« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月18日 (火)

解散総選挙を前にして にわか新党 にわか分党 は ヤメィ!

 解散総選挙になろうとしている。野党勢力の中には「にわか新党」を作って自民党に対抗しようという動きもある。だが、にわか新党には政権担当しながら空中分解した民主党のような不安ばかりが感じられてしまう。野党間で票を奪い合い自民党に漁夫の利を与えることを避けるため、現状での立候補準備の進捗状況に応じて小選挙区を棲み分ける「消極的選挙協力」の方がアンチ自民党票を非自民勢力に集中させることができるだろうと思う。

 後は自民党への政策批判をしつつ自党の政策は他党に遠慮すること無く主張して比例区での議席獲得・党勢拡大を図られてはいかがか。たとえ小選挙区で勝ち目が無くとも多くの小選挙区に自党の候補を立てて戦うことで比例区での議席獲得につなげるという選挙戦術の取り方もわからないではないが、それでは多くの死に票を生み出し、自民党を利するだけである。小党であっても全比例区に候補者名簿を提出されれば、どの地方に暮らしている国民でも全ての政党から自分の考えに最も近い政策を示している政党を選んで投票することができる。議席を獲得できない比例区があったとしても得票数によって党勢も判断できるし政界のパワーバランスに与える効果もあるだろうと思う。

 政界の離合集散は否定しないが、選挙戦術ありきでは無く国会対応や社会運動などの中で政策の一致点を見いだし、そのプロセスが国民からも理解される新党が結成されてほしい。国民に認知された上で解散を迎えられるのであれば良かろうが、事ここに至っては小選挙区の棲み分けを徹底的にやることにこそ労力を注いでほしい。みんなの党解党⇒3分裂がニュースで報じられている。であるがその原因の多くは国会戦術・選挙戦術での話だろう。今、分党しては今まで支援してきた支持者層の投票先を失わせ、議席を減らすだけではないのか。ひとまず執行部が模索している民主党との統一名簿は取りやめ、他党との小選挙区棲み分け協力だけして、政策を訴えてみていただきたい。

 にわか新党もにわか分党も有権者を惑わせるだけでそれらを模索している人たちの目下の敵:自民党を利するだけだと思う。

2014年11月 4日 (火)

仮設住宅に空室が目立ってきたとは言っても

これは復旧復興が進んでいるのではなく人口流出が進んでいるだけのことだ

災害公営も 防災集団移転も かさ上げ区画整理も

まだほとんど未完成というより未着工なのだ

当面は学校のグランドの仮設解消なり縮小なりが進んでほしいと思うけど

思い切っていくつかの学校は閉じて校庭に短工期の災害公営を建てて

せめて来年の冬は災害公営で迎えられる人々を増やすべきではないだろうか

今のままではあと2冬も3冬も仮設住まいが続く人たちが多すぎる

まずは人口が減った街の真ん中の丘の上に並び立つ

歴代市長の母校の小中学校から始めることはできないだろうか

3年で2千人退居 気仙沼市の仮設住宅 (10/31付三陸新報)
写真 徐々に増えている仮設住宅の空き室

 住宅再建の進展に伴い、気仙沼市の応急仮設住宅で空き室が徐々に増えてきている。9月末現在の入居率は82%で、ピーク時から約2千人が退居した。年度内に南郷地区災害公営住宅が完成することなどで、本年度末の入居率は75%ほどになる見込み。27年度末にはさらに下がって50%以下になると予測されている。
 市内外の仮設住宅は9月末現在、90団地3466戸。このうち2872戸に2695世帯・6294人が入居している。入居率が最も多かった24年1月18日時点と比べると、入居戸数で488戸少なく、460世帯1994人が退居したことになる。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 気仙沼情報へ
にほんブログ村

« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック