« 学校対抗の合唱コンクールに出るんだったら通年練習させたい | トップページ | 岩手県民の歌ってなあに? »

2016年9月27日 (火)

PTAは次年度役員のなり手捜しを始めている、協働のまちづくりと教育振興運動に本気なら根回ししようよ、市役所と市教委

 SNSでヤリトリしている子育て世代の皆さんの書込に「来年のPTA役員を打診された」が目立ってきた。秋風とともに政界では解散風が吹き始めたようだが我々小中学生の親には憂鬱な役員打診の季節が始まっている。
 PTAが学校のことだけに終始しているのであればベテラン役員さんたちが2~4年と3役に就きつづけていてくれること、その中で後進を育成して後任者を作っていくことは歓迎されることだとは思う。押し付けられるまま本部役員に片足を突っ込んでしまっても学校のことだけなら、まあまあやっていけるものだろうと思う。
 問題なのは全国展開してきている「協働のまちづくり」、そして岩手県だけで50年前からやっている「教育振興運動」だ。どちらも一般保護者にはなんの関わりもない日常なのに、三役になったり本部役員になったりして「引きずり込まれるもの」で、その負担は甚大なものだからだ。
 どちらも学校で一般の保護者さんたちにレクチャーしたり、その主旨にのっとったPTA活動や教育活動を保護者さんたちを巻き込みながら展開しているならまだしも、何にもやって無いのに本部役員になると「協働のまちづくり」の地域活性化イベントに係員動員され、「教育振興運動」の実践発表会やら教育講演会やらに聴講動員されることになる。結局、PTA本部役員になってそれらに巻き込まれるプロセスがないと趣旨にさえ触れる機会が無いのが実情ってことなのサ。
 協働のまちづくりを主管している市町村の部局にしても教育振興運動を主管している市町村教育委員会にしても各学校で協力的な保護者がPTA役員を長く務めるなかで一般の保護者さんたちに各々の趣旨なりを落とし込んで参画意識を醸成して関わる保護者を増やして欲しいと思ってるみたいなんだけど、そんなこと取り組んだりできるオメデタイ学校は無いと思う。言っちゃ悪いが校長先生をはじめとした幹部教員の先生方にさえ、そんな気はサラサラ無さげだ。
 荒療治だけど、本部役員が毎年代わって、新しい人が協働のまちづくりにも教育振興運動にも引きずり込まれた方が、趣旨の理解+参画意識の醸成+実働要員化される青壮年層が各学校当たり数人ずつだけど毎年増えるかもしれない。一関市萩荘地区みたいに3年間ゼロよりは良いだろ。オイラが一人で3年もやってたから一関市萩荘地区は3年間オイラしか関わらず、しかも口を開けばネガティブなことばっかり騒いで、挙げ句の果てにSNSで全世界に岩手県一関市の協働のまちづくりも教育振興運動も悪いイメージを発信し続けている始末だ。これじゃあ、マイナスだろう。
 一関市役所まちづくり推進部さん、いちのせき市民活動センターさん、そして一関市教委さん、連携して各小中学校にPTA本部役員を総入替するように根回ししたら良いんじゃないかと思いますゼー。
 それとも、どうしてもPTAで趣旨の落とし込み・参画意識醸成・実動要員化をさせたいんだったら、一関市の職員さん・市民活動センターの職員さん・小中学校の先生方で各小中学校のPTA本部役員をお固めになったらいかがですか?子育て世代の一般ピープルは協働のまちづくりなんて区長さんたちが市民センターにやらされてる何だかわからないもの、教育振興運動なんて先生たちがやらされてる何だかわからないもの、そんな理解のされ方しかしてないんですから、ザンネ~ン!


にほんブログ村


にほんブログ村

« 学校対抗の合唱コンクールに出るんだったら通年練習させたい | トップページ | 岩手県民の歌ってなあに? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/64267018

この記事へのトラックバック一覧です: PTAは次年度役員のなり手捜しを始めている、協働のまちづくりと教育振興運動に本気なら根回ししようよ、市役所と市教委:

« 学校対抗の合唱コンクールに出るんだったら通年練習させたい | トップページ | 岩手県民の歌ってなあに? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック