« 中学生自殺、子供に自重は無い!学校教員では防げない! | トップページ | 中学の部活動が少子化に負けないために »

2013年7月16日 (火)

学級崩壊も一因?名古屋中学生自殺

 中学生が自殺した当日の下校前のホームルームが話題になっている。事件直後の報道では被害生徒が「死ね死ね」と同級生男女から言われ、本人が「死んでやる」と言い始めたのは休み時間で、ホームルームではそのことを別のクラスメートが発言して担任が「本気じゃないでしょ」的なことを言ってたしなめたかのように受け止めたのだが、週明けに見聞きした報道から勘案すると、そのホームルームの時間にも「死ね死ね」「死んでやる」のやりとりがあり、そういうやりとりがされていることをその場にいた担任が認識できないでいて他の生徒とのやりとりの中で担任が発した言葉の中に「やれるものならやってみろ」とか「本気じゃないでしょ」的なものがあり、この同時進行していた2つの会話をどちらも耳にした生徒が「先生がけしかけた」かのように理解していたということではないかと思われてきた。この担任の発した言葉が被害生徒の自殺の引き金を引いたのかどうかは何とも言えなくなってきてしまった。
 だからと言って、この担任教諭に何らの責任も無いとは言えないのだが、とどめを刺した極悪人とまでは言えないだろう。この先生に対する嘘つき呼ばわりはひとまずやめざる得ないと思う。真相究明のためにも。
 複数の会話が同時進行するこのクラスのホームルームってのはなんなんだい?授業でもホームルームでも全体の流れの中で教師や生徒の発言で歓声があがるぐらいのことはあっていいのだが、生徒間で勝手に大きい声で会話されてしまうなんてのはおかしくないだろうか。学級崩壊だよ、こんなの。そんな喧噪の中でイジメに気付けというのは酷だろう。個々の生徒がどういう状況かなんて把握しようってのが所詮無理で、教員は一方的に授業を進め、淡々と連絡事項を述べるだけだったんじゃないだろうか。自殺したのはまじめな生徒だったという。不真面目チームからすればお高くとまった「ウザイ」存在だったろう。崩壊した学級では不真面目チームが主流派になる。彼の孤独感・疎外感は想像を絶する。
 何度でも述べさせてもらう。学校教員だけにイジメ防止は背負わせ切れない。学級崩壊している現場に張り付き、自席に座らせ、私語を慎ませられる「怖い大人」がいないと解決しませんよ。休み時間も掃除時間も校内を縦横無尽に巡回し「言葉の暴力」も含めて暴行・強要・恐喝などに目を光らせ、一喝なり体を張るなりして制止する「実力集団」が教員の他に必要なんです。「もう死ぬしか無い」と思い詰めている子供たちが今もいるのだ。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

« 中学生自殺、子供に自重は無い!学校教員では防げない! | トップページ | 中学の部活動が少子化に負けないために »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/57806077

この記事へのトラックバック一覧です: 学級崩壊も一因?名古屋中学生自殺:

« 中学生自殺、子供に自重は無い!学校教員では防げない! | トップページ | 中学の部活動が少子化に負けないために »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック