« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

何かがおかしい山田線地元譲渡計画2

岩手の地元紙でも報道されました。文中にも困惑・反発の文字が。何かがおかしいんです、絶対。

JRが山田線無償譲渡 宮古-釜石、三鉄へ移管検討(2014/01/31 岩手日報)

  東日本大震災で被災し休止中のJR山田線一部区間(宮古―釜石間、55・4キロ)について、JR東日本は鉄道施設を復旧させて沿線4市町に無償譲渡し、第三セクター・三陸鉄道(本社宮古市)への運行事業移管を検討していることが30日、分かった。山田線は利用者の減少が続く赤字路線で、復旧後10年程度の赤字補填(ほてん)についても検討。三セク経営方式による鉄路復旧案が浮上し、一貫して鉄路での復旧を求めてきた地元からは困惑や反発も出ている。
  関係者によると、JRは鉄路や駅舎を復旧した上で宮古市、山田町、大槌町、釜石市に無償譲渡し、三陸鉄道への運行事業移管を検討。自治体が鉄道施設を保有し、三セクなど民間が運行する「上下分離方式」を採用した三陸鉄道と同じ経営形態となる。
  ただ、山田線はJR東日本の在来線67路線中、1日1キロ当たりの利用者数(2010年度)が377人と少ない方から3番目の赤字路線。同社は運行事業移管後も10年程度、赤字を穴埋めすることも検討し31日に盛岡市で開かれる復興調整会議で提案する見通しだ。
  4月に全線再開する三陸鉄道南北リアス線に挟まれた山田線。復旧・無償譲渡、三セク化が具現化すれば鉄路が1本につながるが、県や沿線市町村の保線費用負担増加が見込まれ、協議の曲折も予想される。

 30年前の久慈線・宮古線・盛線は延伸工事がほぼ終わっていた状態だったので、旧国鉄が完成させてくれた上で地元に譲渡したのが三陸鉄道だった。壊滅状態で全線新設並みの工事をする山田海線とは状況が違う。ただし、この機会に廃線したいJR東と地元負担なしで鉄路復旧をして欲しい地元自治体との利害(というより「思惑」というべきかな)が一致するスキームではある。地元からすれば「JR東が線路を引き直してくれる」というメリットだけはある。住民の期待もある。結局、県と地元自治体は受け入れることだろうけれど、やっぱり「何かがおかしい」と思うのはアタイだけ?

  気が早い話だが、これは大船渡海線の鉄路復旧問題にも波及するだろう。大船渡海線で壊滅状態なのは気仙沼~盛間の約半分、陸前矢作~盛間なのだ。気仙沼~陸前矢作間は鹿折唐桑駅周辺こそ津波で冠水はしたが路床・線路とも残っている。劣化した付帯設備の整備だけで列車が走れるのだ。鉄路復旧への期待は山田線よりも大きいかもしれない。この山田海線スキームを地元が受け入れれば、次は大船渡海線を同様のスキームで経営分離しようとしてくる。両手を挙げて賛成する気にはなれないんだけどさ、アタイは。
にほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へ
にほんブログ村

2014年1月30日 (木)

山田線、JR東が復旧工事をして運行は三鉄・・・何かがおかしい

「何かがおかしい」とだけコメントしてひとまず紹介しておきます

山田線無償譲渡検討 JR東日本、あす地元提案(2014年01月30日木曜日 河北新報)

 東日本大震災で被災し、運休中のJR山田線宮古-釜石間(55.4キロ)について、JR東日本が自社で復旧させた上で、第三セクターの三陸鉄道(岩手県宮古市)と沿線4市町に無償譲渡する案を検討していることが30日、分かった。盛岡市で31日に開かれる山田線復興調整会議で、JR側が提案する見通し。
 地元の了承が得られれば、滞っていた山田線の復旧事業が大きく前進する。
 関係者によると、譲渡案は被災した線路や駅舎をJR側が復旧させ、運行事業を三陸鉄道に、線路などの鉄道施設を三陸鉄道と沿線4市町にそれぞれ無償で移管する。運営形態は三陸鉄道の南北各リアス線と同様、運行と施設保有を分ける「上下分離方式」となる。
 山田線の南北に接続する北リアス線と南リアス線は4月に全線復旧する。提案が実現すれば、3路線一体の運行が可能になる。JR側は、譲渡後数年間の運営赤字補填(ほてん)なども検討しているという。
 施設が移管されると、自治体は維持管理費などの負担が増えるため、住民や議会の同意を得るなどの調整が必要になる。
 JR東日本によると、山田線の復旧費は概算で原状回復費140億円、復興まちづくりに伴うかさ上げや移転費70億円の計210億円に上る。
 山田線の復旧をめぐっては、バス高速輸送システム(BRT)による仮復旧を提案するJR側と、鉄道での復旧を求める沿線4市町の主張が平行線をたどっていた。岩手県や各自治体は、4月の三陸鉄道全線復旧までに、山田線の復旧方針を明確にするようJR側に求めてきた。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へ
にほんブログ村

2014年1月21日 (火)

アンケートではいじめも自殺も止められない

 山形県天童市で中1の女生徒が新幹線に飛び込んで自殺した原因はやはり「いじめ」のようだ。

 女子生徒は昨年9月に友達関係で強い不安を訴え、担任と面談していた。不安を訴えたのは学校が月1回実施する調査。友達、勉強、生活、部活動など6項目について、不安度を1~5の5段階で自己評価する。女子生徒は友達の項目に、不安度が高く面談が必要と判断される4を付けた。担任に対し女子生徒は「自分で解決します」と話したという。
 女子生徒をめぐっては、1学期に母親から担任に「ひとりぼっちになっていないか」などと相談があったことが明らかになっている。この際には担任が本人や友人、教師らに話を聞いたが、問題ないと判断し、母親も納得したという。(2014年01月18日土曜日 河北新報)

 全校生徒532人を対象にしたアンケートに対し、13人が直接いじめを見聞きしたと記入、100人以上がいじめに関して回答したことも報告した。アンケート結果を受けた教職員約40人への調査では「女子生徒について心配な様子があった」と複数の回答があったものの、いじめについての記載はなかったという。(2014年01月21日火曜日 河北新報)

 いじめの解決に親や教師が介入すれば、「チクった」としてイジメはエスカレートする。それを避けるために「自分で解決します」と言ったに違いない。学校が月に一回実施する調査というのも「いじめ」の未然防止や早期発見を目的にはしているものだと思うが、「チクればどうなるか」わからない生徒はいない。誰も積極的には本当のことを書かないものなのだ。そんなこと、「荒れた中学時代」を身を持って体験したアラフォー・アラフィフの親も教員もわかってんだろうが。

 改めて思う。親や教員とは違う目線で、生徒と関わりつつ鋭い感覚で「監視」し必要な時には一喝の声を上げ身を持って制止できる実力集団が学校に必要だ。いじめとそれによる自殺にこんなにも関心が高くなっているのに、いじめは無くならず、自殺する生徒も絶えない。教育委員会の姿勢が云々言われているが、魔女狩り裁判はもういい。そんなことよりも、今の学校組織や先生方の努力ではどうにもならなくなっていることに目を向けて、必要な人員をすべての学校に配置すべきだ。いじめが顕在化するとカウンセラーの配置もよく言われるが、イジメで追い詰められている子が教員であれカウンセラーであれ学校にいる人に相談するわけがない。大人が見つけてあげなければいじめは終わらないのだ。カウンセラーよりも「現場を察知して抑えることができる人たち」を学校に配置しないといじめで苦しみ今にも自分に最後の引き金をひこうとしている子供たちは救えない。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2014年1月16日 (木)

小中学校統廃合 一関の場合

 一関市でも小中学校統廃合が順次進められているのだが、もうちょっと馬力を上げて進めないといけない状況に見える。今年度の定例市議会での教育長答弁にこういうくだりがある。
「平成19年度の調整審議会の答申を受けて、現在、教育委員会が再編計画を進めているわけでありますが、その中でご提言いただいたのは複式学級の解消とともに各地域単位でまず再編を進めるようにということでございます。各地域単位といいますのは旧市町村単位でございます。それで、平成19年度のこの各地域単位の統合が完結した時点で、その以降についてはあるいは旧町村を飛び越える再編の必要性が出てくる可能性もあるわけでありますが、それは、この後の推移を待ちたいとそのように思ってございます。」
 計画なり検討されているのは平成の大合併での旧町村単位だけであるし、せめて複式学級は解消しようということにとどまっている模様だ。「複式学級になるぐらい児童生徒が少なくなっているのならしょうがねえなぁ。」「旧町村単位ならまあいいがァ」と市民からまあまあ諦めてもらえる範疇に過ぎない。そんなもんで良いわけがない。同じ日に教育長は次のような答弁もしている。
「平成24年度の出生数、平成24年度に出生した子供さんは平成31年に入学するわけでありますが、773人でございます。それで、現在の小学校1年生は1,002人でございますので、現在の小学校1年生よりも6年後の小学校1年生は229人減少すると、そういう数値でございます。」
 よく言われる学校の適正規模は小学校で学年2クラ、中学校は学年3クラである。229人は6学級相当。適正規模の小学校で3校、適正規模の中学校が2校、不要になるほどの数字なのである。学校統廃合には検討だけでなく、市民への説明に時間がかかるものだ。年間出生数という結果が出ている彼らに合わせた適正規模にするための統廃合の準備をしておくべきではないのだろうか。
 市民説明やその準備に入っているのは旧大東町の中学1校化、旧千厩町と旧室根村の各々小学校1校化、本寺中→厳美中、舞川中→桜町中だという。大東・千厩・室根のベクトルはまあしょうがねえべなぁなのだが、本寺中→厳美中、舞川中→桜町中には思うところがある。1クラ学年校の厳美に複式校の本寺を統合しても1クラ学年校のままだ。学区の広い舞川を単純に桜町に吸収するのは無理がある、一関東中や萩荘中も既に学年1~2クラになっていて今のまま存続させるのは厳しいだろう。ほっといても適正規模でいられそうな中学校は近々誕生する磐井中と一関中・桜町中だけだろう。あまりにもほっとけなくなった学校は順次統合されていって最終的にこの3校に集約するというのが神様のシナリオ(自然に任せるとそうなるということです)だろうし、街場の住人からは文句は出ないだろう。だけど、全市的には大問題になってしまうことと思う。
 磐井中は今時にしては珍しいマンモス校になるが学区も広い。しかもいびつだ。中里エリアでも桜町の方が近い生徒もいそうである。そういう生徒には桜町への通学を認めていただけるであろうが、より問題にして欲しいのは磐井中学区に隣接して厳美・萩荘という適正規模を割り込んでいる中学があることである(舞川もだけど)。ちなみに一関ってコーラスやブラスの盛んなところだというイメージがおありだろうが、それは山中・桜中・関中と付属のことであって萩中にはコーラスもブラスも無い。部活のこととか教科の先生が揃ってないとか一関市の中学校は言いだしたらキリがないはず。ちなみに萩小・萩中学区から南小・関小、山小・山中へ越境通学している児童生徒は少なくない。表向きは通学距離が近くなるからという理由からだろうが、学校規模による負の側面を回避している向きもあるだろうと思う。赤萩小への越境通学者もいるかもしれない。
 本寺中の厳美中統合の際に萩荘中との統合にも踏み込み、さらに磐井中のうち赤萩小学区を移管してバランスをとったら良いのではないか。勝手なネーミングだが仮称一関西中構想である。校地・校舎は赤荻地区と厳美地区の境界付近に新築されれば文句が出ないだろうが、どうすべきか。手狭だろうけど赤萩小校舎という手もあろうかと思われる。
 じゃあ赤萩小はどうなるの?萩荘小への統合すれば良いじゃん!なのである。この両校、直線距離では2キロ弱と近接している。川と橋の関係で3.5キロの道のりになってしまうが、磐井川に橋をもう一本作れば直線的に移動できるはずだ。両校の学区境になっている磐井川は二高清水校舎付近で大きく南に蛇行している。その南端にでも歩行者用・自転車用のいわば通学橋があればさらに南にちょっと行けば萩荘小なのだ。校舎もできてまだ10年だ。両校ともに2クラ学年校。ちなみに現在の萩小一年生は58人なので必ずしもそうではないとしても31年度の新入生は50人を割り込みかねない。今でこそ35人学級だから学年2クラだが、2世代前なら50人学級だったので1クラ学年規模だ。萩小校舎は3クラ学年にあわせた作りになっている。橋さえ作れば抵抗は少ないだろうと思う。赤荻小校舎・校庭の手狭さは部活動と運動会だけの問題のはず。二高清水校舎や清明支援学校の校庭を使わせてもらうとか、部活を二高生と合同でやるとかで解決するだけでなく副産物も出てきそうなものだ。現萩中・現厳中のグランドに野球・サッカーを振り分けるという手もある。こうでもしないと近い将来、厳中も本中ごと磐中に編入され、萩中は旧清明支援学校(体育館だけは耐震工事してあるのでそのまま使えるらしい)に関中が移転してきて編入されてしまう。スクールバスは出すんだろうけど須川の麓から4号線バイパス沿いの南北に近い2校に通わせるのは理不尽だ。萩荘のバイパス周辺在住で山小・山中に越境している子は少なくない。チャリで10分かそんなもんだ。萩中も関中も南側にも学区が広がっている。学区の北境である磐井川の近くに学校を持ってくるのも理不尽極まりない。旧清明支援学校の体育館を地元住民に開放せよといういろいろ動きはあって行政もリードしている側面は見えるのだが、それはポーズだけで統合中にしてしまおうという魂胆があるような気もする。
 さて舞中。一関の街場の生徒が歩いて通う桜町中に単純編入は無理だと思う。現舞中エリアでも東山、川崎、磐中への通学を認めるというよりも積極的に学区を分割することも必要だろう。そういえば真滝の東中って桜町に近いけど弥栄中を統合した時に新築したばかりの校舎、近々に川崎中を編入する魂胆もあるような気がする。
 個人的な思いつきをいろいろ述べてきましたが、市教委や市議さんたちは何か頭の体操ぐらいはやっているんでしょうかねぇ、やってなかったりして・・・。 (2014/2/6・2/10 一部改訂しました)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

2014年1月10日 (金)

スズキの恨み晴らしはワゴンRとスペーシアの4ナンバーかな?

 鈴木修スズキ会長が軽自動車税の増税について「どっかで恨みを晴らす!」と発言したそうである。15年3月までに徹底的に売りまくることはもちろん、3月中に販社に自社買いさせ4月以降に、年税7200円の新(古)車を店頭に並べ続けるというSUZUKI特有の「禁じ手が禁じ手になっていない」常套手段を大々的にやるあたりが「恨みを晴らす」第一段階だろうけど2本目の矢を「勝手に」思いついた。

 大増税される軽自動車税は5ナンバー車だけ。4ナンバー車は1000円上がって5000円になるだけだ。5ナンバー車比2分の1以下である。4ナンバー車にするためには運転席の後からハッチゲートまでの2分の1以上が荷室であれば良いのだがそれではあまりにも後部座席が狭くなるという欠点が昔のボンバン時代にはあった。それでも4ナンバーのアルトやミラがバカ売れしたのである。

 現代のハイトワゴン、スズキならワゴンRとスペーシアで後部座席を一番まえにスライドさせると随分と広い荷室が生まれる。しかもそれでも後部座席が狭すぎるというほどではない。ほとんど子供や小柄なママ仲間ぐらいしか乗ることがないような使われ方しかしない主婦層も多かろうと思う。そこで後部座席のシートスライド機構を外し4ナンバー登録ギリギリの位置に固定したモデルをバリエーション展開するというわけだ。

 初回車検期間が3年から2年になるが、2回目からは5ナンバーも4ナンバーも2年だ。新車に何年乗るかによって微妙な場合もあるだろうけど、シートスライドがなくなる分のコストダウンと軽自動車税の安さでお釣りがきてしまう。長期間乗り続けるようであればなおさらだ。

 さて、鈴木会長の2の矢は如何に。当たるも八卦、当たらぬも八卦・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2014年1月 8日 (水)

小中学校と吹奏楽

集まれ!吹奏楽の仲間たち~ミュージックキャンプ2014inテンパーク~
というものが滝沢市の岩手山青少年交流の家で開かれ岩手県内で吹奏楽をやっている小中学生が集まってプロ奏者から指導を受けたということが1月7日の岩手日報で見開き2ページで大々的に報道されていました。すごいことやってんじゃん、子供たちにとってはいい機会だったろうなぁ、参加者全員の合同演奏なんかは聴き応えがあったろうなぁ・・・などと感心させられながら記事を読みすすめましたが、気になったのは岩手日報の論評。岩手の吹奏楽は小学校はトップレベルだけど中学・高校は芳しくないようなことが書かれていました。岩大附属小をはじめとする盛岡周辺の街場の学校と宮古市の千徳小とか奥州・水沢の真城小とかがすごく高いレベルでやっていて、コンクールで東北大会に行って好成績を上げてくるけど、中・高はそれほどではないというような内容でした。
 多くの小学校でブラスバンドや金管バンドが立ち上げられたのは30年ぐらい前だったと思う。定着できなかった学校のほうが圧倒的に多くて、結局、指導する先生が複数名配置できて、メンバーも自然体で集まるような大きい学校か、全校合奏をブラス系にしたような学校でしか定着していない。一関周辺でもその通りで一関夏祭りのオープニングにいくつかの小学校が出てくるのはうれしいのだけど、吹奏楽祭に出てくる小学校は市内の一部でしかなく、ほとんどの学校は立ち上げられなかったか数年程度の活動の後、定着できなかったと思われる。アタイの母校摺沢小でも金管バンドが立ち上げられてたけどいつの間にか無くなっちゃって、去年の春には学校も統廃合、スポ少の種目が増えて子供たちが喜んでいるらしいけど、金管バンド復活の話は聞こえてこない。
 中学・高校のブラスが振るわないのは中学・高校でもブラスが維持できなくなってきていることにも一因があろうと思う。中学にはブラスもコーラスも普通はあっぺよ!と思っている街場の皆さん、実態はこうです。一関市内だって中学校にブラスもコーラスもあるところなんて一関・山目・桜町と一高付属、コーラスはないけどブラスがあるのは大東・大原・興田・東山・川崎・千厩・室根・花泉ぐらいかな。いずれにしても厳しい人数でやっているはず。少子化で一クラ学年・二クラ学年の学校ばっかりになっちゃってブラスどころか多人数の団体競技の部活だって全員レギュラー状態。ちなみに私が今住んでいるところの萩荘には小学校にも中学校にもブラスもコーラスもありませーん!スポーツの種目もそうでしょうが自分の学校にブラスやコーラスがないと関心も湧きませんよねぇ。
 スポーツでもなんでも県内の学校とか近隣の学校が東北大会とか全国大会とかで好成績を上げてくるのは嬉しいけれど、自分と同じ地域に住んでいる子供たちにはほとんど関わりのない世界だったりするのはさみしいとは思いませんか。小学校も中学校もある程度以上の規模にして子供たちが一般的な課外活動に接することができる環境にしていくことで底辺を広げていくこともこの新聞記事で叫ばれていた「レベルアップ」にもつながると思う。35年前は大東中でブラス男子だったおじさんのつぶやきでした。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック