« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月31日 (金)

入学式を控えている皆さんへ

 今日は年度末、4月からお子さんが小学校や中学校に入学されるという方も多いだろう。
このブログで何度も述べたことばかりだが、私自身が経験してきたとんでもエピソードをいくつかご紹介したい。全ての学校に当てはまることでもないし、要領よく回避する人もやりこなす人もいるのだろうけど、何も知らずに巻き込まれるより心の準備になればとの思いからである。
1 入学式後の体育館で突如始まるPTA役員決め…
  小学校でも中学校でも入学式後、新入生保護者席にPTA会長や教頭先生がやって来て「学年役員と委員会委員を決めます。どなたか立候補を」「決め終わらないとお子さんと帰宅できませんよ~」だった。誰も好きこのんでやる人なんかいないのだから兄姉がいる新入生の親に事前に打診して決めといてくれれば良いことだと思うんだけどなぁ…
2 役員選考委員を依頼されて…
  子どもが小学校2年生になるときに転居して転校したのだが、転校先の学校はPTA本部役員を子ども会で選出するシステムだった。3年生の時に役員選考委員を頼まれたが本部役員を買って出る人などいないので、結局、自爆立候補するしかなかった。本部役員になってみたら「役員選考委員=一年後は本部役員」という図式で自爆立候補した人が多かった。そういう人たちが集まって三役を互選するんだから長時間のお通夜みたいなことを毎年繰り返すのだし…役員選考委員を引き受けるんじゃなかったなぁ…
3 協働のまちづくりにはめ込まれるPTA…
  本部役員になった年度、私の住む岩手県一関市では協働のまちづくりっていうのが始まって、公立幼保小中のPTAを組み込むことがその組織作りのセオリーだった。私はヒラ役員だったがコンスタントに会議に出席できない三役陣が私に代行出席を押し付けてきた。青壮年層が地域に参画する必要性は認めるけどPTAを組み込んでも一般の保護者さんたちが地域の思惑どおり動いてくれるわけないじゃん!市役所の担当部長とかと意見交換する機会があったが、「PTA会長が呼びかけて参加させて欲しい」だってサ!PTAにそこまでやって欲しいのなら各学校PTAの本部役員選出システムを変えさせて市職員で固めさせれば良いじゃん、市職員てたいてい実家住まいなんだから同級生やら親戚やらが保護者にいるだろうし。
4 教育振興運動って…
  コレ、岩手県だけらしいんだけど、地域全体で地域の子どもたちを育てましょうっていう運動らしい…で、平成の大合併前の市町村エリアごとに実践事例発表会とか教育講演会をすることが目的化してて、発表の当番になったPTAが普段は教育振興運動なんて何にも意識せずにやっている活動を教育振興運動にアテコミして発表させられる、発表会や講演会の運営も聴講も現役保護者を動員して体裁を作っている。我々保護者には何にもレクチャーされなくて、こういった発表会や講演会に動員されないと知らされず関わらず子育てを終えてしまう。歴史的役割を終えている運動なんだと思う。岩手県教委も県内市町村教委も啓発に努めようとしてるらしいけど、県職員・市町村職員・学校教員ですらちゃんと分かってる人なんかいなさそうなんだけどな。どうしても継続させたいのなら、協働のまちづくりのこともあるし、とりあえず、各学校のPTA役員をそういう人たちで固めて取り組ませるしかないんじゃなイカ!
5 中学校の部活動は全員強制加入しかもあれも無しこれも無しのうえ社会体育っぽいのまで…
  自分が中学生だったD地域D中学もそうだったが子どもが入学したI地域HG中学も部活動全員加入だった。いろいろ見聞きしたところ、岩手県内の市町村立中学と県立高校附属中学は全校全員加入であった。要は岩手県ではそれがアタリマエだったということだ。我が子が入部したのは総合文化部といってどう考えても「やりたい部が無いとかそもそも部活なんかやりたくない生徒たちが籍を置くための部」、放課後の部活が毎日有るのことまではともかく、夏休み・冬休み・春休みにも毎日2時間集まらせられてる。こういうことまで全生徒イコールにしなきゃならないのだろうか?でもまだ総合文化部が有るだけ良いのかもしれない、文化部が一つも無い学校、文化部は吹奏楽部だけという学校とかも少なからずある。生徒数が少なくなってきているからだろうが運動部も一般的な部がひととおり有る学校というのは珍しいはず。それでいて、岩手県一関市・平泉町・奥州市はほとんどの中学校のほとんどの運動部に中学生スポ少とか育成会活動とか保護者会練習とかって様々な呼称の社会体育っぽいのがあって、平日の延長練習・夜間練習、土日祝の練習・練習試合・中体連以外の大会参加を親掛かりでやっている。子どもにそこまでやらせたくない、親もそこまでつきあえないっていう人もいそうなモンだがねぇ、実際、どうなんだろうか?

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック