« 周知は?実行は?岩手県版部活動ガイドライン | トップページ | 岩手県議会で答弁された部活動加入の在り方見直しは校外活動部&特例的加入免除止まりなのか… »

2018年10月13日 (土)

岩手県版部活動ガイドラインの「校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒に配慮する」は全員加入制の撤廃で!

 文科省やスポ庁のホームページを見ると生徒全員に部活動加入を強制することは学習指導要領に照らしてアリエナイという見解が示されている。(学習指導要領違反じゃおまへんか?)
 岩手県版部活動ガイドラインで謳われた「校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒に配慮する」は校外活動部を作ったり特例的に免除するのではなく各学校生徒会則の部活動全員加入規程を撤廃させることで実行すべきだろう。

 少子化の進行で各学校で多様な部活を維持できなくなっている。加入を任意化したらますます…ではある。そこで…

・一般的な競技種目・文化活動の部活は組成単位を複数校合同化して維持し小規模校の生徒にも多様な選択肢を。(先行事例:神戸市の拠点校方式)

・政策的に特定の活動を振興させたいのであれば市町村単位の地域部活で立ちあげたり維持したり。  (先行事例:静岡県磐田市:陸上&ラグビー、掛川市:合唱・声楽&演劇)

 そして、ほとんどの中学の運動部と一部吹奏楽部に父母会練習・中学生スポ少が連動して組織され部活動を補完するだけでなく部活動を主導している側面も。部活動が移行される担い手にこれほどふさわしい組織はないのでは?岩手県が手を挙げて文科省・スポ庁・文化庁と制度設計に取りかかって欲しい。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト画像に含まれている可能性があるもの:テキスト画像に含まれている可能性があるもの:テキスト画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
(くらし☆まちフォーラムいわて2018プレゼンより…完)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

« 周知は?実行は?岩手県版部活動ガイドライン | トップページ | 岩手県議会で答弁された部活動加入の在り方見直しは校外活動部&特例的加入免除止まりなのか… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/67269656

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手県版部活動ガイドラインの「校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒に配慮する」は全員加入制の撤廃で!:

« 周知は?実行は?岩手県版部活動ガイドライン | トップページ | 岩手県議会で答弁された部活動加入の在り方見直しは校外活動部&特例的加入免除止まりなのか… »

他のアカウント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック