« 学校の全校懇談会で部活全員加入是正を求めてみたが… | トップページ | 部活動問題について考える会(東北)のオフ会、ちんまりと開催… »

2017年7月21日 (金)

教職員超勤・多忙化解消シンポジウム

日にちがたってしまったが備忘もかねて…

 7/9㈰岩手県盛岡市で「教職員の超勤・多忙化解消を考えるシンポジウム」を聴講してきた。連合岩手・岩教組・高教組などの労働組合系主催のものなので、あまりPRもされていないようだったが、両教組の組織動員で1000人規模の会場はほぼ埋め尽くされたようだ。基調講演が文科省OBの寺脇研氏であったことから、聞きつけて駆けつけた一般聴講者も少なからずいたようでもあった。氏がモリトモ学園、加計学園の件でワイドショーにひっぱりだこだったことも集客に一役買ったことと思う。
 寺脇氏の講演については感想などを発信する方もおられるだろうから、現役の先生や保護者、OB校長などによるパネルディスカッションについて、いくつか述べたい。
 中学校の先生からは、「部活動だけでなくスポーツ少年団(部活動と表裏一体の社会体育のことを呼称している地域がある)の指導までやらざるえない教員仲間もいる。」・「部活動は生徒の自主的活動であるべきだが生徒たちは教員の指導に頼っている。」などの発言が、高校の先生からは「部活動のために生徒たちは教員の出退勤時間を超えて在校している。生徒たちが在校している限り退勤できない。」・「顧問をしている部活動の日程を部員たちに呈示すると先生、コレではブラックですなどと言われてしまうこともある。・「学校外に活動の場を求めさせるには個人負担の問題があり、学校部活をやらざるえないのかなぁ。」などの発言があったが、他のパネラーさんからは部活動顧問用務への感謝や労いの言葉はあったが問題点の言及はほとんど無かったと思う。
 岩手県は中高ともに半世紀以上にわたり部活動加入を全生徒に強制してきた歴史があり、ほとんどのケンミンは「中高生は部活動が強制されるものだ」と思い込んでいる。それは教育行政関係者・現役教員にまで及んでいると思われてしまうほどだ。それだから「部活は学校でやらされるもの」という意識が岩手ケンミンには強いだろう。保護者パネラーの県P会長や電力労連県本部長もそうなのだろうと思う。部活連動の社会体育にしても起ちあげの経緯はどうあれ、先生方の管理監督下でやられるものだという感覚になっている地域も有るのだろうし、地域主体・保護者主体であっても顧問の先生が指導に来ないことを批判する向きもあるらしい、前任の先生が来られていたのであれば尚更だ。パネラーをつとめられた先生お二人も「何かがオカシイ」と思っているようなのだが、この岩手県の特殊性・特異性というポイントまでは言及が無かった。知らなかったのか、知っていて言えなかったのか、お二人の心の内まではわからないが知っていたとしてもギリギリの言及だったかもしれない。両教組組合員の中にも部活推進&現状肯定派の先生がおられるであろうからだ。校長OBの方も部活加入強制については一切語らなかった。中学生の部活全員加入の指示元が中体連・校長会であることをご存じであればなおのこと、ご存じで無いとしても県教委の方針だろうと誤認しているであろうから、仮に問題意識があっても言及できないのだろう。
 こういったパネルディスカッションでは会場からも意見を求めるのが一般的だと思うのだが、聴衆が1000人近いこともあり、あらかじめ配布した意見用紙をディスカッション中に集めてパネラーさんたちに呈示する手法がとられた。手法は良いとしてもコーディネーターが紹介した意見は2件だけ、しかも、「先生方はたくさん残業して残業代をたくさんもらえて良いですねぇ」という勘違いを紹介した程度。一般県民には給特法のエグゼンプション性が理解されてないことを話題にしたかったのかもしれないが、議論の本筋に切り込まないまま時間を浪費しただけだったと思う。実は紹介されることを期待して部活動加入強制やスポ少・育成会活動・保護者会練習などと呼称される部活連動型社会体育の問題を提起する意見を書き込んで託したのだが、取り上げられなかった。会場の意見を選別していたのは両教組の先生方、やはりなかなか同じ土俵に立てないものなのだろうか。ヤジでも飛ばしたほうが手っ取り早かったか…。
 パネラーになられた両先生のギリギリの発言はあったが、総じて消化不良というか掘り下げきれないディスカッションだったと思う。岩手県で部活に言及して先生方の長時間労働が議論されたことは評価しましょう、コレが第一歩ですな。
 さて、このシンポジウムには全国過労死等を考える会から公務災害担当の工藤祥子さんが招かれ、中学校教員であったご主人を過労死で失った体験を中心に、お話しを聞いた。彼女のエピソードについては割愛するが、教員であるかどうかを問わず聴衆の皆さんには切実な実態を実感してもらえたのではないかと思う。で、懇意にしている高校教員の方が工藤さんと以前から意見交換をされていて、シンポジウム終了後、お会いになるということだったので同席させてもらい先述した岩手の特異性などについてもご理解いただいた。今後も連携を深めて行きたい。

« 学校の全校懇談会で部活全員加入是正を求めてみたが… | トップページ | 部活動問題について考える会(東北)のオフ会、ちんまりと開催… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/65562551

この記事へのトラックバック一覧です: 教職員超勤・多忙化解消シンポジウム:

« 学校の全校懇談会で部活全員加入是正を求めてみたが… | トップページ | 部活動問題について考える会(東北)のオフ会、ちんまりと開催… »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック