« 学校統廃合は足し算でなく割り算でやるべきだ | トップページ | 学級崩壊も一因?名古屋中学生自殺 »

2013年7月12日 (金)

中学生自殺、子供に自重は無い!学校教員では防げない!

名古屋の中学生自殺、「担任の先生が保身のために嘘をついている」モードの報道が多いが先生だけを悪者にして幕引きにしてほしくはない。

http://mainichi.jp/select/news/20130712k0000m040067000c.html

 どのくらいの期間かはわからないが、同級生からのいじめを受けていたことは確かであろう。7/10の午前中にみんなの前で「死ね、死ね」を複数の生徒から連呼され、本人が自殺をほのめかしたことを下校前のホームルームで別の生徒が発言し、担任の先生は「本気じゃないでしょ」的なことを言ったというのが、自殺までの経緯だと思われる。とにかく何がこの学校で起こっていたのか、包み隠さず、明るみになることが第一歩であろう。校長なり、担任なりが退職したりしても、トカゲのしっぽ切りにすぎない。

 担任からすれば自殺をされるようないじめではないと思っていて、何らの対応もしてこなかったのであろう。大津の事件以降も中学生の自殺は後を絶たない。酷なことを言うようだが、自分のクラスでいじめが起きていないか、自殺を考えている子はいないか、感度を上げていなければならなかったのではないだろうか。しかも、あの日のホームルームでご自身が発した「本気じゃないでしょ」が引き金を引いたのかもしれない。

 同級生諸君にも言いたい。君たちからすればちょっとしたからかいなのかもしれない、自殺した彼がお高くとまっているものだからイジリのターゲットにしたのかもしれない、が、大津の少年をはじめ、君たちと同じ中学生が自殺をしているんだ、自重という言葉は君たちの辞書には無いのか?

 このブログで何度も述べてきた。現状では学校の教員だけに児童生徒のいじめ・自殺を防止する責めは負わせ切れない。子供たちには「自重」は無い、子供たちだけでは歯止めは効かない。カウンセラーを増員して学校に常駐させてもイジメ・イジリは無くならない。究極の緊急対応は警官・自衛官・体育系教員のOBを学校とその周辺に張り付かせ、いじめににらみをきかせ、暴力行為や授業妨害には体を張って制止させることだと思う。おっかないおじさんたちにいてもらわないと学校はますます怖いところになってしまう。

 今日もイジメに遭っている子供たちが無数にいるだろう。自殺だけは思いとどまってほしいと願うばかりである。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

« 学校統廃合は足し算でなく割り算でやるべきだ | トップページ | 学級崩壊も一因?名古屋中学生自殺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/57775123

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生自殺、子供に自重は無い!学校教員では防げない!:

« 学校統廃合は足し算でなく割り算でやるべきだ | トップページ | 学級崩壊も一因?名古屋中学生自殺 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック