« 今どきの中学の部活って… | トップページ | 天童女子中学生いじめ自殺から1年 »

2014年12月30日 (火)

これが被災地気仙沼4度目の年越しの現実である

年の瀬にこういうニュースはキツい…でも現実として受け止めないと…
せめて災害公営を待っている人たちには来年の年越しは災害公営で迎えてほしい
でも多くの人たちが今年だけでなく、もう2冬の年越しが見込まれる
来年度に実施する学校統廃合の再検討なんか待たずに歴代気仙沼市長の母校である小学校・中学校の今年度末(来年3月)閉校を決断し、短工期の世帯向け賃貸住宅を小学校のグランドに建てたり(中学校のグランドには仮設住宅で埋め尽くされている)、両校校舎を集合住宅化改造したりして、来年の年越しを災害公営で迎えられる人たちを増やすべきでは、そして、それでまかなえる世帯数分で計画されている鉄筋高層住宅を低層化して工期短縮を図るべきでは、と、改めて思う。

いまだ8千人が仮住まい 気仙沼市内 (三陸新報12/27付)
東日本大震災の被災地で、震災から4回目の正月を迎える。気仙沼市ではみなし仮設を含め、8千人以上の人が仮設住宅で年を越すことになる。新しい年への期待と将来への不安など、さまざまな思いを抱える被災地の年が暮れようとしている。  市社会福祉課によると、11月末現在の応急仮設住宅の入居状況は一関市を含む90団地で2656世帯・6165人。民間アパートなどを借り上げるみなし仮設には2351人が住み、計約8500人が今も仮住まいのままだ。  新月中仮設住宅に住む女性(59)は、早くて28年10月に入居が始まる気仙沼駅前災害公営住宅への入居を予定。「確実に来年もここで年を越さなくちゃならない。本当に復興は進むのだろうか」と表情を曇らす一方、「焦っても仕方がない。まずは来年も健康に暮らしていけたら」と話す。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 気仙沼情報へ
にほんブログ村

« 今どきの中学の部活って… | トップページ | 天童女子中学生いじめ自殺から1年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/60894182

この記事へのトラックバック一覧です: これが被災地気仙沼4度目の年越しの現実である:

« 今どきの中学の部活って… | トップページ | 天童女子中学生いじめ自殺から1年 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック