« 内湾地区土地区画整理事業の説明会あったの? | トップページ | 海際防潮堤は魚町地区の要望なのか? »

2013年2月 8日 (金)

災害公営住宅は古町で12階建て?

気仙沼の市街地で計画している災害公営住宅は10階建てクラスのもののようだ。そんなに高い建物なんか猪苗代病院の看護士寮ぐらいだったように思うなぁ。戸建てに住んでて天気がいいと縁側に出てお茶飲みしながら通りかかったご近所さんとはなし語りしてたような人にはライフスタイルが変わりすぎるんじゃないかなぁ。

集合住宅タイプは古町が10~12階建て3棟(160戸)、幸町は5~10階建て4棟(160戸)、内の脇は8階建て2棟(140戸)、四反田は9~10階建て1棟(70戸)、南気仙沼小跡は6~10階建て3棟(160戸)、鹿折地区は3~5階建て12棟(285戸)を計画。内湾地区(200戸)は未定という。3階までにおさえておかないと入居をためらう人が続出しそうな気がする。

なんでこんな高層マンションばっかりになってしまうのかと言えば「用地不足」が原因らしい。もっと建設箇所を増やして一カ所あたりの戸数を減らせればいいと思うのだけど。それに鹿折と内湾は津波で浸水したところを区画整理事業でかさ上げしてからの着工だろうから何年待ったら入居できんだべ?ということで浜見山と九条と松岩の学校でなんとかしようよ!

2/5の三陸新報のトップ記事で来年度の各小中学校の生徒数が紹介されてたのを見ましたか、皆さん!各学年の学級数が3クラスなのは気仙沼の新6年生だけ、全学年2クラスなのは九条・松岩・面瀬だけ、鹿折・新城・階上・大谷・津谷は1クラスの学年が多くなっている。各校とも校舎も校庭も税金の垂れ流し状態ではないだろうか。こういう街場の学校を整理統合して校庭に災害公営住宅を建設すれば低層住宅にもなるし、かさ上げを待たずに着工できるはずなんだけどなぁ。

繰り返しになるけど、気中・条南中は鹿折・新月・松岩に分散させ、条南中校舎を小学校にして気小・九条・松小は新設小と鹿折・新城・面瀬に分散させれば、浜見山と九条と松岩旧道という3カ所の高台に耐震補強ばっちりの建物と広大な平地で災害公営住宅を建てることができる。これってウルトラCにならない?

« 内湾地区土地区画整理事業の説明会あったの? | トップページ | 海際防潮堤は魚町地区の要望なのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内湾地区土地区画整理事業の説明会あったの? | トップページ | 海際防潮堤は魚町地区の要望なのか? »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック