« 仮設の基礎は丸太だ…5年も10年も持たないんじゃねーの! | トップページ | 高校の小規模校化は回避すべし 募集停止・閉校を避けるなら周辺校の定員減しかない »

2014年7月30日 (水)

千厩地域統合小新築は無駄遣いではないか

 一関市千厩地域の小学校一校化を検討していた検討委員会が建設地を決めかね市教委に委ねた形で議論を打ち切った。元々、市教委には腹案があってそれに対する賛否が分かれてしまい、検討委員会としては賛否を明らかにしないことにしたのだろう。市教委の腹案というのは旧千厩高校の校地・校舎を岩手県から譲り受け、校舎を建て直すというものだろうが個人的には反対。
 統合対象の学校で耐震基準を満たしていないのは岩清水だけだ。校舎のキャパシティが大きい千厩小であればそのまま統合小に使用できるはず。吸収されたという思いを児童たちに持たせないためには別地新築が望ましいだろうし、検討委員会も新築を要望しているが、そんな贅沢を言ってはいられない市の財政状況でもあり、また、将来の人口予測を考えれば無駄遣いになると思う。

建設地 市教委に一任 千厩地域統合小学校 検討委が最終提案書
 (07/29 岩手日日)   

 千厩地域の...
小学校の規模適正化に関する検討委員会(千田恭平委員長)は28日、統合小学校の建設候補地を特定せず、市教委に判断を委ねるとする提案書を市教委に提出した。併せて、出来るだけ早い時期の統合を進めるよう求めた。
   検討委は、2013年8月から千厩地域の小学校の在り方を検討。14年3月に▽複式学級解消を踏まえ小学校統合が必要▽町内5校を1校に統合、新設▽新たな校舎建設▽できるだけ早い時期(2018年度4月)の統合を目指す▽全地区にスクールバス運行-など5項目の提案書を市教委に提出している。新校舎建設候補地については「さらに検討が必要」とし、その後も議論を重ねてきたが千厩地域内で意見が一致しなかった。
   同日は千田委員長が市役所を訪れ、小菅正晴教育長に経過を報告。千田委員長は「議論は尽くした。どうしても(場所の)一本化は難しい状況。新たなステージに進む上でも教育委員会が主体となり、教育的見地から判断してほしい」と提案書を手渡した。
   小菅教育長は「長い間自主的に検討し、複式学級解消など将来を見越した判断をいただきありがたい。(3月に提案された)5項目は十分尊重し統合を推進したい」と謝意を示し、「場所については財政面や通学環境、地盤、教育的環境など多面的な観点から再度検討する。地域の意見を伺いながら対応していく」と説明。「統合時期も『できるだけ早い時期に』ということで最大限努力したい」と答えた。
   同検討委としては最終提案書となる見込み。今回の提案を受け、市教委は本格的な建設場所の選定に入る。

« 仮設の基礎は丸太だ…5年も10年も持たないんじゃねーの! | トップページ | 高校の小規模校化は回避すべし 募集停止・閉校を避けるなら周辺校の定員減しかない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/60068300

この記事へのトラックバック一覧です: 千厩地域統合小新築は無駄遣いではないか:

« 仮設の基礎は丸太だ…5年も10年も持たないんじゃねーの! | トップページ | 高校の小規模校化は回避すべし 募集停止・閉校を避けるなら周辺校の定員減しかない »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック