« おっ、和夫クンだ!失礼、気仙沼観光タクシー社長殿・・・ | トップページ | JR山田線沿線首長は鉄路復旧で一致しているけど・・・ »

2013年2月19日 (火)

自殺を世の中を変える手段にしないで!死なないで中高生⑧小学生も!

今朝のフジ系とくダネ!小学校統廃合反対のために自殺した小5少年をテーマにしていた。
その中でコメンテーターの竹田 圭吾(たけだ けいご)氏が『最近のいじめや体罰での少年自殺で世の中が注目し学校や自治体が動かざる得なくなっていることを学習して誰かが自殺すれば統廃合を止められるかも知れないと思ったのではないか』というようなことを言っていた。正直、ハッとした。
いじめや体罰で自殺した人は「その行為自体を耐えきれない」とか「ここで不登校になったり転校しても自分は人生のレールからはずれてしまうと悲観して」とかで自殺したものと思われる。加害生徒や教員を社会から抹殺するという復讐目的もあるとは思うがそれが第一目的ではあるまい。
が、学校が無くなることで自殺するほどの絶望を感じるということは無いだろう、他に決定的な理由があるのではないかと思ってはいた。自殺現場に残されていた遺書であろうメモに「自分の身を捧げることで学校の統廃合が取りやめになってほしい」みたいなことは書いてあったということだったけれど、竹田氏が言うような動機までは思い至らなかった。
いじめや体罰で理不尽な目に遭わなければならないような学校はなんとかしなければならない。自殺した若者がいて大騒ぎになったから世の中が動いていることは否定はできない。でもそのことを目的に命を捨てるのは本末転倒だ。
まさか、統廃合を中止させるためにこの少年につたない遺書を書かせて自殺を強要したかホームから突き落とした黒幕なんか、いないことを願う。

« おっ、和夫クンだ!失礼、気仙沼観光タクシー社長殿・・・ | トップページ | JR山田線沿線首長は鉄路復旧で一致しているけど・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おっ、和夫クンだ!失礼、気仙沼観光タクシー社長殿・・・ | トップページ | JR山田線沿線首長は鉄路復旧で一致しているけど・・・ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック