« 一関の新中学生保護者さんたち、部活を強制されたくないなら入学説明会などて申し出よう! | トップページ | 全員加入制撤廃か岩手県部活動方針改定へ »

2019年2月 7日 (木)

通級指導の対象を広げ部活は任意に"急がれる対応/発達障害とクラス運営"

 通級指導を発達特性のレッテルを貼るのでは無く広い意味での学習支援に転換していく、周囲の目線を気にすること無く、また保護者に無用な懸念を抱かせない形で、通級指導の対象を広範化していく、そういうことで学習の躓きから救いあげられれば、クラス運営にも救いになるのではないかと考えています、全ての問題がクリアになるわけではないでしょうが…

 それから部活動も特性ゆえに苦しんでいる生徒やトラブルメーカーになってしまう生徒もいるようです。中学生になったら部活動に参加するのがアタリマエの風土の地域や文字どおり学校のルールで強制されるケースがまだまだ少なからず有るのですが、部活参加を強要強制しないことも発達特性を抱えた生徒たちには朗報になるだろうと思います。

通級指導の対象を広げ部活は任意に"急がれる対応/発達障害とクラス運営"

 どちらも広域的に一斉に実施することは通級指導の拡大は経費と人材が、後者は関係者の理解を得ることが、それぞれ問題となって困難なことでしょうから各市町村に一校ずつでもモデルケース校にし、学区外通学を受け入れることで「緩やかな学び」を希望する生徒たちが享受できるシステムをトライしてみて欲しいものです。

(リブログ元)https://ameblo.jp/mrhonda/entry-12437916173.html

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

« 一関の新中学生保護者さんたち、部活を強制されたくないなら入学説明会などて申し出よう! | トップページ | 全員加入制撤廃か岩手県部活動方針改定へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 一関の新中学生保護者さんたち、部活を強制されたくないなら入学説明会などて申し出よう! | トップページ | 全員加入制撤廃か岩手県部活動方針改定へ »

他のアカウント

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック