« これだからネット社会は恐ろしい。死なないで中高生⑪ | トップページ | 鹿折の漁船船主が解体申し出~この事態こそが復興が遅い象徴 »

2013年3月27日 (水)

大津事件が話題になっていた真只中で集団暴行恐喝・・・死なないで中高生⑫

昨年の春から秋といえば大津の事件が世の中の最大関心事だったはず。
中学生になったばかりの1年生とは言え、自制心は働かなかったのか?
それとも大津のように誰かを血祭りにしたくなったのか?
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20130321-OYS1T00774.htm
被害生徒の家庭からあまり表沙汰にならないような対処を希望されたが、その後の学校側の取り組みに失望した家庭側から公表されたようだ。
加害生徒が十数名にもなれば在校生とその家庭から洩れ伝わりそうなものだが、報道されたことやそれを受けて開かれた保護者説明会で初めて事の次第を知った保護者が多かった模様である。学校と加害生徒家庭で口外防止を徹底したためだろうが、その分、手ぬるい対処につながったように思われる。
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20130322-OYS1T00284.htm

 道徳教育の強化や学校カウンセラーの増員が不要だとは言わない。
でも、こうして半年にわたっていじめがエスカレートした事実があるように、
子供たちの内面に訴えて、いじめのない学校を作ることは、一朝一夕にはできない。
この事件では学校アンケートも無力だった。子供たちからいじめが報告されることを期待していては、始まってしまったいじめは終わらない。
いじめへの対決や密告には恐ろしい対価が伴う。この被害生徒も女子生徒がエアガンの標的になっていたのを止めに入ったことで自分が標的にされたことがきっかけだった。正義感にかられても、かわいそうだと思っても、見て見ぬふりをするしかないのだ。アンケートに書けば書いたで「誰が書いたんだ」と魔女狩りに遭うに決まっている。

 前にも書いたけど、学校に必要なのはいじめに目を見張らせ、発見したら厳しく指導できる実力集団である。教員である必要はない。警官・自衛官・体育教師のOBを学校監視員として配置し、校内だけでなく周辺や登下校路を巡回させてほしい。4月から65歳定年である。本来の警察・自衛隊の実務や体育実技指導には年齢的に厳しいであろう60歳前後以上の職員を全国の学校に配置させれば人員的には充足できそうに思う。
もう、これ以上、暴力や恐喝で苦しむ中高生やそのために自ら死を選ぶ中高生を出さないでほしい。そして、今、苦しんでいる中高生を救ってほしい。加害生徒が自ら改心していじめをやめることは無い。大人が見つけて、厳しく指導するしかないのだ。

« これだからネット社会は恐ろしい。死なないで中高生⑪ | トップページ | 鹿折の漁船船主が解体申し出~この事態こそが復興が遅い象徴 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これだからネット社会は恐ろしい。死なないで中高生⑪ | トップページ | 鹿折の漁船船主が解体申し出~この事態こそが復興が遅い象徴 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック