« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月29日 (木)

部活を回避する選択は許されない?全国の6割強の中学は全員加入

 35年いや40年近く前、私が小学生だった頃、中学校に入ったらどういう生活になるのだろうかという情報ソースは小学館とか学研とかの学習雑誌だった。それらには「中学校には部活というものがあって、どこの中学校でも様々なスポーツや文化活動の部があって、多くの人たちが入部しているけど、必ずしも入らないといけないモノでもない」ということがジャパンスタンダードであるかのように紹介されていた。でもそれは幻想でしかなかった。
 兄や姉もおらず従兄・従姉はいたが地元ではなかったので、中学に入って初めて「この学校は部活全入」と知り絶望した。運動も図工も苦手だったので消去法でブラスバンドに入った。不器用少年は演奏も人並みにできるわけもなく足を引っ張る存在だった。同い年の連中から罵られ、下級生からも蔑まれた。
 現在、妻子と住んでいるところは紆余曲折あって同じ岩手県の別な学区。子どもは現在小学5年生、来年には中学に進む。昔、私が絶望させられた部活全入制は岩手県教委のお達しでもないのに岩手県内全中学校がそのようになっていることを最近知った。学区となっている中学校の様子を窺うと事実上運動部しかない上、スポーツ少年団が部活動と表裏一体となって運営されており(起ちあげの経緯はわからない…)ほぼ全員加入(風土的半強制状態?)し、部活に輪を掛けて夜間や休日の練習・遠征などが常態的に繰り返されている。
 私の血を引いてるのだろう、我が子も運動が苦手なまま6年生になろうとしている。このままではつらく苦しい中学生活が彼を待っている。こんなことを愚痴っていると、小さい頃から小学生スポ少に入れないからそんなことになるのだ、それこそ親の怠慢だ、知らないアンタが悪いんだ、等々と言われてしまうだけかもしれない、当地では。でも…
 この年末年始、SNSで先生方のワークライフバランス崩壊を中心に中高生の部活動について情報交換が盛んになった。その中で全国の6割強の中学校が部活全入だということがわかったし、部活全入だと公言しないまでも何らかの強制性があって生徒全員が部活に加入しているという学校が少なからずあることもわかってきた。こちらの方がジャパンスタンダードというべきなのだろう。(衰退している学習雑誌に限らず、各マスコミ媒体の皆さんには文科省の定めた教育制度に都会の一般事例を重ね合わせただけでなく全国的な実態把握の上で子育て世代に情報提供してほしい)
 また、起ちあげの経緯はわからないもののスポーツ少年団?育成会?地域スポーツ団体?社会体育?など様々な呼称をされるものが学校部活と表裏一体に運営・活動されて事実上は部活の延長練習・休日練習のツールになっている事例も紹介された。文科省が提唱する「統合型地域スポーツクラブ」として立ち上げたのかもしれないがだとすれば趣旨が大きく違うのではないかと思われる。中には学校サイドが言わば闇練習のための隠れ蓑として立ち上げから主体的に関わったケースもある模様だ。
 部活全入制もスポーツ少年団等も立ち上げられてから1~2世代の時間経過があると思う。子も親も先生も入れ替わっていく。目的が何であるかもわからないまま「運動することは良いことだ」「活躍してくれたら嬉しいし」だけでやらせている親もいるだろうと思う。いつの間にか過度になっていないか、地域の子どもたちを総動員すべきことなのか、原点に立ち返れとはいわないが振り返ってみてほしいと思うのだ。
 苦手の克服は悪いこととは思わないし、仕方なしに始めた運動部で大化けする子も居ないわけではないだろうけれど、皆がそうなるとは限らないことも否定できないでしょう。部活も一因なり主因となって不登校になってしまったり自殺をしてしまったりというニュースも少なくない今日だ。部活が主因で不登校になったが部活全入が故に再登校できないという遠方の親子のお悩みもSNSでお聞きした(2種目の運動部とブラスバンドしかなく転部に踏み出せないらしい)。我が子も小学校で既に不登校予備軍的状況に陥っている。中学時代を棒に振るようなことにならないように過度な負荷を負わないという選択を許容してほしいというのは我が儘なことだろうか?

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2015年1月26日 (月)

部活ネタで不快に思われているならフォロー解除していただいて…

この年末年始から中高生の部活動に関する意見交換や情報交換がSNSで盛んになったと言って良い状況だと思う。発端になったのは以前から顧問制度への異論をブログで発信していた現役中学教員「真由子先生」のツイッターデビューであった。呼応するように中学校教員の多忙と疲弊を強く訴えるモノが多いのであるが、そればかりでなく、多くの中高生が部活動参加を強制されていること、中学校の部活動に併せてスポーツ少年団とか育成会とかいう社会体育・地域スポーツ団体が組成されて部活動の練習時間単純延長と休日練習の手段になっていることなどもやりとりされ、部活動が原因の不登校であっても「全員加入」であることがネックで復帰できずに悩まれている親子とも出会った。
私のブログでも以前から取り上げてきた内容でもあり多くの方の目に触れてほしい発言等をブログで紹介したりツイッターでリツイートしたりし始めている。そういったモノが私のブログでもツィッターでも多くを占めるようになった。それらはFacebookにも連携投稿する設定にもしており、ツイッター・FacebookのフォロワーさんたちやFacebookでお友達になっていただいてる皆さんのもとに届いていることと思うが不快に思われている方も多いのではないだろうか、特に岩手県一関周辺で部活やスポ少の追っかけをしている方々や中学生になったら運動部に入るべきだ&モノだとお考えの方々はそうだと思う。部活動をがんばっている子どもたちと同じ地域に住みながら余計なことを言うなとお怒りの方も多いだろう。ツイッターで仲良くしていただいている一関市のコミュニティFMのリスナーさんたちには同世代のお父さん・お母さんが多いだけに気に障ってる部分が多かろうと思う。また、問題意識は共有できても私の着眼点が偏っているが故に共感はしていただけない方も多いかと思う。
しばらくの間、中高生部活の問題は私のブログ・ツイッター・フェイスブックから消えることは無いと思う。不快に思われている皆さんは私を嫌いになる前にフォロー解除などしてください。無理強いするのもされるのも嫌いな人間です。去る人は追いません…

2015年1月24日 (土)

津谷小で1年生が30人新入生は39人だと統廃合しても早晩…

 微笑ましく春を先取りした明るいニュースではあるけれど、本吉で大きい方の小学校の現状としては淋しい人数規模だと思った。近々に馬篭・小泉両小学校を吸収統合する計画はあるのだけど、それでも各学年の人数が早晩40人を下回ってくることが容易に想像できてしまう。小学校・中学校とも2学級の学年がなくなったら統廃合を検討せよとの新しい文科省指針が出されてもいる。しゃにむに全学年2学級以上にしようという従来スタンスからはトーンダウンしたとは言え、いずれにしても気仙沼市が進めようとしている統廃合計画では多くの学校が指針を下回ってしまう。27年度に予定している統廃合計画の見直しは「あっても前倒し」程度の見直ししかしないという前提で進められると聞いているが、もっと厳しい検討をすべきではないのだろうか。津谷小だけではなく…

しっかり完食です 津谷小学校で入学前に園児が給食試食 (1/24付三陸新報)
写真 かっぽう着姿で給食を体験
 気仙沼市立津谷小学校で23日、今春入学する津谷幼稚園と保育所の年長園児との給食試食会が開かれた。
 幼稚園と保育所の園児合わせて39人が、1年生30人とペアで座り、園児は1年生の後について給食の配膳を体験。ギョーザや春雨サラダ、野菜スープなど栄養たっぷりのメニューに目を輝かせ、「おいしいね」と次々とほおばった。
 小学生向けの量でも園児たちはしっかりと完食。津谷幼稚園の及川結叶君は「とてもおいしかった。量は多いけどまだまだ食べられそう」と笑顔を見せた。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 気仙沼情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2015年1月22日 (木)

文科省学校統廃合指針は小中学校とも2学級の学年が有れば対象外?

だとすれば、小学校・中学校とも全学年1学級になっていたり複式学級があったりしなければ、中学校区と同一になるように小学校が統廃合され併せて小中一貫校化する流れになるのだろうか?これまでの目標は小学校学年2~3学級、中学校学年3~4学級だったと思うのでトーンダウンした感がぬぐえないけれど歓迎する方が多いだろう。

これまでも問題視されているが学年1~2学級の中学では先生方が1科目専担では全教科を網羅できず複数科目を担当することになる。複数科目の免許をお持ちの先生が多いとは言え免許が無くとも持たざる得ない科目も生じていただろう。小学校の先生でも中学の科目免許所持者がいるので小中一貫校になれば、小5から教科担任制にし小中教員相互乗入授業にすることで無免許授業とか複数科目担当とかがある程度解消されるではあろう。中1ギャップの解消という小中一貫校の目的にも適ってはいる。

一方、小中一貫校化で懸念されるのは「中学部活・小学生スポ少・中学生スポ少の一体化』である。小中一貫校になると小学校教員も総動員されて中学の部活顧問になることが想定される。そうなると中学校に進んだら部活動をするんだし小学生も一緒にやらせようという機運もでかねない。中学生のスポ少とか育成会なるものが部活動と表裏一体になっている地域では中学部活顧問がそのままスポ少のコーチをしている事例もあり、小学生対象のスポ少も学区単位で組成されていることが多い模様なので、この3者が一体的に運営され必然的に学校が部活動の範疇を際限なく超えて関与せざる得なくなるのではないだろうか。

この年末年始、①部活動の顧問を強制されている先生方のワークライフバランス崩壊②部活動参加を学校から強制されている公立中高生(全国の6割強の中学校は部活全員強制参加である)③部活動と連動したスポーツ少年団等が事実上部活動の練習時間・練習日を増大させている…といった問題がSNSで盛んに叫ばれ始めている。これらの現状で学年1~2学級規模の小中一貫校が増えていくということは先生方の長時間・無休日労働と子どもたちの運動過多+学習・睡眠不足に小学校の先生方と小学生まで巻き込んでしまうことにならないだろうか?

岩手県小学校132校、中学校29校に 県内「要検討」対象

ところで、全学年が1学級ずつになったら統廃合対象だということなので、こんな懸念も…

学校統廃合が進められてきている宮城県気仙沼市~浦島を吸収し白山を吸収する鹿折、落合を吸収し月舘を吸収する新城の両小学校も早晩全学年1学級になり統廃合検討対象になってしまう。それぞれの学校の街寄りには気仙沼小と九条小があり、従来ベクトルでは鹿折を気仙沼へ、新城を九条へ統合するということになるのだが、逆に気仙沼小と九条小を閉校して鹿折小・新城小は維持するべきだと思うところだ。郊外の学校を街場の一校にまとめるのなら仕方がないけれども、街場に複数校林立するようであれば街場の外周部の学校を残して郊外の子どもたちだけでなく街場の子どもたちもある程度の距離感を覚えるようであってほしいとも述べてきた。上述の4校はまさにそのような位置関係にある。

このブログで再三手ぬるいのではないかと指摘してきている一関・気仙沼両市の小中学校統廃合の計画だが、今回の甘くなった新基準「全学年1学級になったら統廃合対象」ということなので、対象校は然程減るわけではなさそうだ。小学校・中学校とも計画通りの統廃合では早晩そうなるであることが明々白々な学校ばかりであることは申し上げておく。他にも早晩全学年1学級になりそう(既になっているところもある)なのは今後の統廃合を加味しても気仙沼市の唐桑・大島・階上・大谷・津谷(いずれも小中)一関市の厳美小中・舞川小中・滝沢小・弥栄小・一関東中・川崎小中・藤沢小中・黃海小中・室根小中・大原小中・興田小中・大東小中とこの両市だけでも無数に有り、中には平成の大合併前の旧町村で小中各一校化になるところさえある。コミュニティ維持とのかねあいでこれ以上の言わば旧町村を越えた統廃合に異論を唱える向きもあるが、やらざる得ない状況かと思う。

だからということではないが…あらためて訴えたい…

そんなところにあと2冬も3冬も…気小と九条小の校庭に低層AP建てて御高齢の方々だけでも今度の冬までに住まわせられないだろうか 気仙沼市の仮設154棟で基礎部腐食

ご高齢の方は高層APの完成をいろんな意味で待ってられない。近接する小中学校の校庭のどちらかは仮設で埋め尽くされているだろうから多少離れていても校庭を共用できるところはどちらかの校庭に低層APを建てて今年の冬までに入居させてあげたい。特に児童生徒数が激減した歴代気仙沼市長の母校!小中学校とも北隣の小学校(ここも学年1学級)から体育授業の都度スクールバスで迎えに来てもらう、中学校は南隣の学校と統合予定なんだから部活は先行して合同チームにする、で何とでもなると思うんだけど…

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 気仙沼情報へ
にほんブログ村

2015年1月15日 (木)

どんどん繰り下げられていく災害公営の完成時期…

気仙沼市で建設or計画中の災害公営住宅の完成時期が繰り延べられた、とうとう平成29年なんて文字まで…どうも再繰り延べ、再々繰り延べがありそうに感じられてしまう。 

ご高齢の方は高層APの完成をいろんな意味で待ってられない。近接する小中学校の校庭のどちらかは仮設で埋め尽くされているだろうから多少離れていても校庭を共用できるところはどちらかの校庭に低層APを建てて、今年の冬までに入居してもらうべきではないだろうか。特に児童生徒数が激減した歴代気仙沼市長の母校!小中学校とも北隣の小学校(ここも学年1学級で教室が半分空いている)から体育授業の都度スクールバスで迎えに来てもらう、中学校は南隣の学校と統合予定なんだから部活は先行して合同チームにする、で何とでもなると思うんだけど…

そして充当された戸数分、建設or計画中の高層鉄筋APを低層化し早期完成につなげてもらえればと願う。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150115_11008.html?fb_action_ids=1515525675403421&fb_action_types=og.recommends&fb_source=other_multiline&action_object_map=%5B712396092208068%5D&action_type_map=%5B%22og.recommends%22%5D&action_ref_map=%5B%5D

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 気仙沼情報へ
にほんブログ村

2015年1月14日 (水)

県別部活加入率統計を発見!こ、これは強制性ランキングだ!

数年前のもののようですがこれはまるで強制性のランキング!
男子2位女子1位の岩手県は県教委のお達しで全中学校が全生徒に部活加入を強いており残余のパーセンテージは全員文化部加入のはずです。ランキングの高い県の数値を見ると岩手県以外でも全県的に何らかの強制的な加入実態がありそうだけな数値です。
全国の6割強の中学校は全生徒に加入を強制しているとか。校則等で強制していなくても指導スタンスや学校風土・地域風土でそのようになっている学校もあるでしょう。そういった学校が多いか少ないかがこの都道府県別統計に表れているものと思われます。
中学生の部活加入率は諸外国に比べて高いようで誇らしげに論じている方もおられるようですが、こういった強制性によって高止まりしているだけであって必ずしも子どもたちの多くが部活動をやりたくてやってるわけではないだろうということだけは申し添えます。

部活動|新・都道府県別統計とランキングで見る県民性 [とどラン]

男子運動部加入率http://todo-ran.com/t/kiji/13245
女子運動部加入率http://todo-ran.com/t/kiji/13250

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

災害公営住宅に孤と老の問題は避けられない、できる限り戸建と低層APで!

NHK Eテレ ハートネットTV 1/13は災害公営住宅がテーマだった。やっぱり孤と老の問題は切実。神戸のような高層鉄筋APが建ち始めているが、可能な限り戸建や低層APで代替すべきだと思った。状況がわかるだけに特にも気仙沼、歴代市長の母校をはじめとした街中の小中学校の存続をあきらめ校庭に戸建てや低層APを建設してご高齢の皆さんを優先的に入居させてほしい。そして代替した戸数分、遅々として進まない建設中・計画中の鉄筋APを低層化して工期短縮を図ってほしい。こんなこと考えるのオイラぐらいなのかなぁ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 気仙沼情報へ
にほんブログ村

2015年1月10日 (土)

新年早々地方公立中高の部活動について毒ついています

「公立中学校部活動の顧問制度は絶対に違法だ」http://bukatsu1234.blog.jp/というブログがある。コメントをしたら読者の方々から私への質問コメントがあったのでお返事コメントした。こんな風に毒ついていると岩手県(中学生全員に部活加入を強いている)の一関市HG中学校(実質上文化部が無く、部活に連動するスポーツ少年団に半強制加入)の学区に住んで小学校のPTA会長なんかやってるとどうなっちまうんだろう…

この年末年始に真由子先生のツイッターデビューをきっかけにいろんな方とやりとりをしました。紹介したいことが2つあります。
まず中学生の部活加入について2つの60%があります。1つは部活の加入している生徒、もう一つは全生徒に加入を強いている学校です。部活は希望している生徒だけがやっているというのは妄想にすべきでは。
それから社会体育とかスポーツ少年団とかが隠れ蓑になって長時間&無休日練習が横行している学校や地域もあるようです。
加入が強制された部活で長時間&無休日練習でも「中学生は部活で運動するべきだ&ものだ」風土の地域では抗いたくても抗えず苦しんでいる生徒&保護者&教員が潜在していることと思います。部活動を全否定はしませんが過度な強制性と過度な無休日&長時間練習からは脱却させなければと思います。

質問コメント1
部活動を全否定はしないんだ・・・?
やれる範囲ならやるんだね、土日のどっちか休みで、平日練習も朝練なしの17時まで(例)だったら。

お返事コメント
練習日・練習時間がホドホドであれは我が子がやりたいというならやらせます。せっかくの機会ですので。でも無理強いはしたくないんです。

質問コメント2
その60パーセントの根拠はどこでしょう? 都道府県?、全国?

お返事コメント
全国集計です。
ちなみに当方岩手県(中学生部活全入)一関市HG中(文化部無し、部活連動スポ少半強制加入)学区在住で子供は小学生(運動嫌い)です。文化部がある学校へ虚偽事由越境画策中(部を事由にした越境申請は受理されません)

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2015年1月 7日 (水)

地域協働体づくりに顔出そうよ一関市職員さんたち

 一関市の地域協働に関する職員研修が開催され、地域協働のしくみとその効果について講話があったようだ。講師を担った市民活動センター所長殿のFBには「職員のみなさんこそが、地域協働を知り、理解できていないと、地域の皆さんは、いま、合意形成段階なので、それこそバランスが崩れてしまいますから、今日やれて良かったです。」と書き込みがある。講演内容の詳細はわからないが、ややもすると地域協働体づくりの中心になっている市民よりも市職員さんたちのほうが認識も意識も低かったりという危惧でもあるのだろうかとFBの文面から勘ぐってしまう。勘ぐり過ぎなら良いけど。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=495238967285599&set=a.121447311331435.23534.100003985001265&type=1&permPage=1

 地域の諸会合に市職員の皆さんが顔を出されないことに思うところが有る。地域協働体を立ち上げようという今の段階で顔を出してしまうと「まるまる任される=丸投げされる」恐れがあるからかもしれない。確かに担当業務の他に地元の地域協働体のことを任されでもしたら無賃残業みたいなことになってしまうし、地域協働体も出身市職員に全部やらせてしまっては本末転倒になってしまう。だからあえて「役」は引き受けない方が良いとは思う。でもその場にはいてほしい。「あんたたちが来ないと青壮年層の意見が聞けないから来い」と呼ばれているPTA会長たちはオジサマたちに囲まれながら訳のわからない話を聞かされたあげく「PTA会長さんたちは役員ね」と役付きにまでなってしまい心細くしている。ヨソから転入してきて地域のことがわからないP長もいる、アタイだけど。「若い人で誰かいないのか」なんて聞かれても思い浮かぶのはPTA役員仲間くらいなもの。一般の保護者まで人脈があるわけではない。P長が何を言ったって一般保護者が地域で動くことはない。市職員さんたちの人脈(同級生・先輩・後輩・縁戚関係)の方が青壮年層が地域に関わるきっかけになるようにも思う。オブザーバー的に諸会合に顔を出し陰でちょっとだけお手伝いいただくような立ち位置でいてくれないかなぁと萩荘のヨソモノP長は思うのだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

2015年1月 6日 (火)

天童女子中学生いじめ自殺から1年

学校が汚れるから新校舎に入るなと言われていた

自殺当日は建設された新校舎への登校初日

入学以来、学級でも部活でも陰湿な虐めのターゲットにされ続け

エスカレートすることを恐れるあまり担任教諭が介入しようとしたのを断り

新校舎に登校して受けるであろう制裁を思い、いっそのこと死んでしまおうとしたのだろう

生徒がたくさん減ってクラス編成替えとか部活動の存続とか影響は出たであろうが

虐めグループを一人ずつ別々の学校に転校させてでも彼女を守ることはできなかっただろうか

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201501/20150106_53001.html

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック