« 興田と舞川はPTAとまち協に良い芽が出てるんだろうけど… | トップページ | PTAの任意加入化と部活動の任意加入化 »

2016年7月15日 (金)

条南中が空くのなら小学校にして…気仙沼市学校統廃合あれこれ

 気仙沼市が進めている小中学校の統廃合について本ブログで何度も私見を述べてきたが、市民の理解をなかなか得られずに実施を繰り延べざる得ない学校が生じている一方、計画を立案した震災前後以降も少子化傾向に拍車がかかっていて計画された統廃合だけでは不足感が増していると言わざる得ないようだ。第三段階が計画通り断行されても、小学校は気小と九条だけになり中学校は気中だけになる魔の第四段階が待っているような気がする。
 第三段階で条南中を気仙沼中に統合することにはなっている。この単純統合そのものにも異論を持つところだが、いずれにしても条南校舎は空いてしまう。そこで、持論の繰り返しではあるが、この条南校舎を小学校にし、気仙沼小・九条小・松岩小の閉校、鹿折小・新城小・面瀬小+新設小への分散吸収を提言したい。
 気仙沼小・九条小・松岩小の校舎・施設は部分的にリプレイスや増築されたものもあるが、全体としては必ずしも新しいものとは言えず、減っていく児童数に対して施設が過大でもあろう、特に気仙沼小。今後も大規模な改修が繰り返されていくことと思う。
 また、面瀬小はともかく、鹿折小と新城小は計画された統廃合だけでは早晩全学年が1学級になってしまい、鹿折小は気仙沼小へ、新城小は九条小へ、各々統合することが近い将来検討されてくると思う。街場で近接しあう気小・九条・松小を温存するよりも鹿折小・新城小・面瀬小に街場の子どもたちが通学してある程度以上の人数規模維持を見通せる統廃合であってほしい。児童の移行はざっくり次のようになるだろう。気仙沼小から鹿折小に4分の1、新城小に4分の1、仮称条南小に2分の1。九条小から新城小と仮称条南小に半数ずつ。松岩小からは仮称条南小へ3分の1~2分の1、面瀬小へ2分の1~3分の2。スクールバスは要らないと思われる。これで鹿折・新城・面瀬の3小は当面、適正規模が維持できると思う。
 そしてまた、中学校を含めて唐桑地域や階上以南をどうするのか、新たな知恵を生むことに繋がっても欲しいと思うところである。


にほんブログ村

« 興田と舞川はPTAとまち協に良い芽が出てるんだろうけど… | トップページ | PTAの任意加入化と部活動の任意加入化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/63917912

この記事へのトラックバック一覧です: 条南中が空くのなら小学校にして…気仙沼市学校統廃合あれこれ:

« 興田と舞川はPTAとまち協に良い芽が出てるんだろうけど… | トップページ | PTAの任意加入化と部活動の任意加入化 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック