« アンケートではいじめも自殺も止められない | トップページ | 何かがおかしい山田線地元譲渡計画2 »

2014年1月30日 (木)

山田線、JR東が復旧工事をして運行は三鉄・・・何かがおかしい

「何かがおかしい」とだけコメントしてひとまず紹介しておきます

山田線無償譲渡検討 JR東日本、あす地元提案(2014年01月30日木曜日 河北新報)

 東日本大震災で被災し、運休中のJR山田線宮古-釜石間(55.4キロ)について、JR東日本が自社で復旧させた上で、第三セクターの三陸鉄道(岩手県宮古市)と沿線4市町に無償譲渡する案を検討していることが30日、分かった。盛岡市で31日に開かれる山田線復興調整会議で、JR側が提案する見通し。
 地元の了承が得られれば、滞っていた山田線の復旧事業が大きく前進する。
 関係者によると、譲渡案は被災した線路や駅舎をJR側が復旧させ、運行事業を三陸鉄道に、線路などの鉄道施設を三陸鉄道と沿線4市町にそれぞれ無償で移管する。運営形態は三陸鉄道の南北各リアス線と同様、運行と施設保有を分ける「上下分離方式」となる。
 山田線の南北に接続する北リアス線と南リアス線は4月に全線復旧する。提案が実現すれば、3路線一体の運行が可能になる。JR側は、譲渡後数年間の運営赤字補填(ほてん)なども検討しているという。
 施設が移管されると、自治体は維持管理費などの負担が増えるため、住民や議会の同意を得るなどの調整が必要になる。
 JR東日本によると、山田線の復旧費は概算で原状回復費140億円、復興まちづくりに伴うかさ上げや移転費70億円の計210億円に上る。
 山田線の復旧をめぐっては、バス高速輸送システム(BRT)による仮復旧を提案するJR側と、鉄道での復旧を求める沿線4市町の主張が平行線をたどっていた。岩手県や各自治体は、4月の三陸鉄道全線復旧までに、山田線の復旧方針を明確にするようJR側に求めてきた。

にほんブログ村 鉄道ブログ JR東日本へ
にほんブログ村

« アンケートではいじめも自殺も止められない | トップページ | 何かがおかしい山田線地元譲渡計画2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/59036918

この記事へのトラックバック一覧です: 山田線、JR東が復旧工事をして運行は三鉄・・・何かがおかしい:

« アンケートではいじめも自殺も止められない | トップページ | 何かがおかしい山田線地元譲渡計画2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック