« 止めたい!冬休み明け自殺 | トップページ | 教育振興運動は終結を!協働のまちづくりはPTAをはずせ! »

2016年1月31日 (日)

部活に休息日を!加入強制性排除を!不登校の記事(1/31朝日新聞)に寄せて

平成28年1月31日(日)の朝日新聞に増え続ける小中学生の不登校が報じられている。http://www.asahi.com/articles/photo/AS20160130002064.html

 小中学生に占める新規不登校の割合は増加傾向にある。14年度の場合、全小中学生は1012万736人。不登校は12万2902人で、「継続」の5万7095人を引くと、6万5807人が「新規」となる。1日180人が新たに不登校になった計算だ。小中学生に占める新規不登校の割合は0・65%で過去最高。93年度は0・25%、04年度は0・55%と上昇してきた…等々と記述されている。

 不登校の原因、要因は様々であろうし、それらが複合的に作用して不登校になるとも聞く。解決策にも防止策にも対応策にも特効薬・即効薬も無いだろうと思う。
 ただ、中学生の不登校が小学生の数倍に上ることを見てしまうと、部活動の影響が否定できないのではないかと思われてならない。

「部活週2休」有名無実化 文科省の指針
http://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A7dPgtszxq1Wb0MABJUqEv17/RV=1/RE=1454315444/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=gQ5nto2_DXEY5WFQFUUIniSWRDE-/RU=aHR0cDovL2J5bGluZXMubmV3cy55YWhvby5jby5qcC9yeW91Y2hpZGEvMjAxNjAxMTAtMDAwNTMyNzQv/RS=%5EADAuOZXJU_HTHKE.s61hf0t.HveNcM-

 でも、無休日長時間練習をしているのは運動部と吹奏楽部と合唱部だろうからイヤなら違う部に入れば良いのでは?ところが限られたわずかな運動部しかない学校やそういう運動部と吹奏楽部しかないような学校が地方には多い。

 でも、そもそも部活動は任意加入なのだから、はじめから入らないとか、苦しかったら退部すれば良いのでは?ところが…

部活動 「自主的」なのに「全員加入」 全国の学校で長年つづく“制度違反”
http://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A7dPgtyAxq1W1XAAu5kqEv17/RV=1/RE=1454315521/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=gQ5nto2_DXEY5WFQFUUIniSWRDE-/RU=aHR0cDovL2J5bGluZXMubmV3cy55YWhvby5jby5qcC9yeW91Y2hpZGEvMjAxNTA0MjQtMDAwNDUwOTUv/RS=%5EADAc2WYdtXcO2CWjUsBKO7CdIL8EXE-

 部活は金がかかるモノでもある。就学援助制度には中学生の場合、部活動経費加算があるとはいえ、その加算額だけで賄えるとも思えない。部活の用具が買えない、遠征時などの臨時徴収が払えない…そんなことが引き金で不登校になることは無いだろうか?

 不登校から復学したいがもとの部活には戻りたくない、部が少なくて他に転部してやっていけそうな部も無い…となれば、復学もできないのではないだろうか?(このケースは実例を聞いてもいる。) 

 部活動の功績・教育上の効果は認める。だけれども、それを強いたり過重にすることが要因となって生徒たちに「学校で勉強する」ことをあきらめさせてしまうことの損失は大きくはないだろうか。

 部活動の加入強制性を排除したり週2休などの休息日設定を遵守することだけで不登校の生徒を全員復学させ新たな不登校をゼロにすることはできないだろうけれど、多くの生徒を救うことはできると思う。

 どちらも各学校の運用でやっていることではあろうが地域横並びになりやすいものだ。私の住んでいる岩手県は県全域で全生徒部活加入、県南では社会体育等が全運動部に連動して半強制加入となっていて無休日長時間連習の舞台になっている。都道府県や市区町村の教育委員会が黙認することなく(岩手県下では教育行政の前提にしているとしか思えない状況でもある)是正に動いてほしいし、全国的な状況であるのだから文科省もメスを入れてほしいと切に願う。


にほんブログ村

« 止めたい!冬休み明け自殺 | トップページ | 教育振興運動は終結を!協働のまちづくりはPTAをはずせ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/63147219

この記事へのトラックバック一覧です: 部活に休息日を!加入強制性排除を!不登校の記事(1/31朝日新聞)に寄せて:

« 止めたい!冬休み明け自殺 | トップページ | 教育振興運動は終結を!協働のまちづくりはPTAをはずせ! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック