性が出ているかもしれませんが、逆に本土から大島に通学するという流れをつくって行くべきだと考えます。
 全市的に現学区が維持できない状況で、しかも「街場の学校」でさえ存亡の危機なのですから、その中でより多くの児童生徒が大島に通うことで、大島の小学校・中学校が維持され、時には保護者・家族も大島と往来することで大島にこれまでとは違う賑わいを持たせることができるのではないかと考えるところです。
 どうしても廃止・併合とならざる得ない学校も多い中で大島だけ特別視することに反論・反感は出てくるでしょうが、ああいった環境の学校が無くなってしまうことは大変惜しまれますし、島民に限らず多くの児童生徒があの環境で学ぶ機会を得られることは素晴らしいことではないでしょうか。

●小学校再編
 鹿折・気仙沼・新城・九条・松岩は学区の広狭に差異はあるが校舎の現存地は近接しています。自宅よりも隣の学校が近いような児童もいる模様です。気仙沼学区の児童数は激減するうえ、言わば街場の学校であるこの5校でも12学級は維持できないことが出生児数から明白になっています。郊外の小規模校を近隣の中規模校に統合するだけではなく、街場の学校も統廃合対象とすべきだと思います。
 気仙沼・九条・松岩の校舎は近年の耐震工事の一環で補強工事だけでなく校舎の一部を建て替えた学校もあるが、全体としては新しい校舎ではないこともあり、廃止してはどうでしょうか。
 廃止する3校は丘陵地に存置しており、各々現校地よりも南気仙沼側の地域は南気仙沼学区へ編入、郊外側の地域は鹿折(気仙沼学区の一部)・新城(気仙沼学区の一部と九条学区)・面瀬(松岩学区)へ編入させます。
 小規模校化している、白山・浦島は鹿折へ、落合は新城へ、水梨は面瀬へ編入やむを得ずですが、大島架橋まで浦島を維持し、大島に編入させることも検討ください。
 階上もすでに12学級は維持できなくなっており、面瀬と大谷に学区を分割編入させます。
月立・大島については市内の他エリアから越境通学を推進するなどしながら学校を維持すべきと考えます。極論ですが、南気仙沼も廃止すれば「遠距離通学」より大島への「汽船通学」を選択する保護者が多いかもしれません。後述しますが中学校は気仙沼・条南・松岩廃止論者です。
 旧唐桑町・旧本吉町地域については児童数の推移データから、小原木・中井の唐桑編入、馬籠・小泉の津谷編入はやむを得ないと思われます。

●中学校再編
 専門教科教員による教育と多種目部活動選択の確保は是非やっていただきたいと思います。男女各一種目のスポーツをやらざる得ない(やらないことを推奨はしませんがおそらくやらない自由も無いのでは?)というのは現代の中学校の姿としていかがな物でしょうか。何とかして持続可能な9学級以上化を実現願います。
(余談的なことですが・・・地方音楽祭の合同演奏に名前の無かった学校にはブラスバンドが無いのでしょう、中学校にブラスバンドが無いのはさびしくないですか?)
 旧唐桑町域の2校を合併させても現状で200人規模、10年後には100人規模であり9学級化は不可能であることから、安全で経済的な負担のない通学手段の確保を担保としつつ、鹿折へ編入させます。
 旧気仙沼市域は気仙沼・条南・松岩・階上を廃止し、鹿折・新月・面瀬に再編します。小学校と同様に大島中を維持させる見地から、「汽船通学」推奨です。またまた極論ですが、大島を9学級化するために旧45号線周辺を大島学区の西端とする境界線を引くことも検討されてはどうかとも考えます。
 旧本吉町域は3校合併やむを得ずですが、先述した小学校の現階上学区の一部大谷編入をした場合に階上・大谷の境界付近では階上側・大谷側とも津谷中・面瀬中のどちらの学区にすべきか検討する必要があろうと思います。

 地域懇談会の資料を参考にしただけの私見であり、具体的数値に基づいたシミュレーションではありませんので見当違いがあれば一笑に付してくださって結構です。特に市中心地域住民の反感は想像を絶するものでまな板に載せることも恐ろしい内容だと思います。
 なお、私は他県生まれで「街場の家庭」に居候し、「街場の学校」に子供を通学させる親の一人です。参考まで申し添えます。

2011年2月 4日 (金)

ぜつふちょう

先週から息子がインフルエンザで学校を休んだりしていたのですが、自分もなんだか熱っぽく、解熱剤飲んで、冷えピタ貼ってねてばっかし、一昨日からは口内炎で食べるのも大変。

昨日、イソジンみたいなのを買ってきて、クチュクチュペー&ガラガラペー。

食べられないので、カロリーメイトごくごく。明日には何か食べられるかなぁ?

« 2007年3月 | トップページ | 2011年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック