« 東京圏は介護施設が不足するから地方移住?だったら元気なうちにやって来て!! | トップページ | 岩手矢巾北中イジメ自殺、徹底事実調査と加害生徒バラバラ転校で更正を »

2015年7月 3日 (金)

「部活の全員加入制に疑問」6/27㈯岩手日報・日報論壇掲載投稿

6/27㈯岩手日報・日報論壇に掲載された投稿である。岩手日報は岩手ローカルの代表紙だが、県内全世帯が購読しているご時世でも無い。多くのかたにお読みいただきたく、拙ブログにて紹介を思い立ったところである。現役ベテラン小学校教員の実名投稿だが、岩手県の教育界ではタブーな内容、ご本人のお立場も考慮し拙ブログでは文面だけご紹介したい。

「部活の全員加入制に疑問」
 岩手県の中学校では99%以上の中学校で部活は全員加入制である。つまり、希望するしないにかかわらず全員がどこかの部に加入しなければならない。
 多くの場合、教師も生徒、保護者も当たり前のこととしてとらえてきたと思う。そしてこれが「岩手県だけの特殊な習慣」であるとは知らない人が多い。他県での全員加入制は高い県で50%程度なので、岩手県の突出具合は群を抜いている。
 部活の学習指導要領での位置づけは「自主的な活動」とされているので、岩手県の場合、本来の趣旨とは違った運営がなされていることになる。このことに問題はないのだろうか。部活全員加入は県教委が指導したものではないという。法的拘束力があるとされる学習指導要領を徹底させることが教育委員会の立場なのだから当然であろう。問題点をいくつか挙げてみたい。
 例えば、生徒が取り組みたい活動が学校になく、学校外の活動を希望する場合である。現行の運営だと、たとえ希望していなくても部活終了時刻までは拘束されることになる。
 それでも校外の活動を続ける生徒もいるが、学習時間が削られるなどの苦労を強いられる。体力的に厳しいため、校外の活動をあきらめる生徒も確実にいるだろう。学校によっては運動部しかないところもある。運動が苦手な生徒にとって大きな負担となっているのではないか。
 さらに運動部によってはスポーツ少年団登録をしたり、父母会主催の練習と称したりして部活の延長のように活動している。また、本来任意であるはずのスポーツ少年団に加入しないと選手になれないルールがある部も存在する。ここまでくると公教育の一貫とはとても考えられない。
 中学校の部活全員加入を肯定する人の中には「部活は教育だ」という考えを持った人もいる。こうした人は、「部活は教育だが、学校外の活動は教育ではない」とでも言うのだろうか。とんでもない上から目線でこれでは失礼である。
 学力への影響も当然あり、全国学力・学習状況調査の結果に表れている。大きな流れだけを説明すると岩手県の場合、小学校のときは都道府県別順位は高く安定している。中学校ではその順位を著しく下落させてしまう。この傾向は調査開始3年後の2010年から変わっていない。
 中学校の部活はすぐにでも任意制に移行すべきである。部活によい点が多数あることは理解できるが、本来のあり方からあまりにも離れすぎていると思う。

 岩手県のほとんど(たぶん全部)の中学で部活動に全員加入となっているのは県教委の指示でも市町村教委の指示でも無く、ほとんど(たぶん全部)の各校生徒会が会則等で規定しているらしい。数十年前に各校横並びで規定し学校の統廃合や分離新設があっても受け継がれているようだ。生徒会則等だとは言っても内容は学校側の意向によって左右されたであろう。県教委・市町村教委の指導ではなかったとしてもこの横並びは県中体連など全県的に影響力のある組織が部活全入の大号令をかけ、部活動は生徒の自主的活動であるから校則等で規定することは好ましくないので各校の生徒会則等で規定させたとしか思えない。
 私も来年春には中学生の親になる。学区の中学には限られた種目の運動部しか無くい。親に似て運動が苦手に育ってしまった我が子はこの投稿で懸念されている「学校によっては運動部しかないところもある。運動が苦手な生徒にとって大きな負担となっているのではないか。」を味わうことになる。
 この先生のお考えにそって、来春までに改善されることを期待したいところだが、岩手県教委の強力な指導でも無ければ各中学校の生徒会則がこれからの数ヶ月で改正されるようなことは無いだろうし、「強制させた経緯は無い」という知らぬ存ぜぬスタンスの岩手県教委が是正指導をするとも思えない。
 文化部の選択肢を求めて県立中高一貫校をダメモト受験させるけれども、最終手段として文化部の選択肢がいくつかある中学への虚偽事由越境通学を画策せざるえないところなのである。
 ご意見・ご感想など、お寄せください。岩手県に限らず多くの方々と意見交換したいと思っています。「運動が苦手な子どもに育てたお前が悪い!I市立HG中学校には運動音痴野郎は要らねぇ、今からでも小学生スポ少に入れて準備させとけ!」でも結構です。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

« 東京圏は介護施設が不足するから地方移住?だったら元気なうちにやって来て!! | トップページ | 岩手矢巾北中イジメ自殺、徹底事実調査と加害生徒バラバラ転校で更正を »

コメント

不登校になりそうですね

強硬派にならず、もっと情報を集めたほうが良いと思います

おそらく抜け道はあります

同じ悩みを地域で共有がよいかと。
必ず先例はあります

私は生まれつき運動が苦手です。部活はずっと文化部。運動部しかない学校なんて、信じられない。絶対登校拒否します。本人が望んでいない活動を強制するのは、憲法が禁じている「苦役」以外の何物でもありません。スポーツの強制は「暴力」「パワハラ」です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/61830911

この記事へのトラックバック一覧です: 「部活の全員加入制に疑問」6/27㈯岩手日報・日報論壇掲載投稿:

« 東京圏は介護施設が不足するから地方移住?だったら元気なうちにやって来て!! | トップページ | 岩手矢巾北中イジメ自殺、徹底事実調査と加害生徒バラバラ転校で更正を »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック