« 行ってきました、部活動ミニ研究集会 | トップページ | 教職員超勤・多忙化解消シンポジウム »

2017年7月13日 (木)

学校の全校懇談会で部活全員加入是正を求めてみたが…

先頃、我が子の中学校で、PTA行事「地区懇談会」が有った。地区懇なので学区内の行政区とか町内会ごとに保護者がそこの集会施設に集まって本部役員や先生方と意見交換するのが定番なのだろうが、ほとんど誰も集まらなくなってしまい、数年前から学校開催になり、全体で学校やPTA執行部との意見交換をして、それから地域ごとに今年度はどんな風に活動しようか(やることは前年踏襲なので段取り程度だけど…)相談しているのだそうだ。全体会で発言したのはアタイだけってのもどうかと思うけど。

で、アタイの質問
「今年、唯一の文化部である総合文化部の入部者が増えたそうだが、積極的な理由で入部した生徒はほとんどいないと思う。岩手県の中学校は全員を部活動に加入させているけれども、県や市が各学校に指示したことではないということは調べました。校外スポーツで活躍する生徒さんも増えてきている。総合文化部の活動日を半減させたり、生徒全員を部活動に加入させるのをやめたり、そういうことを検討する考えはありませんか?」

校長先生の回答
「そういうものだと思います。東京都内とかでは校外のスポーツ活動をするために活動日の少ない文化部に加入している生徒さんがいるそうですねぇ。本校でもフェンシングに取り組んでる生徒がいるが平日は運動部に体力作りなどをして週末にお家の方がフェンシングに連れて行っている。(全員を部活動に加入させるのをやめることは)受け皿になるような活動主体が周辺に増えて県全体がそういう方向性にならないとそうはできません…よろしいですか?」
 
いろいろ合点がいかないことばっかりなんだけど、論点がかみ合ってないみたいなので、食い下がるのはやめちゃった…圧倒的多数の運動部に入ってる生徒の保護者さんたちにはほとんど関係無い話だし。少しはジャブになったかなぁ…
 
校長先生の回答でかみ合わなかったポイント①
23区内の区立中学でも全員加入制の学校は実在してて校外活動のために活動日の少ない文化部に入部してる中学生もいるけれど都会では任意加入制の中学がアタリマエで校外の活動をしようがしまいがそもそも部活に加入していない中学生がたくさんいるんだけど…
 
校長先生の回答でかみ合わなかったポイント②
「部活動の代わりになる受け皿が周辺に増えたら…」校長先生の頭の片隅に「社会体育化」があるのかなぁ、そこまで求めてないんだけど。校長会は半世紀前に社会体育化を念頭に全員加入制を進めたっぽいのだけど、半世紀たってできあがっているのは運動部にほとんどの生徒を加入させて社会体育っぽいものも立ち上がったけど部活の闇延長ツールと化してて無休日長時間練習になって多くの先生方が社会体育っぽいものの指導にまであたっているという地獄絵図。
 
校長先生の回答でかみ合わなかったポイント③
「県全体がそういう方向性になったら…」県教委も市教委も全員加入制を求めてないってアタイが言ったじゃん!ウラではそういう指示になっているの?指示元が県教委だろうが中体連・校長会だろうが県全体がこうなっているからやめられないということなの?
 
やっぱり、県総合教育会議が大所高所に立った判断で県教委・中体連・校長会・岩教組の4者に是正を求めない限り、このローカルルールは終わらねぇものなのかなぁ、トホホ…

« 行ってきました、部活動ミニ研究集会 | トップページ | 教職員超勤・多忙化解消シンポジウム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/65528902

この記事へのトラックバック一覧です: 学校の全校懇談会で部活全員加入是正を求めてみたが…:

« 行ってきました、部活動ミニ研究集会 | トップページ | 教職員超勤・多忙化解消シンポジウム »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック