« 公民館長と高梨民区長がasmoで萩荘のウォーキングをPRしてたけど… | トップページ | どうする一関市・気仙沼市?小中学校統廃合に文科省新たな指針検討 »

2014年6月 9日 (月)

学校は工事よりも統廃合でしょ、気仙沼!

 言うまでもなく、学校として使い続ける以上、耐震化工事なり建て替えなりして児童生徒の安全を守らなければならない。だが気仙沼市の学校統廃合計画は来年度に見直されることが決まっている。震災の前後に策定した統廃合計画の前提条件はあまりにも変化している。少子化と人口流出は目に見えて拍車がかかっている上、政府や諸機関による人口の将来予測は絶望的な数字が並んでいる。耐震化した、建て替えた、すぐ使わなくなりましたとなってしまってはあまりにもったいない。学校の施設・設備も身の丈にあった数・規模にしていかなければ維持しきれなくなる。それに今、行政のマンパワーや公共工事は災害公営住宅建設や防災集団移転宅地造成それに各地の区画整理事業が優先されるべきなのではないのだろうか、今はまだ。耐震化をはじめとする学校施設整備は一般の予算とは別立てで100%近く国から手当されるのだろうが、諸々の復興増税で全国民にご負担をお願いしているさなかに「復興予算と別立て」でいただいたお金で「復興の足かせ」になるようなことはいかがなものだろう。浜見山の仮設住民の目の前でリプレイスされた気小のプール、被災者の目を楽しませてきた桜を伐採してまで着工する新城小のプール、その後であろうが浜見山仮設が解消される前に着工・完成されるであろう気仙沼図書館、今やるべきことなんだろうか。
 大谷中の体育館は即刻使用しないこととし、暫時、授業等は大谷小体育館を借りれば良い。津谷小の特別教室棟は他の校舎の教室を捻出すれば良い。もうすぐ夏休みだ。先生方にはご苦労かけるが、ほとんどコストのかからないことだ。
 そして統廃合計画の27年度見直しによって新築・リプレイス・耐震化の必要のない統廃合が可能なのではないだろかと思う。両校の関係であれば小泉小・小泉中校舎を使う津谷・馬籠・小泉3小の統合+大谷中の津谷中統合か小学校は大谷小を含めた4小統合にし大谷小・大谷中校舎を使う津谷・大谷・階上の3中統合という選択肢が見えてきそうな気がするのだがいかがだろうか。

耐震化 残るは2棟 気仙沼市立小・中学校 (6/4付 三陸新報)
写真 移転新築の予定が延びている大谷中学校体育館
 気仙沼市立小・中学校で耐震化が必要な建物は、残り2棟となった。4月1日現在、非木造の耐震化率は98・9%となった。残っているのは大谷中体育館の1棟。木造も津谷小北校舎だけ。いずれも旧本吉町時代からの懸案だが、震災の影響もあって今のところ耐震化の見通しは立っていない。
 大谷中体育館は、学校敷地内に移転新築する予定で22年度に設計を終了。23年度に着手するはずだったが、仮設住宅が敷地に建設されたことで見送っている。
 津谷小北校舎は築70年で、現在は図工室、資料室などに使用、普通教室は入っていない。市教育総務課は「大谷中は仮設住宅が解消されれば国に改築の補助申請をしたい。津谷小は児童数が減少しているので、取り壊しと改築の両面を考えていく」と話している。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 気仙沼情報へ
にほんブログ村

« 公民館長と高梨民区長がasmoで萩荘のウォーキングをPRしてたけど… | トップページ | どうする一関市・気仙沼市?小中学校統廃合に文科省新たな指針検討 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/59786857

この記事へのトラックバック一覧です: 学校は工事よりも統廃合でしょ、気仙沼!:

« 公民館長と高梨民区長がasmoで萩荘のウォーキングをPRしてたけど… | トップページ | どうする一関市・気仙沼市?小中学校統廃合に文科省新たな指針検討 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック