« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月30日 (月)

プレミアムフライデーなら金曜放課後と土日は部活ナシにして!

 経産省の政策で2月から毎月最終金曜日には15時退勤にして経済のカンフル剤にしようという動きがある。その4週間前ということで、先週の金曜日はワイドショーなどで多く取り上げて紹介していた。中央省庁や地方自治体は率先されるのであろうから、15時以降は会議を入れず、市区町村の市民窓口以外の職員には有給休暇等で早刻に帰宅させるのであろうか。

 さて、学校は何かするので有ろうか?15時に児童生徒を下校させるためには授業を5時限で打ち切るしかないだろう。金曜日の時間割が6時限の学年にまで15時に下校させるのはどうかと思うがせめて16時には下校させ、先生方には定時で退勤していただきたい。先生方退勤時刻が16時30分~17時になっている先生方が多いはずだからだ。そんな~、学校には部活が…という方が多いだろうけど、プレフラの趣旨から言えば「金曜日は早く退勤して街に繰り出したり旅行に出発しよう!」なのだ。それならいっそのこと、金曜日の放課後から月曜の朝8時まで学校は閉鎖して「何人(なんぴと)たりとも立ち入らせず」にして、部活動も一切禁止して先生も生徒も家族で出かけよう!独身の先生はデートに行け!相手がいない先生は合コンでもヤレー!婚活パーティにでも行ってこーい!にしませんか?そりゃあ、生徒の親の中には、プレフラなんか関係無いお仕事、プレフラだからかき入れ時のお仕事をされている人もたくさんおられるだろうけど、こんなことでも無いと年ガラ年中部活ばっかりやらされてる中高生がたくさんいるみたいですゼ~、先生方も家族サービスができねぇ、デートもできねぇ、そもそも誰とも出会えねぇってサ、そんなんじゃ非婚者ばっかり増えて子どもなんか増えねぇって…

 昨年、スポーツ庁が調査したらほとんど毎日部活やってる学校とか休養日があっても平日だけにして土曜日も日曜日もぜ~んぶ部活で埋めてる学校が山ほど出てきて、慌てた文科省が正月休み明けに、「週に一日は必ず休みにしなさい+月に一日は土曜か日曜を休みにしなさい」って大号令かけたんだってサ。最近も学校の先生たちが一週間に80時間も働いてる人がザラで土日も部活があるから何十連勤もしてる先生がたくさんいるって報道されてたでしょ。霞ヶ関のお役人様たちが15時に退勤して街に繰り出してるのに部活指導して夜中まで残業して土日も部活だ試合だではねぇだろうよ。だからプレフラの週末ぐらいは金土日部活ナシにしようよ、校長先生方!

 ところでオイラの住んでる岩手県一関市は土日祝と月曜放課後に部活はやらせてないけど、中学生スポ少とか育成会活動とか保護者会練習とかって社会体育みたいなのが市立中全校の全運動部にくっついてて部活が休みなら必ず、部活をやった後の平日の夜にまで練習しているんだけど、本体の学校部活が全員加入(コレは岩手県内公立中学校全部)だとその社会体育みたいなのにもおおかたの生徒は入るようになってて、結局、ほとんどの生徒たちは年中無休みたいなもんだし、社会体育みたいなのにまで関わっている先生、関わらざる得ない先生もいるようなことを聞く(ノータッチというわけにはなかなかいかないだろうし…)。学校の判断で休みにできるのは金曜の放課後だけだろうが、何とか校長先生方のイニシアチブで金曜の夜から土曜・日曜両日の社会体育みたいなヤツの練習も休みにすることはできないもんですかねぇ…中高生は部活でスポーツやらせろって親ばっかりだからム~リ~だろうなぁ、「スポ少は部活じゃねぇんだから練習して何が悪い!」って言う人ばっかりなんだろうからねぇ…


にほんブログ村

2017年1月24日 (火)

部活動指導員の制度化にパプコメ

文科省が部活動指導員の制度化についてパブコメ募集をしていたので次のような私見を送りました。岩手県の一関市でこんなことを考えてるのオイラぐらいなモンでしょうけど…

・外部指導者と呼ばれる方々による活動の加熱化やその活動に先生方を際限無く帯同を求めたりする事例を見聞きしていること。
・部活動の加熱化は一部の教職員や一部の保護者の意向によるところも有り、部活動指導員がそういった意向により、部活動加熱化に拍車をかける懸念があること。
 以上のことから部活動指導員は各学校が採用するのではなく、市区町村教委及び市区町村体協の指導監督を受けながら各学校に派遣されることが望ましいと考えます。また、部活動が静岡県磐田市で試行されている「地域部活」へ移行していくことにも対応しやすい体制であると考えます。
 なお、部活動に連動して競技種目ごとに中学生スポ少、育成会活動、保護者会練習などと様々に呼称されている社会体育的な団体が組成され、部活動に加入している生徒を半ば強制的にそれらの団体に加入させ、学校部活と合わせて無休日長時間練習をしている地域や学区もある(当市では市立全中学校の全運動部に存立している模様)ことから、そういった団体がある場合は部活動をそれらの団体に有償委託して部活動指導員を派遣することとし、学校での朝昼夕の練習は廃し、先生方・生徒とも負担を減じていただきたい。部活加入を全生徒に強いている学校(当県では県内公立中学校全校で強制されている模様)では困難と思われるが、そもそも部活加入が強制されるのは学習指導要領に抵触しているはずであり、これを機に部活加入強制を厳禁とし任意加入を徹底していただきたい。

 そんなモノいらねぇ、今までどおり学校の先生にサビ残長時間労働でやらせろ!という方もご意見は文科省へどうぞ。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000867&Mode=0

私への反論もお待ちしています。このブログ記事にコメントしてください。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック