« 桜宮高入試中止決定に一言。死なないで中高生② | トップページ | 気仙沼市公営住宅整備検討会で住民意見を反映させる模様だが・・・ »

2013年1月22日 (火)

桜宮高入試中止決定に一言。死なないで中高生②'

 桜宮高体育系学科入試中止について入試中止そのものに対する反対論や試験科目をそのままに定員を普通科にふりかえるのは「看板の掛け替えに過ぎない」という批判が報じられている。看板掛替批判論には①時間がなくて看板の掛け替えをするだけなんだから一年時から体育系学科のカリキュラムをせよというもの ②一般の5教科入試で従前の普通科定員と併せて合否判定せよというもの と2とおりありそうだが。

 最悪の結論は「もう入試の時季なんだから入試もカリキュラムも従前通りするしかない→なし崩し的に教員の入れ替え程度でやり過ごす」だと思う。昨日も述べたけど公立スポーツ高の在り方や部活動の在り方を見つめ直す「期間」を持つべきだというのが市長の考え方だと思う。 

リンク: 「結論覆す」、決意の反論=高校生8人、入試中止で会見―大阪市 - 速報:@niftyニュース.

在校生や桜宮高を目指している中学生諸君、全員とは言わないが君たちの多くは常勝軍団桜宮で全国レベルの諸大会で好成績をあげ、よしんば特待生で大学に進学したり、プロや実業団へ行こうとしているだけ?そういうレールにのりたいだけ?なのではないか。家族に経済的負担をかけないように高校は公立で、その先は無償教育かビックマネーの世界へすすみたい気持ちはわかるが、立ち止まって大人目線で考えてほしい。

学校や部活の在り方を検討するために「たまたま」在校中に、「たまたま」受験のときに、学校のカリキュラムが変わったり、部活が停滞するかも知れないことは「今年こそ全国制覇をめざしていた部活動」とか「高校卒業後の進路」に影響が無いとは約束できない。責任とれと言われたら困っちゃう。だけどねぇ。

高校が進路選択の手段でもあることは否定しないがスポーツ高だから全員運動部に入って常勝軍団になって全国大会で活躍して卒業後はバラ色の人生が待っているというのはあくまでプロセスと結果であるべきだ。それらのことが目的や手段になっていたから顧問の指導スタンスがああいうものに変容し、生徒からも保護者からも容認されていたのではないだろうか。それでも「そんなの関係ねぇ、試合に勝ってプロになる!特待生になる!」が本当の君たちの夢や希望だったら悲しい。

« 桜宮高入試中止決定に一言。死なないで中高生② | トップページ | 気仙沼市公営住宅整備検討会で住民意見を反映させる模様だが・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜宮高入試中止決定に一言。死なないで中高生② | トップページ | 気仙沼市公営住宅整備検討会で住民意見を反映させる模様だが・・・ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック