« 部活動ガイドラインが制定・改定されても全員加入制をやめられない市町村や各学校ばかりなのか岩手県 | トップページ | 高校全校部活動方針改定済は事実ではない!一関二高だけか、それとも… »

2020年5月25日 (月)

岩手県の教員採用試験に私見「熟考のうえチャレンジしてほしい」


中高の先生になろうとしている学生さんたちへ
生徒の部活加入強制性が一掃され、部活動指導員が大量投入されるか部活が地域移行されない限り、全員顧問制が続くものと思う。中学の部活に父母会練習や中学生スポ少が付帯するようになって何十年も経つが練習時間延長ツールでしかなくて皆さんが中学生だったときもそれらも含めてブカツだったと思う。部活動ガイドライン=部活動の在り方に関する方針で土日どちらかは休養日になったけど、皆さんが中学生だった頃、隔週日曜日が休養日だったのに毎週末土日とも練習試合だったように、父母会やスポ少がナンチャラスポーツクラブって言い張って公共の体育館やグラウンドに部員を招集して練習してるのもご存知のことと思う。部活動ガイドライン=在り方に関する方針で「参加を義務づけたり活動を強制しないよう留意すること」ってされたのに生徒の全員加入制をナカナカやめようとしない中学・高校が大半だ(今年の新入生から未入部を容認し始めた学校も少なからず有る模様だが…)。当面は部活動顧問を免れることは無いだろう。しかも、小学生のスポ少や中高大の部活でやってきた競技や吹部・音部を任されるとは限らない。運動部しかない学校も少なくないしメジャーな競技が揃っている学校なんてほとんど無い、音部が有る学校は珍しい存在だし、吹部が無い学校も少なくない。高校も吹部・音部どちらも維持できている学校ばかりではない。合唱連盟やNHKのコンクールに何十校も中学が参加してるがそのほとんどは運動部を引退した3年生中心の特設合唱部だ。母体になる常設の音楽部が有って、応援メンバーが加わるならともかく、全員掛け持ちの特設部を作らせてまで参加校を増やそうというヤリカタもどうかと思うところだ。
小中高大ずぅっとブラスやってきても運動部顧問、ずうっとコーラスやっててもブラスしかなければブラス顧問、それも無ければ運動部顧問で唱連コン・Nコンを前にした夏休み前後だけ特設合唱部「も」やらされる、メンバー集めの段階から任される、たまたまでも顧問をさせられてる運動部が東北大会や全中にコマを進めてしまっても両方やらなきゃない…
改革を進めようと活動されている先生方が少なからずおられるが、まだまだ、それらのことを覚悟していただかなければならない状況が続いている。今の状況があと何年で改善されるのか、正直言って分からない。皆さんが教壇を降りられる頃でもさほど変わらないでいるかもしれない。数年間我慢していれば変わってくれるだろうとは残念だが言えない。
未経験のスポーツでも運動部顧問を厭わないという気概が持てるのであれば採用試験にチャレンジしていただきたいが、そうでないならお薦めできかねる。熟考されたい。

« 部活動ガイドラインが制定・改定されても全員加入制をやめられない市町村や各学校ばかりなのか岩手県 | トップページ | 高校全校部活動方針改定済は事実ではない!一関二高だけか、それとも… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 部活動ガイドラインが制定・改定されても全員加入制をやめられない市町村や各学校ばかりなのか岩手県 | トップページ | 高校全校部活動方針改定済は事実ではない!一関二高だけか、それとも… »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック