« 部活全員加入エリア南予地域の在る愛媛県のスポーツ推進計画で | トップページ | これで良いのか?岩手県一関市部活動方針最新見解… »

2018年12月10日 (月)

やっぱり合点がいかないゾ!岩手県一関市の中学校部活動方針

先週、一関市のケーブルテレビや地域ローカル新聞で報道された一関市の来年度部活動方針、生徒を通じて保護者に配布されたブリントが届いた、オイラは現役中学生の保護者で一介のモンペである。学校の発出日から一週間かかって手元に届くのは不出来な息子が悪いのだが、とにかく合点がいかない内容のオンパレードだ。
スポーツ庁が策定した「運動部活動の総合的ガイドライン」とそれを受けて岩手県教委が策定した「部活動の在り方に関する指針」を踏まえて定めたものだと説明されてはいるが、スポ庁のガイドラインはともかく岩手県の部活動指針の肝は休養日と練習時間ではない部分、そこを一切紹介していない。不都合な真実を保護者に見せないようにしているとしか思えない。
●部活動休養日はスポ庁ガイドライン・岩手県版指針では毎週土日どちらかと平日1日だったが週末は日曜日に固定して「毎週日曜日と平日1日」で休養日に大会参加等した場合は直近の祝日や土曜日を休養日にする
●練習時間制限はスポ庁ガイドライン・岩手県版指針と同様に「平日2時間&休日3時間」
ココまではまあ良い、問題なのは次から
岩手県版部活動指針では休養日の設定と練習時間制限に父母会スポ少など部活動を補完する活動を含めるとされたのに…
●部活動と構成メンバーが同一の父母会(育成会)練習についても、同様の扱いとなるよう、校長が協力を要請する
父母会・育成会に「同様の扱い」を要請するっていうだけなら
①日曜日は休んでくださいってことだろうけど、平日の休みは必ずしも本体の部活動と同一曜日にしなくても良いってことにならない?
②練習時間も部活と同様にということならば部活をやったほかに平日なら2時間まで、土曜や祝日なら3時間まで、練習して良いですよってことにならない?
●自校生徒が参加するスポーツ少年団等と連携を図り、生徒にとって適切な活動時間となるよう理解を図る
●市教委はスポーツ少年団等学校外の活動が平日20時を超えないよう、体育協会を通じてスポーツ少年団体に協力を要請する
中学生のスポ少って、それら父母会や育成会がスポ少登録して市から助成金もらってるだけの違いなんだけど、スポ少登録してたら平日20時までだったら何時間練習しても良いの?スポ少登録してたら休養日も父母会・育成会の判断に任せるの?
そして、岩手県版指針の「校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒へ配慮する取組を推進する」や10月に県議会で県教委が答弁した「全員加入制の見直しを促す」に対してはゼロ回答なの?
昨年から今年にかけて、部活動指導員制度化時の文科省パプコメ回答(平成29年)、スポーツ庁運動部ガイドラインFAQ(平成30年)、そして文化庁文化部ガイドライン(同)そのもので、学習指導要領の「生徒が自主的自発的に参加する部活動」という文言に照らして生徒全員強制加入は許容されないことが明示されているのだから全員加入制をやめて部活動未加入を許容するしかないと思われるのだがいかがだろうか?各学校とも60年あまり前から生徒たちの自主的自発的総意であるかのように生徒会則で全員加入にさせられてるので体裁上は生徒会を善導してということになるのだろうけど…

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

« 部活全員加入エリア南予地域の在る愛媛県のスポーツ推進計画で | トップページ | これで良いのか?岩手県一関市部活動方針最新見解… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208014/67470332

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり合点がいかないゾ!岩手県一関市の中学校部活動方針:

« 部活全員加入エリア南予地域の在る愛媛県のスポーツ推進計画で | トップページ | これで良いのか?岩手県一関市部活動方針最新見解… »

他のアカウント

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック