« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年9月30日 (火)

中学校は一関3校化・気仙沼2校化しかないと思う

 最近将来の人口推計なるものが物議を醸していて国のあり方、地方自治体のあり方、地域コミュニティーのあり方などが盛んに論じられているが、最近の年間出生児数の激減についてはあまり話題にならないような気がする。年間出生児数はいわば確定値だ。増やしようも減らしようも無い。生まれたばかりの彼らが教育を受ける期間のためにどれほどのコストをかけるべきなのか、学区の広狭と人数規模のバランスを考えつつも小中学校がどれほど必要なのか、考えなければならないと思う。
 小学校は複式学級が生じたり校舎に大規模な改修が必要になったりしない限り、現行学区を維持しても良いとは思う。でも中学校は最低でも学年3学級はあってほしい。3学級でも厳しい部分はあるし、少子化に歯止めがかからないまま加速度を増していくことを考えればさらに少子化が進んでも1学年3学級で何年か持ちこたえられるようにするためには近年の出生児数で1学年5学級以上になるように統廃合を進めていくべきだと思う。
 中学で学年3学級を割り込むとどういうことになるか、ご経験の無い方、一関中・山目中・桜町中とか気仙沼中・条南中・松岩中・面瀬中のOBの方々はわからないと思う。わかりやすいところから説明しよう。まず部活動の種類が限られてくる
 吹奏楽部と合唱部が併存しているかもしれないが、共倒れするか合体するか。美術部・科学部・家庭部・文芸部なんかとっくに無くなってる学校がほとんどのはずだ。総合文化部すら無い学校だってあるようだ。総合文化部があっても入部して良い風土なのかどうかはなはだ疑問だ、特に男子。
 野球・サッカー・ソフト・バレー・バスケ・テニス・バド・卓球・剣道・柔道・体操…全部維持していくのは困難になってくる。種目によっては男子部はあるけど女子部はないとか女子部はあるけど男子部は無いなんて学校もざらになってきている。九月に中総体新人戦が両市でもあったが複数の競技で複数の合同チームが見られた。春の本戦でも珍しくなくなってきているが新人戦で単独チームを組めるような人数規模であってほしいとお思いにならないだろうか。
 部活動はわかりやすいバロメーターだし岩手が部活全入県なのでどうしても力説してしまうのだがそれだけでは無い。
副校長または教頭が教科指導に入る。校務に専念してほしいとはお思いにならないだろうか。
音楽・美術・技術家庭の先生を中心に複数教科の授業を担当する
 複数教科の免許をお持ちの先生がほとんどであろうけれど、免許を持っていない教科を教えることも認められているそうで、そのように対応している先生も少なくない。免許があろうと無かろうと高校受験を控える中学では専門的に携わってほしいとはお思いにならないだろうか。

 近年の出生児数、一関市は800人弱、気仙沼市は300人程である。中高一貫の一関一高付属中に2学級行ってしまう一関市は6学級3校、気仙沼市は欲を言えば1校化すべきだろうが4学級2校で妥協すべきところかと思う。
 一関市は校舎の建て直しが進んでいる磐井中と東山中は温存せざる得ないだろうから他に室根・千厩・藤沢・花泉が学区になるような統合中を考えることになるだろう。磐井中と東山中の建て直しが始まっていなかったら違う配置や組み合わせを考えられただろうに…乱暴な話だ。気仙沼市の南北2校は鹿折と階上か大谷ということになってくるだろう。大谷は体育館の耐震化が迫られてもいるので階上にすべきかもしれない。両市ともいっぺんにやろうとすると教室が足りなくなるなどキャパシティオーバーが懸念されるので経過措置的に大規模改修や建て直し・増築を避けながら中間的な統廃合をしつつ、生まれたばかりの赤ちゃんたちが中学生になる頃までには一関市3校化・気仙沼市2校化が完了していてほしいものだ。

2014年9月 5日 (金)

大津・中2遺族、いじめ防止へ対応改善要望 天童|山形新聞

このお父さんを突き動かしているものは何なのか。それを思うと悲しい…

リンク: 大津・中2遺族、いじめ防止へ対応改善要望 天童|山形新聞.

天童1中の女生徒の後、大きいニュースにはなっていないが自殺する中学生は後を絶たない。今にも自らに引き金を引きかねないほどイジメで追い詰められている子供たちがいるのだ。彼らが安心して通える学校・暮らせる地域にするにはどうしたらいいのだろう。せめて警官OB・自衛官OBをすべての学校に常駐させるぐらいのことはすぐにでもやってもらいたいと思う。

2014年9月 2日 (火)

大東・東山・川崎のレクオは屋外ポストと同時自動起動してみよう

一関市がレクオの自動起動で災害情報を発信した実績がないから旧町村の個別受信システムをやめられないんだろうと先日述べた。大東地域の個別受信システムは屋外ポストと同時・同内容(当然自動起動放送)であった。東山・川崎は存じ上げないが同様ではないだろうか。レクオの自動起動は地域単位でかけられる。であるならば試行的にこの3地域だけは屋外ポストの災害情報をレクオの自動起動で同時に配信することは問題がないのではないだろうか。#cfmasmo のアナウンサーが割り込み放送するんだから無駄だと言われるかもしれないが、災害情報は1回だけでは聞き取れなかったりもあり不安なものだ。1回より2回、2回より3回リピートされるべきものだ。

この3地域で屋外ポスト同時自動起動をやってみながら全域の自動起動運用ルールを改善・確立していけば良いだろう。

昨日まで開かれていた市議会一般質問で旧町村システムの「延命」を図れ!と声高に訴えていた議員さんもいたが、送信側・受信側とも修理ができない「壊れたらおしまい」システムなのだ。「いづつかえなぐなっかわがんねぇんだん、躊躇すねぇで自動起動かげろぉ!」って議場で恫喝する議員さん、一人ぐらいいてほしかったところである。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック