« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月29日 (火)

一関の新中学生保護者さんたち、部活を強制されたくないなら入学説明会などて申し出よう!

そろそろ、中学校が入学予定児童と保護者に入学説明会をやり始める。一関市内なら何処の中学校でも「部活動は生徒会則で生徒全員が入部して活動することになっており、学校の方針でもあります。ご理解ご協力ください。」と言いくるめられてきただろうし、同じように説明されるだろうと思います。
強制であろうとなかろうと部活動をやりたくてウズウズしている6年生さんたち、中学生らしく何でも良いから活発な部活を体験させたいって思ってる保護者の皆さんがほとんどだとは思いますが、そうではない6年生や保護者さんだっているんじゃないでしょうか。
リトルシニアやボーイズで硬式野球を始めている、クラブサッカーに通っていてサッカー部に入っても中総体とかには出場できない、スイミングを選手コースで続ける、競技スキーやフェンシングで全国大会・国際大会に参加できそう、音楽学科のある高校や大学を考えているのでレッスンを続けたい…などなど、部活との両立をどうしようか、できれば部活を免除してほしいと思っている人もいるだろうし、どうしても運動部でも文化部でもやっていけそうにないと感じている人、お年寄りや小さい弟妹の世話をしなければならないような人、中にはヤングケアラーになっている人もいるかもしれない、運動部や吹奏楽部だと経済的に厳しいご家庭だって有るかもしれないって思われるんです。
校外のスポーツをやっていても鍛錬のために学校の運動部に入部する人だっていたし、大抵の学校には美術部とか社会科学部とか総合文化部とかの土日までは活動しないような文化部が有って両立できるもんだろう、そうお考えになる人も多いでしょうが、運動部しか無い学校、文化部が有っても吹奏楽部だけの学校もあるし、総合文化部なんだけど毎週末にまで活動を組まれてる学校の実例(Junior high school HG…)も。それに文化部と言えども夏冬春の長期休みに他の部と横並びで毎日2~3時間部活をさせられるのがここいらの学校ではアタリマエのようです。
校外のスポーツ活動をお続けになる方々に限らず、お子さんがやりたくないというようなことも含めて、部活動が強制されることにお困りになられるようであれば、説明会の席上でもいい、その場では言い出せなかったなら電話や面談でもいい、入学式を迎える前になるべく早く学校にお申し出になられることをオススメしたいです。
ナゼかというと、今年は部活界隈の環境が変わってきているからです。岩手県が去年の6月に発表した部活動指針では具体的にどうするのかよくわかんないとは言え「校外のスポーツ文化活動に取り組む生徒に配慮する取組を推進する」って盛り込まれているし、岩手県教委は10月の県議会で「全員加入制の見直しを促す」と議会答弁しているし、文科省文化庁は12月に発表した文化部ガイドラインのなかで「部活動への加入を強いることの無いように留意しなければならない」と明示したところです。12月に発表された平成31年度一関市中学校部活動方針なるものには関係する文言は全く無かったのは教育長先生と校長先生方との間でこの件は無視することにしたんだろうけど、これらのことを引き合いに強く主張すれば、何らかの配慮はしてもらえると思われるのです。
ちなみに盛岡周辺では数年前から「校外活動部」という仕組みで部活動を事実上免除する中学が散見され微増傾向にあり、奥州市でも実施校が有るようです。岩手県教委の言う全員加入制の見直しも落としどころはこの仕組みのように聞こえます。ボルダリングの伊藤ふたば選手一人だけで校外活動部を作ってもらえたようですが、それは周辺校にその仕組みがあったからでしょう。一人二人の申し出だけでは対応してもらえないのが世の常、一関市内でも多くの方々が同様な申し出をすることでしか各学校も市教委も具体的には動かず「生徒会則です、長年の学校方針です、ご理解ください、皆さん両立されてます」を繰り返すだけで泣き寝入りさせられてしまいますよ。岩渕麗楽選手は中学ではお父さんの「スノボに活かせるかも?」で体操部に入部したそうだが盛岡周辺の校外活動部っていうヤリカタをご存知だったら同様にしてもらえるように強く求めたんじゃないかと。ちなみに体操部のほうはもともとスノボで空中回転に慣れていたので「恐怖感無くできました」っていう本末転倒な始末だったとか…
だいたいですねぇ、岩手県のどこの学校でも判で押したように生徒会則に全員加入規程が有るってことと、一関市教委の「生徒全員を部活動に加入させるかどうかは市教委が一律に指示することではなく学校長に委ねている」っていう変な言い回しの見解を併せて考えると、昔々の大人の事情ってヤツから脱却できないだけなんだろうなって思いますよ。全国調査したら全員加入制の中学校って3割ほどなのに岩手県は100パー、つまり一関も100パーで、さらに校外活動部もやってねぇってのはどうなのサ!ってことになってくるんじゃないでしょうか、早晩。いつまでも誰かさんたちに忖度してないで、そろそろ全員加入呪縛から抜け出しませんか、校長先生方!県中体連会長や県体協理事長はわかってくれると思いますよ。二人とも事務方におられたんだし今の役職で県の部活動指針の策定メンバーだったんだし。県中体連の理事長先生や一関市教委の教育長先生は頑ななんだろうけど…

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2019年1月21日 (月)

強制されてる岩手県の中高生に言うこと?“ブカツ、やろうよ”

部活って本来は「自主的自発的に」入部するものだから、少子化で生徒が減って各学校の部活動が淋しくなっていくので、なるべく多くの中高生に部活をやってもらいたいという思いなのだろうけど、岩手県の中学高校は判で押したように生徒会則に全員入部規程が有るので部活やってない生徒はいないんだよ、Standard菊地副編!(詳しくはリンクをたどってご覧ください…)
校外のスポーツ活動をやっていて学校の部活に入部していないように見える生徒たちだって、何かに入ってんだよ。盛岡周辺だと「校外活動部」って、そういう生徒たちに籍を置かせるためだけの名ばかり部を作ってる中学がいくつか有るようだし、トレーニングにもなるからって陸上部に入部する生徒もいるけど、校外活動部が有る中学も陸上部が常設されている中学も岩手県内にはほとんど無い。中高の部活動がアスリートを育成していないとは言わないけど、大成しているアスリートたちは少なくとも中学時代までは校外のスポーツ活動で育成されていないかい?適性を見い出された競技があるのに部活のために断念したり中断したりしている中学生がいないって言える?気兼ねすること無く校外のスポーツ活動を取り組めるように全員加入規程を撤廃させること「も」アスリートの原石たちを応援することになるって思わない?
部活動は小規模校の生徒でも多様な競技にアクセスできる神戸市や磐田市のような仕組みにして「活動の機会」を維持していくほうがアスリートの発掘育成にも生涯スポーツっていうヤツの発展にも繋がるんじゃないかと思うんだけどな。
生徒会則に部活動全員加入規程が有るのは県教委や各市町村教委が指示したような記録も記憶も無いんだそうで、各学校の生徒会が勝手にやったことになっているらしいけど、組織的にそうさせた大人たちがいたとしか思えないでしょ、どう考えても。だから県教委・中体連・高体連・中学校長会・高校長会あたりで一致して「各学校生徒会を善導」することでしか撤廃できないと思うがそういう動きはサッパリ見られない、岩手県版部活動ガイドラインで「校外のスポーツ文化活動に取り組む生徒に配慮する取組を推進する」って盛り込んだんだけど。Standardさん、後押ししてほしい!
https://ameblo.jp/mana-ike/entry-12434460941.html 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2019年1月14日 (月)

アスリートの原石を部活で縛るな岩手県!

Standard編集部ブログ:2019年も、岩手のスポーツを全力で応援!より引用
「スーパーキッズの受講生のみならず、岩手にはアスリートの“原石”がずらりと並びます」

もちろん学校の部活で磨きたい原石たちも、鍛錬のために異種競技で学校の部活に参加している原石たちも、学校の部活で見いだされる原石たちもいるのだろうけど、中高生に部活動を強制することが原石たちの貴重な時間を奪い取っていたり、適性や志向の有る競技から遠ざけたりしている側面も有るだろうと思う。気兼ねなく適性や志向の有る競技に打ち込めるには学校の部活動から加入強制性を排除する必要があると思う。
校外活動部を創設して部活動を事実上免除する中学や、美術部・社会科学部・総合文化部などへの名ばかり入部が許容される中学が微増傾向に有るようだが、中学入学前にある程度以上の実績を残したうえで親から入学する中学へ強く申し出なければ、そのような道は閉ざされてしまうものではないか?そもそも入学説明会などでそういうヤリ方があることが入学予定児童や保護者に説明されているか?学校の方針と生徒会則で全生徒が部活動に加入しなければならないって言いくるめてきた学校がほとんどでしょ、岩手県、特に一関市!

スポ庁の運動部ガイドラインを受けて岩手県が策定した指針で「校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒に配慮する取組を推進する」とされ、県教委は「全員加入制の見直しを促す」とまで議会答弁してもいる。文化庁が策定した文化部ガイドラインでは「部活動への参加を生徒に強いてはならない」と明示されてもいる。「文化部には入部しなくても良いが文化部に入部しないなら運動部への入部を強制する」とか言い出す輩が居そうだがそんな屁理屈を言わせていては磨かれない原石たちを埋めてしまいかねない、今までのように。

生徒会則で全員加入を規程させたのって、誰かの発案を何処かが広めてしまったからなんだと思う。県教委の関与も考えられるけど、県教委には記録も記憶も無いんだとサ。指針でも議会答弁でも踏み込みきれないのはそのためなんだろう。一関市なんか練習時間抑制と休養日拡大だけの部活動方針にしちゃって全員加入についてはゼロ検討・ゼロ対応だったし、全員加入に肯定的な考えの人に支配されている様子も覗える。この問題で積極的にイニシアチブが取れるのは岩手県中体連ぐらいではないだろうか。
岩手県中体連が「多くの生徒に運動部活動に参加しては欲しいが全生徒が部活動に加入することまでは求めてはいない、学習指導要領と岩手県の部活動指針に則って適切に運動部を推奨していただきたい。」と明言することでしか、腰が重いままでいる自治体教育長や各中学校長を転換させることはできないと思う。いかがですか、大林中体連会長先生&二階堂中体連事務局長先生!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2019年1月 8日 (火)

これで良いのか?岩手県一関市部活動方針最新見解…

12月に発表された岩手県一関市の31年度中学校部活動方針
合点がいかないことが多々有ったので一関市に投書したところ、
次のような回答をもらっていた。

 一関市教育委員会は、部活動(運動部、文化部)は、生徒にとって大切な成長の機会
であるという認識のもと、生活・学習とのバランスを図り適切な活動となることを目的
として、学校における部活動の在り方に関する方針を定めております。本方針は、スポ
ーツ庁、岩手県教育委員会と同様の趣旨としているものであり、1日の活動時間を原則
平日2時間程度、休業日は3時間程度として設定するとともに、平日週1日と日曜日を
部活動休養日として設定しております。各中学校長及び部顧問は、部活動と構成メンバ
ーが同一の父母会(育成会)練習についても本方針の目的にかなったものとなるよう、
部活動と父母会練習等を合わせて上記活動時間になるように協力を要請することとして
おります。なお、一関市教育委員会から一関市体育協会会長あてに、本方針の趣旨と内
容について市内各スポーツ少年団、各種競技団体へお知らせいただくことを依頼してお
り、この中に、中学生の場合は、中学校の部活動休養日にできるだけ合わせていただき
たいこと、活動時間についても終了が午後8時を超えないようにしていただきたいこと
を含めております。
発表された方針とほとんど同じことばかりなので、次のように追質問した。
①一関市体育協会を通して市内各スポーツ少年団、各種競技団体へ方針の趣旨と内容に
ついて知らせ、中学生の場合は中学校の部活動休養日にできるだけ合わせて休養させ、
活動時間についても終了が午後8時を超えないようにしていただくように要請するとの
ことですが、中学生対象のスポーツ少年団は中学校の部活動と父母会組織が同一で父母
会(育成会)活動がスポーツ少年団に登録しているだけのものです。休養日は同一になる
としても、平日2時間土曜祝日3時間という練習時間の制限がスポーツ少年団に登録し
ていれば、午後8時を超えなければ活動時間数が平日でも2時間以上に、土曜・祝日に
は3時間以上に及ぶこともやむを得ないというご判断なのでしょうか。

②岩手県の部活動指針には「校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒に配慮する取組
を推進する」という項目が有りますが一関市の部活動方針に該当する項目が有りません。
10月の県議会で「全員加入制の見直しを促す」とも県教委は答弁されています。具体的
な指示は受けていないのかもしれませんが、早晩、何らかの対応を求められることと思
われます。県指針の「配慮」や県教委議会答弁の「見直し」が実現されることを期待し
ている児童生徒もいるはずです。部活動に必ず所属させるかどうかは各学校長に委ねて
対応されているとしても、市の部活動方針に盛り込まなければ市立中学校各校とも従来
どおり全生徒を部活動に必ず所属させ続けてしまうものと思います。一関市としては県
の指針がどうであれ全員加入制を維持させたいというお考えなのでしょうか。
 回答はこうだった。
学校教育とは異なる団体での活動であることから、部活動と父母会練習等を合わせて、 原則平日2時間程度、休業日は3時間程度になるよう協力を要請することとしており ます。 (だったら、そう書こうよ、最初から…) 教育委員会としては、部活動に必ず加入させることとするかどうかは一律に定めるこ とではなく、各学校の方針や事情に基づき、学校ごとに判断するものと捉えておりま す。なお、市内では、生徒会規則等による中学校生徒の部活動への全員加入の状況に あることは把握しており、生徒の自主的・積極的な活動にみんなで取り組む意義はそ れなりにあると考えております。一方、今後、この件についても校長会と教育委員会 での意見交換を行っていく予定です。 (えっ!これから?じゃ、来年度なんて今までどおりか?トホホ…)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

他のアカウント

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック