« 休養日設定・全員加入制・育成会活動など部活アレコレ | トップページ | 岩手日日(岩手県南ローカル紙)に投稿「学校活動とILC」 »

2017年12月10日 (日)

部活動は一般入試で評価ゼロ!知らなかったのはアタイだけ?

 先生方の無休日長時間労働を改善するべく審議が続けられている「中央教育審議会学校における働き方改革特別部会」、11/28の会議で配布された資料2「高等学校入学者選抜における部活動の評価」に目を疑った。(文科省がネット公開しているものです。いくら何でもアタイなんざが審議委員になるわけないじゃん!)

 「いずれの(全都道府県の)公立高校においても単に部活動に加入していることをもって入学者選抜おいて加点している例はない」しかも「顕著な成績等がある場合は加点」してるのは群馬と埼玉だけなのだという。公立高校でも選抜方法の多様化が推奨されていて推薦入試や推薦入試に類する特殊な選考制度で入学定員の2~5割を決めてしまうようになっている。「部活動に参加していたか」「顕著な大会成績だったか」が推薦基準になっている高校が多いようだし、私立高校スポーツ特待・スポーツ推薦が

数十年来定着してもいるから、一概に部活なんかしてないで勉強した方が良いんだぜ!とは言えない。だが、少なくとも公立高校の一般入試では部活動をやっていたことだけでは全47都道府県とも内申加点はゼロだし、大会成績で内申加点をするのは群馬と埼玉だけで残りの45都道府県では加点しないというのだ。部活をやらないよりはやっていたほうがいくらかでも加点されるんだろう、都道府県大会に進めなくても地区大会で上位入賞ぐらいすればさらに加点されるんだろう、都道府県大会や地方大会に進めれば大きく加点されるんだろう…って思ってませんでしたか?皆さん!
 中学校の先生にとっても何が加点対象なのかはブラックボックスらしいし、高校の先生方は守秘義務が有るためか多くを語られてこなかったようだ。内申点の元データになる調査書には参加した部活動や部での役職(部長とかキャプテンとか)、大会成績などを書き込むことになっているから加点対象じゃないかなぁと思っている中学校の先生も多いかもしれない。生徒や親の間では期待感も相乗してまことしやかに語り継がれてきたのではないだろうか。ハッキリ言って騙されていたような気分がフツフツと沸いてきている。
 ホントにその競技や文化活動を中学生活の中で取り組みたいという生徒たちが部活でそれをすることには邪魔立てしたくないし良い成果が出せて推薦入試で評価されて高校に合格できたら喜ばしいことだろう。それに近年の高校入試には面接試験も有ったりするので面接試験の評価の中で何らかの操作めいたものが有るかもしれないと思われる事例も表沙汰に(千葉県の幕張総合高校…)なったりしたので一概に無関係とは言い切れない。だけれども、この資料を見れば見るほどやりたくない生徒たちにまでさせなくてはならないものだとは思えなくなってしまう。岩手県の中学校は数十年来の部活全員加入制だ。県全体で全員加入制なのは岩手だけでは無いし、全員加入制の中学は全47都道府県に存在しているとも聞く。まさか全員加入にしておかないと多様な部活を維持することができなくなって活動したい生徒たちから活動の場を奪ってしまうから全員加入にしておこうということなのか。それに岩手県だけではないらしいが多くの中学校で運動部に入ってしまうと育成会活動や中学生スポ少と称して学校や自治体で設定した部活休養日、平日部活の単純延長、部活終了後の夜間に別の施設に移動して…と、様々な練習機会を捻出し中総体や新人戦だけでなく様々な大会に出場するコジツケにもなっている組織まであるらしい。勝つためには近隣の学校と同等以上の練習量が必要だという考えから発足しているものだろうが、他の皆さんと同じようにやらなければならないだろうというだけではなく内申加点が有るのだろうからと我慢して参加している生徒さん、保護者さんがおられることと思う。
 運動部で本格的なスポーツを始めようとすれば初期投資は10万~20万だろう。強豪校で有れば有るほど、合宿や遠征の費用もかさむものだ。相対的貧困の問題も顕在化している。生活保護家庭や就学援助家庭は少なくない。生徒本人が望むのであれば工面のしようがあるかもしれないが、本人が望まない活動のために家計を圧迫させるのは如何なものか。また、中学生の中にはスポーツなどを校外活動で続けている生徒もいる。より高いレベルを目指している生徒もいる。部活動との両立を迫られ、断念させられた人も多いのではないだろうか。教室に通い音楽系の高校、さらには大学を目指したいのに部活動のために専念できないというのは本末転倒ではないだろうか。
 繰り返し述べたい。単に部活動に加入していただけでは俗に言う内申点は加算されないし部活で好成績を上げても加算されるのは群馬県と埼玉県だけなのである。知らなかったのはアタイだけ?みんな知ってて部活の全員加入制に従ってきたの?騙されていたような気分がフツフツと沸いてくるのはアタイだけなんだろうか…。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

にほんブログ村

« 休養日設定・全員加入制・育成会活動など部活アレコレ | トップページ | 岩手日日(岩手県南ローカル紙)に投稿「学校活動とILC」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/66139929

この記事へのトラックバック一覧です: 部活動は一般入試で評価ゼロ!知らなかったのはアタイだけ?:

« 休養日設定・全員加入制・育成会活動など部活アレコレ | トップページ | 岩手日日(岩手県南ローカル紙)に投稿「学校活動とILC」 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック