« 開催リポート:第4回部活動のあり方を考え語り合う研究集会in岩手 | トップページ | わたし☆まちフォーラムinいわて2018に招かれてます »

2018年8月20日 (月)

岩手県版部活動ガイドラインの学校外活動への配慮は全員加入制撤廃で!

岩手県教委が6月に策定した岩手県版部活動ガイドラインでは「学校外のスポーツ活動や文化的活動に取り組む生徒に配慮した取組」を推進するよう示されているが、この文言だけでは「父母会練習や中学生スポ少を含めて練習時間を制限し休養日を拡大するのだから、学校外の活動に取り組む時間が提供される。」として今まで通り全員加入制を頑なに維持する学校がほとんどだろうと思うが、それで良いのだろうか。
 以前から盛岡周辺では硬式テニスやクラブチームサッカー、ボーイズリーグ・リトルシニアの硬式野球、そしてボルダリングなど学校外の団体に所属している生徒たちに籍を置かせるためだけの部:校外活動部を創設して、部活動を事実上免除している学校が複数有る。また、県央部に限らずそういった生徒を特例的に部活動免除している学校も若干有る。聞いた範囲では1校だけだが今年の新入生から任意加入に踏み切った学校も有る。いずれも広くは知られていない。教育関係者のなかにこういったことをひた隠しにしておきたい人々が多くいて、箝口令が敷かれているかのようである。
 昨年、部活動指導員を制度化する際に文科省がパブリックコメントを実施したところ「生徒に対して,入部する,入部しないの選択を自主的にさせる権利を保障すべきである。」という意見が多数寄せられ、これに対する文科省の見解として「部活動は,学校教育の一環ではありますが,生徒の自主的,自発的な参加により行われるものです。」と公表している。文科省としては「以前から入部しない選択も可になるようにしている」ということだろう。
 今年6月には、スポーツ庁がホームページに掲載した「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン FAQ」で
Q8 部活動は生徒全員が参加しないといけないのですか。
 中学校、高等学校の学習指導要領の総則においては、部活動は、「生徒の自主的、自発的な参加により行われる」とあるように、同好の生徒の自主的・自発的な参加により行われるものです。
 こうした学習指導要領の趣旨を踏まえ、各学校においては、生徒の自主性を尊重し、部活動への参加を強いることがないよう、留意しなければなりません…と、紹介している。部活動への参加強制:全員加入制は学習指導要領違反でもあるということではないのか?
 学習指導要領に抵触する全員加入制という運用を撤廃することが「学校外のスポーツ活動や文化的活動に取り組む生徒に配慮した取組」の一択であろうことは言うまでもないだろう。岩手県内各市町村立中学校は判で押したように(県教委とは別の意思決定機関・指示命令系統がやらせたことだろう…)生徒会則で部活動全員加入が規程化されている。現在、各市町村版のガイドラインを検討している段階だと思われるが、この「学校外のスポーツ活動や文化的活動に取り組む生徒に配慮した取組」については文科省やスポ庁の見解を踏まえて各学校へ生徒会則改定を善導して全員加入制を撤廃させることによって実現するように求めるものとしていただきたい。市町村教育委員会は学校自治・生徒会自治を隠れ蓑にして某意思決定機関・指示命令系統が先導してきた全員加入制を追認・是認するばかりでなく、市民からの疑問や要望だけでなく市町村議会議員からの質疑をもかわしてきている。岩手県の学校部活動を半世紀以上もミスリードしてきた某意思決定機関・指示命令系統の方々にも同様の対応をお願いしたい、何世代も前の大先輩たちが決めたこととはいえ組織としてはあなた方にも責任の一端が有るだろう。あなた方が組織として同様に舵を切る意思決定をし指示命令しなければ市町村教委と各学校が全員加入制撤廃・加入強制性排除に舵を切れないのだ。
 最後に邪道な提案…
 岩手県版ガイドラインが発表された6月、報道したのは岩手日報だけだったし、父母会練習・中学生スポ少にまで練習時間制限・休養日拡大の網が掛かっているとは報じられなかった。今まで父母会練習や中学生スポ少をリードしてきた保護者の方、地域指導者の方だけでなく先生方でさえ、ガイドラインで部活動本体の練習時間が制限され休養日が拡大しても父母会練習・中学生スポ少で平日の夕方や夜間そして土日に今までどおり練習できるだろうと思われてきただろうが、そろそろガイドラインの全貌が知れ渡り始めどうすれば今までどおり練習して常勝軍団〇〇中〇〇部を維持しようかとお悩みの方もおられるかもしれない。ガイドラインに示された「学校外のスポーツ活動や文化的活動に取り組む生徒に配慮した取組」を逆手に取る方法は有るような気もする。
 部活動を補完する活動だから手かせ足かせはめられて平日2時間・土日3時間で平日1日と土日どちらかを休みにさせられるより、学校に全員加入制撤廃・加入強制性排除に舵を切らせ、学校から独立したスポーツ団体になさって生徒さんたちを学校の部活動から退部させてはどうでしょう?学校外の活動に参加する生徒に配慮するように県教委からも市町村教委からも学校は命じられるのだから許容せざるえないはず。そんなことをしたら中総体にも新人戦にも選抜大会にも春季大会にも出られなくなるって心配するでしょうけど、その競技の部が学校から無くなれば「特設〇〇部」で出場できますよ。合唱コンクールだって陸上大会だって駅伝大会だってそうやって全員掛持型で出場してる学校が多いんだし、スイミングとか体操クラブを続けている生徒たちが特設水泳部・特設体操部で中総体に出て県大会どころか東北大会や全国大会に駒を進めているじゃないですか。それに学校から独立すれば近隣校の生徒を引っ張ってきたり、事実上、近隣校との合同チーム化もやりやすいでしょう。
 学校の部活をやっていないと受験で内申点が…という心配も要りませんよ。少なくとも岩手県の場合、一般入試では部活を3年間やってたかどうかだけでなく大会成績だって内申加点はされない、推薦入試は大会成績が物を言うはず、私立のスポ推薦・スポ特待は尚更でしょ。

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

« 開催リポート:第4回部活動のあり方を考え語り合う研究集会in岩手 | トップページ | わたし☆まちフォーラムinいわて2018に招かれてます »

コメント

 ご無沙汰しています。先日はありがとうございました。
 邪道な提案、まさにそうです。
 私も「好き勝手したいなら、自分達の責任でやりなさい」と思うのですが。
 しかし、部活動を強制するシステムは、施設設備・活動資金の心配も無く、無報酬で生徒や教員を活動に動員できる「旨味」があります。おそらく、それを「部活大好き先生」や「関係団体」が簡単に手放すとは思えません。
 今、心ならずも関わっている「弓道」にもそういう側面があります。今までの経験上、授業等では全く使用しない(部活だけでの使用)にも関わらず、弓道部を持つほとんどの学校には「専用の練習場所/弓道場」が設けられています。
 確かに安全上の問題はあるのでしょうが、基本的に「授業で全く使わない施設が学校の敷地内にある」というのは、まず、ありえないです。
 しかも、県の予算でできてしまうわけですから。・・・これも「部活動強制」の旨味です。
  「部員も多いのだし当然」と、弓道関係者が得意顔の一面もありますが、「練習がゆるい」ので強制加入システム下では部員が集中しやすいだけという見方もあります。また、経験者を持っていかれるかたちになる周囲の競技関係者も、決して好意的には見ていません。
 まあ、原発や基地の問題と似たところがあるような。・・・多くにとっては迷惑でも、その恩恵で食いつないでいる人も一部いる訳です。・・・皮肉なことですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 開催リポート:第4回部活動のあり方を考え語り合う研究集会in岩手 | トップページ | わたし☆まちフォーラムinいわて2018に招かれてます »

他のアカウント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック