« 内湾地区のイメージ図 | トップページ | 内湾の区画整理案を「店米山武」さん?のブログにupされてました »

2013年1月28日 (月)

海際防潮堤は気仙沼経済のギロチンになるのでは?

ここ数日の報道でによれば、行政としての最終方針は

①旅客船発着場以外は防潮堤を海際

②地盤沈下対策としてt.p.1.8~2.0のかさ上げをする

ということになるんでしょうか。

こうすれば、全世帯・全店舗ではないが、区画整理で減歩や移転は生じても、従前とほぼ同位置で居住し商売ができるというメリットがある。できることなら元の場所で暮らしたい・店をやりたいという心情をお持ちの皆さんは多いとは思うのでそのことをくみ取れば防潮堤は海際になるだろう。

まして被害の小さかった住宅や店舗では1年も前から生活も商いも再開しているところも多い。今さら「堤防道路」だの「中間ライン」だの言われても困惑されることだろう。時間が経過すればするほど海際防潮堤でなければならなくなってくるのかも。

海際であれば用地買収なんか不要だろうし。

でも、防潮堤が海際にあるということは漁船の係留岸壁のすぐ後ろに3.5m前後のコンクリート壁ができるのである。そんなところで漁具や食料の積み込みってできんの?

もし仕込みに不便になれば漁船は気仙沼魚市場に水揚げはしてもすぐに漁場に戻るだろうし寄港回数も減るだろう。水揚げ量が減少して関連産業のダメージにもつながるし、仕込業と「ノム・ウツ・カウ」系のお店は商売が成り立たない。

飲食店だけではない、パチンコ店などの遊興、太田のお風呂屋さんや魚町・南町の理髪店なんてお客さんの半分以上は遠来の漁船員さんたちじゃないの?

海際防潮堤建設はは三陸沖の魚を追って全国からやってくる漁船やその関係者の皆さんとギロチンで縁を切るように思えてモヤモヤしております。

どなたか「そんなのはシロウトの杞憂だ!」と論破して

「神明崎~信金十字路~煎餅坂を堤防道路にして海際防潮堤は作らない」と

妄言を繰り返しているシロウトを成敗してください。反論はしますが・・・

« 内湾地区のイメージ図 | トップページ | 内湾の区画整理案を「店米山武」さん?のブログにupされてました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内湾地区のイメージ図 | トップページ | 内湾の区画整理案を「店米山武」さん?のブログにupされてました »

他のアカウント

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック