« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月18日 (金)

小学校修了式挨拶を終えた、今日はこれから卒業式挨拶、イジメと部活に宣戦布告する

この記事は事前に編集したもので2016/03/18 午前0時にUPされる。
同時刻には筆者は夢の中だ。

 昨日は私がPTA会長を押しつけられている Elementary School HG の修了式だった。この学校では修了式にもPTA会長が挨拶をさせられる。2年目なので去年の焼き直しというかほとんど同じ文章を読んできた。

(2016.3.17 修了式)
 この一年間、運動会や学習発表会でみんなが競争したり演技したりするのを楽しく見てきました。来月には幼稚園や保育園やこども園を卒園した皆さんが1年生になってこの学校で勉強するようになります。みんなが入学したときのことを思い出してほしい。怖かったこと、わからなかったことがいっぱいあったと思う。優しくしてあげて、教えてあげたりしてほしい。
 おじさんはPTA会長になってから皆さんの様子を見ることが多くなりました。元気なのは良いけどふざけてしまう、勉強でも運動でもできない人、失敗した人を馬鹿にする、苦手なことがある人を仲間はずれにする、友達と仲良く遊ぶのは良いけれど友達をオモチャにしてしまう、そういう人はいませんか?君たちがそんな風にしていると新しい1年生さんたちは怖がると思います。同級生どおしでも、もちろん下級生にも優しさや思いやりを見せてほしい。そういうことも勉強してほしいと思います。
 皆さんが、新しいことを勉強して、できることが増えていくこと、それがお家の皆さんを喜ばせることになります。新しい学年でも勉強をがんばってください。

 今日は同じくElementarySchoolHGの卒業式だ。当然、登壇して挨拶してこなければならない。こちらも去年のものをベースにはしたがイジメやイジメ自殺、特に岩手をはじめとする東北地方で頻発している部活イジメ自殺への警鐘やその遠因にもなっているであろう中学生部活全員加入の異論めいたことを盛り込んだ。はっきり言ってイジメと部活全入への宣戦布告である。

(2016.3.18 卒業式)   
小学校卒業おめでとうございます。お祝いにはふさわしくないかもしれませんが、中学生活に向けてお話ししたいことがいくつかあります。
 あれから2年の日が 僕らの中を過ぎて 3月の風に吹かれ 君を今でも想う ~君たちが萩荘中学校を見学に行ったとき、特設合唱部の皆さんが群青という歌を歌ってくれましたね。この歌は3年前、福島県南相馬市の小高中学校を卒業する皆さんの中から生まれた歌です。今の高校3年生の皆さんということになります。3年前の2年前、今から5年前、彼らが中学一年生の時に、東日本大震災と福島第一原発事故のために転校していった半数近い同級生達を思い、放射能のために今もまだ誰も住むことができないでいる生まれ育った街でいつの日か再会することを願って歌われたのだそうです。東日本大震災の時、君たちはまだ小学一年生、停電のために恐くて寒い夜だったというようなことしか覚えていないかもしれませんが、中学生になろうとしている今だから、その時にはわからなかった、その時に起きていたいろんなことを、少しずつでもニュースなどで知っていってほしいと思います。
 だからということではありませんが、私の家族も5年前に津波で住んでいた家を失い萩荘にやって来ました。息子を温かく迎えてくれたことにはお礼を言いたいと思います。ありがとうございました。ただ、学年が上がってくるにつれて、随分とかわいがってくれた人が何人かいたようです。このことについてアトで関係するお話しをします。
 私は中学・高校と勉強をがんばりきれなかった悔しい思いが有ります。もっと勉強しておけば良かったなぁと今でも思わされることが有ります。
 ほとんどの人は高等学校に進むと思いますが将来のなりたい仕事によってはその中でも難しい学校を目指さなきゃなくなる人もいるかもしれないし、どんな仕事であろうと日常生活でも社会の中で生きて行くには知識はあった方が良いです。文章を書いたり、人前で話したり、計算をしたり、ということはどんな仕事にも、日常生活にも付いてくるものです。勉強は得意じゃないという人もいるだろうけど覚えられるだけのことを覚えてほしいと思います。
 岩手県の中学校は全員が部活動をすることになっていて、去年の春、そのことが全国的な話題になったりもしています。全国の中学校のうち60%の中学校は全員が部活に入らなきゃないそうですが都道府県丸ごと全部というのは岩手県だけらしいです。萩荘中学校は生徒会則でそう決められているそうですが、同じように生徒会則でそう決められている学校が岩手県ではほとんどのようです。何十年も前の先輩達が本当に自分たちで決めたことなんだろうか、しかもあちこちの学校で?そうだとはとても思えないでいます。
 部活動を楽しみにしている人にとってはどうでもいいことだろうけど、部活動を不安に思っている人もいるだろうと思います。スポーツが好きで得意な人が多いだろうけどそうでない人もいるはずです。将来のために学校の勉強や部活以外に特別な勉強やスポーツや芸術活動を続けなきゃない人もいるだろうし、お年寄りや小さい兄弟のお世話をしなければならない人もいるかもしれません。それでも部活動をしなければならないんです。そういうことをわかってあげられて、そういうことを認めあえる中学生であってほしいと思います。
 私は部活動で同級生にも罵られ下級生にも蔑まれ絶望した嫌な思い出しかありません。こんなことになるなら、やりたくなかったし、やめてしまいたかったが、同じ岩手県の大東中学校だったので我慢するしかありませんでした。苦しかったし悔しい思いだけの中学時代でした。
 この2年ほどの間に部活でいじめられた末に自ら命を絶った中学生のニュースが岩手県をはじめ、東北地方で多い。運動部で他の人と同じようにできないでいたりすることがきっかけでいじめられたり、そのことがイジメに輪をかけてしまっていたようです。
 中学校の校長先生のお考えとは違うかもしれないし、中学生は部活でスポーツするべきだとお考えのご両親が多いだろうとは思いますが、私は、中学校の部活でやりたい運動部がないとか続けられそうな運動部がないのならば、総合文化部に入って学校外の勉強や活動と両立するということでも良いのではないかと考えます。部活でツマラナイ思いをして勉強や将来のための学校外の活動に身が入らないでしまうことに、まして、自ら命を絶つようなことにはならないでほしいと思っています。
 世の中のニュースでは、自殺だけでなく、少年どおしで殺された・オカネを脅し取られた・無理矢理万引きさせられた…そういう中学生の事件がなくならない。始まりは悪ふざけなのかもしれないが、それが一方的なものになり、そういうことにつながっていくのだと思います。自分さえ良ければ良い、自分だけおもしろければ良いなどと思わないでほしい。お互いを尊重し合い、人を思いやる気持ちを忘れず、また、自分の体を大切に大事にしてほしい。そして正義感を持ち続けてほしい。悲しいニュースが皆さんの中から聞こえてこないことを願っています。
 ウォーキング大会と芸能まつりが始まってPTA会長が余計なモノを学校に持ち込んできたとご両親ともども思われていたかもしれません。説明しきれないのですが、協働のまちづくりっていうモノが始まっていて住んでいる人と地域との関わりかたが変わり始めているということはわかってほしいし、君たちが社会人になっても続いていくと思います。大人への第一歩、社会への第一歩として関心と関わりを持ちながら中学時代を過ごしてください。
 保護者の皆様、本日はお子様のご卒業、おめでとうございます。6年間、PTA活動へのご尽力ありがとうございました。また、私事ですが5年前の震災で気仙沼の住まいを失い、萩荘に仲間入りさせていただいて多くの皆さんにお親しくしていただきました。何よりの励ましでした。ありがとうございました。
 お子さんたちにもお話ししましたが協働のまちづくり・ウォーキング大会・芸能まつりと新しいことがPTAと学校を巻き込む形で始まっております。会長を生贄に差し出して学校や子どもたち、お家の方々が地域の余計なことには関わりを持たない免罪符にしておきたいとお考えのかたが多いことと思いますが、地域の行事に小学生が多く参加し始めたことについてはご臨席の区長さん・民生委員さんがたを始めたくさんの方からお褒めの言葉をいただいております。お考えはいろいろおありだと思いますが一関のどこに住んでいても関わらざる得ないことになりつつあります。前向きにとらえていただければと思うところです。お子さんの学業成就並びにご家族のご健勝をお祈りしましてご挨拶とさせていただきます。

Junior high school HG の校長先生も列席している、卒業生の保護者には現役中学教員もいる、県教委の教員往復人事メンバーもいる、多くの保護者は①中学生は部活でスポーツするべきだ②各部を維持するために全員が運動部に入るべきだ③強くなるためには中学生スポ少(当地の部活連動型社会体育)も全員入るべきだ④そのために小学生スポ少に我が子を加入させてきた…とお考えであろう。そういう人たちの前でこんなことをしゃべってくる覚悟を決めての事前掲載である。冷たい視線にさらされながら誰とも言葉をかわすことなく卒業式後の祝賀会を過ごすことになるんだろうなぁ。無傷では帰ってこれないかもしれない…

空気読まないカワリモノのヨソモノにPTA会長を押しつけるからこうなるのサ!

PTAも、教育振興運動も、協働のまちづくりも、綺麗さっぱり忘れさせていただきます!


にほんブログ村


にほんブログ村

2016年3月 2日 (水)

市民と議員の懇親会…オイラの意見は全部スルーの提言書

 昨年11月、一関地域PTA対象の「市民と議員の懇談会」に招請された。席上で何をしゃべろうかPCに打ち込みしてまとめていたらあんまりいっぱいになったので印刷して渡して口にチャック、他の方の意見を聞いて思いついたことだけ発言。閉会後に何か聞かれるかと思ったけど何にも聞かれなかったので、一読してカワリモノの意見と判断されたのかなぁと思っていたんだけど、案の定、一関市議会のホームページをのぞいてみたら、次のような書込が…

皆さんからいただいたご意見・ご提言を取りまとめ、一般の部を12月18日に、高校生の部を1月20日に、議長が市長に提言書を手渡し、引き続き提言についての懇談を行いま した。
市長に対する提言について(一般の部).pdf [216KB pdfファイル]   http://www.city.ichinoseki.iwate.jp/index.cfm/7,72881,c,html/72881/20160126-131339.pdf
市長に対する提言について(高校生の部).pdf [126KB pdfファイル] http://www.city.ichinoseki.iwate.jp/index.cfm/7,72881,c,html/72881/20160126-131514.pdf

 ということで、添付ファイルを開いて提言書を見てみたら、オイラが印刷して渡してきた内容はものの見事にスルーされていた。PTAとの懇談会を担当した議員さんたちの判断で握りつぶしたのかもしれないし、市長への提言書をまとめる段階なり、市長に提出する前に関係部局(内容的にはまちづくり推進部と教育委員会)に事前打診をして難色を示されて引っ込めたのかもしれない。トンデモ意見を提言書に載せてしまうと議員さんたちが賛同したものだと誤解を招きかねないので、次回市議選への影響回避のためかもしれない。
 まあ、想定の範囲内ですよ。こんなこともあろうかと、懇談会直後にブログにUPしてたもんねー。
http://peki-chan.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-176f.html

 それにしても、全滅だもんなぁ…あまりにも悔しい気もするなぁ…「市長へのひとこと」で小出しに投書しようかなぁ…でも、一年ほど前に投書した「市長へのひとこと」には、いかにも迷惑そうで、かつ、よくわからない回答(http://peki-chan.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/index.html)はもらったものの、一関市ホームページへの掲載はすっ飛ばされてるしなぁ…ま、不都合な真実は公表されないものなんでしょうねぇ。

 子どもも卒業してPTA会長も終わりで、まちづくり協議会の席も無くなるから、もう市当局や議員さんと関わることも無いだろうし、誰からも賛同されないカワリモノの私見は引っ込めといたほうが平和に暮らせて良いってもんかもネ


にほんブログ村

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック