« 少子化の一方で支援学校のニーズは高まっている | トップページ | 大東・東山・川崎のレクオは屋外ポストと同時自動起動してみよう »

2014年8月26日 (火)

新メンバーで基本構想原案作成へ一関市総合計画審 あっワークショップで同じテーブルの人だ

先日参加させられたワークショップで同じテーブルだった人のお顔を3人ほどローカルCATVのニュースで拝見した。結構なパーセンテージじゃない?あのテーブルで話をリードしてた人たちだったし…コーディネーターとして各テーブル一人は留任する審議会委員だったし、新任予定者も招請されていたということなのだろうけど、審議会委員が構成メンバーの3割近くだったとすればワークショップは結局、審議会委員中心だったってことになっちまうんじゃありません?助言者役に徹した方が良かったんじゃないかなぁと思うわけであります。

リンク: 基本構想原案作成へ 市総合計画審 プロジェクトチーム創設 « Iwanichi online 一関・両磐地方のニュース.

こんなことカキコしてると、「だからもっと参加者がいてほしかったんです」って小野寺市民センター長殿からコメントされるだけだな…

« 少子化の一方で支援学校のニーズは高まっている | トップページ | 大東・東山・川崎のレクオは屋外ポストと同時自動起動してみよう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/60213751

この記事へのトラックバック一覧です: 新メンバーで基本構想原案作成へ一関市総合計画審 あっワークショップで同じテーブルの人だ:

« 少子化の一方で支援学校のニーズは高まっている | トップページ | 大東・東山・川崎のレクオは屋外ポストと同時自動起動してみよう »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック