2018年12月10日 (月)

やっぱり合点がいかないゾ!岩手県一関市の中学校部活動方針

先週、一関市のケーブルテレビや地域ローカル新聞で報道された一関市の来年度部活動方針、生徒を通じて保護者に配布されたブリントが届いた、オイラは現役中学生の保護者で一介のモンペである。学校の発出日から一週間かかって手元に届くのは不出来な息子が悪いのだが、とにかく合点がいかない内容のオンパレードだ。
スポーツ庁が策定した「運動部活動の総合的ガイドライン」とそれを受けて岩手県教委が策定した「部活動の在り方に関する指針」を踏まえて定めたものだと説明されてはいるが、スポ庁のガイドラインはともかく岩手県の部活動指針の肝は休養日と練習時間ではない部分、そこを一切紹介していない。不都合な真実を保護者に見せないようにしているとしか思えない。
●部活動休養日はスポ庁ガイドライン・岩手県版指針では毎週土日どちらかと平日1日だったが週末は日曜日に固定して「毎週日曜日と平日1日」で休養日に大会参加等した場合は直近の祝日や土曜日を休養日にする
●練習時間制限はスポ庁ガイドライン・岩手県版指針と同様に「平日2時間&休日3時間」
ココまではまあ良い、問題なのは次から
岩手県版部活動指針では休養日の設定と練習時間制限に父母会スポ少など部活動を補完する活動を含めるとされたのに…
●部活動と構成メンバーが同一の父母会(育成会)練習についても、同様の扱いとなるよう、校長が協力を要請する
父母会・育成会に「同様の扱い」を要請するっていうだけなら
①日曜日は休んでくださいってことだろうけど、平日の休みは必ずしも本体の部活動と同一曜日にしなくても良いってことにならない?
②練習時間も部活と同様にということならば部活をやったほかに平日なら2時間まで、土曜や祝日なら3時間まで、練習して良いですよってことにならない?
●自校生徒が参加するスポーツ少年団等と連携を図り、生徒にとって適切な活動時間となるよう理解を図る
●市教委はスポーツ少年団等学校外の活動が平日20時を超えないよう、体育協会を通じてスポーツ少年団体に協力を要請する
中学生のスポ少って、それら父母会や育成会がスポ少登録して市から助成金もらってるだけの違いなんだけど、スポ少登録してたら平日20時までだったら何時間練習しても良いの?スポ少登録してたら休養日も父母会・育成会の判断に任せるの?
そして、岩手県版指針の「校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒へ配慮する取組を推進する」や10月に県議会で県教委が答弁した「全員加入制の見直しを促す」に対してはゼロ回答なの?
昨年から今年にかけて、部活動指導員制度化時の文科省パプコメ回答(平成29年)、スポーツ庁運動部ガイドラインFAQ(平成30年)、そして文化庁文化部ガイドライン(同)そのもので、学習指導要領の「生徒が自主的自発的に参加する部活動」という文言に照らして生徒全員強制加入は許容されないことが明示されているのだから全員加入制をやめて部活動未加入を許容するしかないと思われるのだがいかがだろうか?各学校とも60年あまり前から生徒たちの自主的自発的総意であるかのように生徒会則で全員加入にさせられてるので体裁上は生徒会を善導してということになるのだろうけど…

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年12月 8日 (土)

部活全員加入エリア南予地域の在る愛媛県のスポーツ推進計画で

公立中学校の部活動が強制加入になってる南予地域を抱えた愛媛県のホームページでこんなものを発見…これじゃあ、市町村や学校で強制し放題になっちゃう。強制しておきたいのが教育関係者のホンネなのか、それとも誰かへの忖度なのか。岩手県もそうなんだよなぁ、一関市の教育長先生、12/2㈰に開催された内田良准教授がメインスピーカーの講演会で「県から全員加入の見直しを求められても必ずしも従わなければならないことではない、全員加入はやめない!」って宣言しちゃったし、翌12/3㈪に発表された一関市来年度部活動方針なるもので練習時間抑制や休養日拡大は示されていたけど加入の問題に関しては一切触れてもいないし…
意見:主に南予の公立中で常態化している運動部への半強制加入圧力は、スポーツで人々を愛顔にする目標とは真逆のものであり、「どんな理由があろうとも、本人の意に沿わないスポーツの強制は固く禁じます。」と入れ、中学生の人権を守る一助とすべき。
県見解:部活動は、学校教育の一環として、各市町、各学校の実態に応じ、生徒の主体性や活動意欲を引き出す取組みなど、適切に実施されているものと考えております。
 したがいまして、御提案の内容の追加は考えておりませんので御理解ください。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ

にほんブログ村

2018年12月 5日 (水)

コレでは何も変わらない!一関市の部活動方針…

一関市の来年度部活動方針が発表され、12/4㈫付岩手日日新聞のトップ記事になっていた。12/3㈪CATVのニュースでも報じられていたが、
父母会には同様の対応を、スポ少には協力を求めるってことはさぁ、
日曜は休みになっても…
  • 平日:部活2H+父母会2H+スポ少2H=6Hできて
  • 土祝:部活3H+父母会3H+スポ少3H=9Hやれて
平日は部活と父母会とスポ少が別々の曜日に休むなんてこともアリなの?
 岩手県の部活動指針は父母会やスポ少の練習も含めて平日2時間・休日3時間に制限し平日1日と土日どちらかを毎週休むというものだったはず。
 土日どちらかというのを日曜日に固定したのはわかりやすいルールにするとともに週明けの学習のために疲れを残さない工夫だとは思うが、練習時間や平日の休養日を部活と父母会スポ少とで別立てにされかねないのはマズイのではないかと思う。
 新しいガイドラインの始まりとともに父母会やスポ少でガイドライン逃れを始めた学校が全国アチコチから聞こえている。岩手県は21年前のガイドラインを父母会やスポ少を全中学校に広めたことでかわしてしまった「ガイドライン逃れのトップランナー」でもある。現状を追認し続けていては一関市だけが「ガイドライン逃れのトップランナー」になってしまうのではないだろうか…
 また、岩手県部活動指針で「校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒に配慮する取組を推進する」とされたことについては何らの対応も無いようだ。一関市に長らく活動していて大谷翔平選手も活躍していた一関リトルシニアは解団してしまったが市外のリトルシニアチームやボーイズチームに所属している生徒も少なくないし、スイミングクラブを選手コースで続けている生徒、競技スキーやフェンシングで国際大会に出場している生徒もいるではないか。トップアスリート育成事業で助成しているのもそういった生徒たちではないのか。殊更、市の方針で謳わなくとも各学校で部活動に在籍させながらも適切に配慮はされていると校長先生たちは教育長先生に忖度しておっしゃっているのかもしれないが、それでは、入学前にある程度以上の実績を残して将来性を自ら示さなければそういう道は閉ざされているんじゃないだろうか。盛岡周辺や奥州市などで「校外活動部」という彼らに籍を置かせるためだけで活動は何もしない部を設置している学校が数校有り、微増傾向でもあるようだ。せめて同様の対応を打ち出すべきなのではないのだろうか。
 12/2㈰に開催された粟野顕彰会教育講座で内田良名古屋大大学院准教授が講演され、冒頭で全員加入校率100%の岩手県は研究者の間で「部活動の聖地」と呼ばれていると紹介されたのだが、講演後の質疑応答の中で小菅教育長先生は内田准教授の前で「県教委の意向に必ずしも従わなければならないということありません。一関市内の中学校では部活動は短時間でもあり、全員加入をやめる考えはない」と断言された。岩手県教委は10月の県議会で「全員加入制についても見直しを促す」と答弁しており、今後何らかの対応を各市町村教委を通して各中学校に求められるものと思うが、小菅教育長先生は突っぱねるおつもりなのだろう。中学生になったら部活も父母会練習・スポ少活動もやんねぇばねぇんだべと信じ込んでいる市民は多いだろうけど、先述した校外のスポーツ活動等をしている生徒に限らず、部活動の強制を望んでいない生徒も保護者も少なくないはずだし、そういう人たちほどスポーツ庁が制定したガイドラインや岩手県版指針、県議会答弁など近年の動向をキャッチしていて、それらのベクトルどおり改善されることを期待しているものと思う。中学生に部活は必須とすべきだという小菅教育長先生の教育観・ご信念によるものかもしれないし、某団体の事務局長先生からの先輩命令で中学生が部活動に全員参加する状態を維持しなければならないのかもしれないが、もうそろそろ部活動から加入強制性を排除しないと一関市だけが「全員加入制のメッカ」になりはしないだろうか
 それに、ILCを誘致して国内外から国際的な研究者・技術者を家族ごと招こうとしているんでしょ、ただでさえJAPANのBUKATSUはCRAZYだと言われているのに、それを強制されるんじゃ家族どころかダディやマミィの研究者・技術者は一関に来ねぇべよ!

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年12月 4日 (火)

全員加入をどうしても続けたいらしい一関市の中学部活…トホホ

平成29年実施 文科省パブコメ
意見:生徒に対して入部する入部しないの選択を自主的にさせる権利を保障させるべきである
回答:部活動は学校教育の一環ではありますが生徒の自主的自発的な参加により行われるものです

平成30年6月策定 岩手県版部活動ガイドライン
校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒に配慮する取組を推進する

平成30年6月ホームページ掲載 スポーツ庁部活動ガイドラインFAQ
Q部活動は生徒全員が参加しないといけないのですか
A中学校・高等学校の学習指導要領の総則においては部活動は「生徒の自主的自発的な参加により行われる」とあるように、同好の生徒の自主的自発的な参加により行われるものです。こうした学習指導要領の趣旨を踏まえ、各学校においては生徒の自主性を尊重し、部活動の参加を強いることがないよう、留意しなければなりません。

平成30年10月 岩手県教委県議会答弁
全員加入の在り方についても見直しを促す

平成30年12月 一関市教育長発言@内田良名古屋大准教授講演会
県教委の意向に全て従わなければならないわけではない
当市の部活は短時間なので全員加入はやめない

全員に強制する活動時間として放課後2時間&休日3時間というのは短時間なんでしょうか?皆さん!
それに文科省やスポ庁の考え方は時間の長短よりも部活のそもそも論、市町村教育行政の自治裁量で覆せるものなのか?

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

2018年11月27日 (火)

岩手県は全員加入制のメッカだけでなくガイドライン逃れのトップランナー

 生徒が自主的自発的に参加するモノであるはずの部活動なのに全生徒に入部を強制している学校が有ることですらオカシイ、それが岩手県をはじめとする数県では県全体に及んでいて岩手県はいつしか「全員加入制のメッカ」と呼ばれることが多くなってきた。呼び始めたのはオイラだったかもしれないが…。

スポーツ庁が運動部活動ガイドラインを策定して8ヶ月
都道府県版・市町村版が順次策定され学校現場でも施行されはじめている
そんな中、
・顧問がクラブチームをでっち上げて部活の休養日なのに練習している日がある
・父母会による自主練ということで体育館やグランドを借りて練習しはじめた
みたいな話が、アチコチから聞こえてくる。
 このヤリカタって、もともと全国アチコチで公然とやっていて、よく知られたガイドライン逃れの手法なのだろう。
 オイラは52才のオジサンだ。中学生だったのは40年前だ。近隣校にはそういうものが有ったようだが自分が通った公立中学の部活動にはこういうものは無かった。岩手県全体でもそれほど多くしなかったのではないかと思う。
 ところが、我が子が中学生にさしかかろうかという三十数年たって周囲を見渡してみるとほとんど全ての中学校でこういうものが存在するようになっていた。周辺校だけでなく岩手県内全中学校全運動部に及んでいるらしい。部活動のガイドラインというのは21年前にも策定されている。この21年前のガイドラインをかいくぐって練習量を維持するために未導入だった学校でも設立したのだとは思うが、ほとんど全校全運動部に及ぶということは、推進した組織・リードした組織が有ったのではないかと思える。昔からこういうことをやっていた学校が少なからず有ったというのはまだカワイイ話だが県内全域に広まって21年前のガイドラインをかいくぐった岩手県は「ガイドライン逃れのトップランナー」であるかのような存在だ。
 岩手県でも部活動ガイドラインが刷新され、今までガイドライン逃れツールとして機能してきた部活父母会練習や中学生スポ少まで練習時間制限・休養日拡大の対象に含めることとした。さらに校外のスポーツ活動・文化活動に取り組んでいる生徒に配慮することも求めたことは全員加入制を頑なな強制から緩やかな強制に変えていこうというもので半歩前進では有っただろう。そして、ガイドラインとは別に岩手県教委が全員加入制の見直すことを各学校に求めると県議会で答弁もしている。県としては全員加入制のメッカ・ガイドライン逃れのトップランナーから脱却しようという意向なのだろう。
 父母会スポ少の活動まで練習時間制限・休養日拡大の対象にしたことは熱心な保護者や外部指導者から大反発を受けるだろうし、全員加入制を緩め任意加入化することには市町村教育長さえ抵抗し現場校長をはじめ反発する先生方も多かろうと思うが、岩手県でどういう経緯があったにせよ部活動はその加入の在り方も含めて本来の姿に立ち返り、時代の要請にも鑑みて、この部活動ガイドラインを地域と学校に根付かせていただきたいと切に願うところだ。
ということで、先生方も保護者さんたちも聴きに行こうよ、コレ!
Photo

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年11月20日 (火)

今年の「粟野顕彰会教育講座」実は内田良准教授講演会

私が住んでる一関市って、旧制一高・旧制二高で教壇に立たれた粟野健次郎先生という方の出身地ということで、この方の偉業を顕彰している団体がある

その団体が年次教育講座を開催していて、今年は12月2日に予定されている

講師にブラック部活動などの著者内田良名古屋大大学院准教授を招いていて学校部活動を主要なテーマにするんだけど、話題になってないというか、あえて積極的には周知していないみたいな感じもする

地元のケーブルテレビで告知され始めてるけど、講師が誰なのか紹介無し

内田先生の講演だなんて知られたら、誰も来ないと思われてるんだろうか?

お集まりになるであろう一関市の教育長や各中学校の校長先生たち、OB校長さんたちは内田准教授に「不都合な真実」を突きつけられるだけだろうし、もしかして教育長先生から積極的周知を止められていたりして…

●「粟野顕彰会教育講座」 主催:粟野健次郎顕彰会

 日時:12/2(日)9:30~12:30

 会場:一関文化センター

 入場無料 誰でも聴講できます

 講演:名古屋大学大学院 内田良准教授

 テーマ「部活動の魅力と魔力」

 内田准教授談~ガッツリ部活動に特化してお話をします!

ということで、岩手県と一関市の部活動にある「不都合な真実」を著名な大学の先生(しかも金髪の若造…)に指摘される教育長先生と各中学校長と退職校長の皆さんが苦虫をかみつぶしたような表情になるのを拝見してきまっせ~

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

2018年10月15日 (月)

岩手県議会で答弁された部活動加入の在り方見直しは校外活動部&特例的加入免除止まりなのか…

 岩手県議会で中学部活について加入の在り方や部活動ガイドラインの市町村・学校での取り組まれ方が質疑され、10/11㈭の岩手日報では強制全員加入が改められつつあり県としても見直しを促進していく姿勢であるかのように報じている。実際の質疑の模様が岩手県ホームページで動画配信されており、どのようなニュアンスで語られたのか、記事になっていない答弁内容に関連するものがないか拝見してみた。
 県教委の答弁によると、昨年度の県内調査で生徒が部活動に加入しないことを容認している中学は8校、加入の在り方を検討している中学が47校有るのだという。「部活動未加入容認」というのは「任意加入」ということではなく、校外のスポーツ・文化活動に取り組んでいる生徒であれば未加入を容認しているということではないだろうか?しかも8校に過ぎないということは、盛岡周辺に数校有ると言われている「校外活動部」という彼らに籍を置かせて何も活動しない部を立ちあげている中学がそのほとんどと思われる。県教委答弁のニュアンスからも部活動加入の在り方が再考されていくとしても校外活動部か特例的免除で止まるような気がしてならない。
 結局、トップアスリートの育成・輩出や青少年が多様な活動をすることを許容すべきだという時代の要請に応えようということでしかないのではないか?校外活動部の設置や特例的な加入免除というのはガチガチの全員加入よりは半歩前進では有り、校外での活動で活躍や将来性が期待される生徒たちや彼らの保護者・指導者にとってはありがたいものだろう。だがそれては、どこまでも中高生の放課後や休日はスポーツを中心としたなにがしかの活動に取り組ませることが前提の考え方である。そういう考え方が戦後の岩手県中学校教育の中心的考え方で、県民の多くはその環境下で部活動に必ず入るモノだと洗脳されてきているのだが、文科省学習指導要領に照らせば校外活動の有無に関わらず部活動の加入は任意であるべきもの(文科省やスポ庁のホームページにはそのような見解が見て取れる、前回記事でも紹介しているところ…)で、昨年の文科省全国調査でも部活動強制全員加入の中学は3割程度にまで減っている。
 子育て世帯の多くは中学生になったら運動部に入って、部活には父母会練習というものもあって、部活動としては練習時間の制限や休養日が有っても毎晩遅くまで練習して土日は練習試合や大会参加の連続になると認識しており、子どもに校外のスポーツ活動や文化活動をさせている家庭では部活動や父母会活動をどうにかできないかと苦慮しているだろうし、そういう家庭が増えてきているとは思われる。そこで「校外のスポーツ・文化活動に取り組んでいる生徒への配慮」も求められているのであろうが、様々な事由で転入してくる方々もおられるのでそういった認識を持つ家庭ばかりではないし、相対的貧困など家庭状況によっては部活動だけであっても参加が困難で、さらに父母会練習や中学生スポ少という「余計な活動」まで事実上強いられるのではたまったものではなかろう。
 部活動以外にやりたいことがあるのならそれを許そうというだけでなく、部活動にとらわれずに義務教育や高校教育での学びを深めたいとか、部活動が困難な家庭の状況であるならば生活を維持しながら就学と修了を目指すことを優先したいとか、そういうことが許容されてほしいものだ。
 スポ庁のガイドラインが策定されたのは今年3月だったので、部活は全員加入のままだろうけど平日2時間・休日3時間で土日どちらかと平日は休みだろうと思って入学した中学一年生家庭もあるだろうと思うが、それすらスタートしないままの新年度であった。県版指針が6月に打ち出されたので、2学期からはそうなるのだろう、部活と父母会練習やスポ少とでの無休日長時間練習もスポ庁ガイドラインどおりになるんだろうと期待した中学生もいることと思うが、何も変わらないまま新人戦前の部活動延長までされる始末だった。この県議会質疑や新聞報道で各学校での実施は来年度になるということが明々白々になったのだが今度こそ彼らと現在の小学6年生たちの期待を裏切らないことを願ってやまない。
 県教委や県版ガイドラインの策定に関わった教育関係機関の想定は校外活動部や特例的加入免除程度なのかもしれないが、岩手日報で報じられた記事の文面から全員加入制が無くなって中学の部活は任意加入化されると受け止めた岩手県民がほとんどだと思われる。県教委よりも市町村教委しかも教育長に望みたい。特にも頑なに全員加入を守ろうとしている一関市教委小菅教育長!父母会スポ少を含めた練習時間制限と休養日拡大はもちろんであるが、学習指導要領違反の全員加入制を撤廃して校外活動部や特例的加入免除ではなく完全に任意加入化することを強く望むものである。
自動代替テキストはありません。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年10月13日 (土)

岩手県版部活動ガイドラインの「校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒に配慮する」は全員加入制の撤廃で!

 文科省やスポ庁のホームページを見ると生徒全員に部活動加入を強制することは学習指導要領に照らしてアリエナイという見解が示されている。(学習指導要領違反じゃおまへんか?)
 岩手県版部活動ガイドラインで謳われた「校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒に配慮する」は校外活動部を作ったり特例的に免除するのではなく各学校生徒会則の部活動全員加入規程を撤廃させることで実行すべきだろう。

 少子化の進行で各学校で多様な部活を維持できなくなっている。加入を任意化したらますます…ではある。そこで…

・一般的な競技種目・文化活動の部活は組成単位を複数校合同化して維持し小規模校の生徒にも多様な選択肢を。(先行事例:神戸市の拠点校方式)

・政策的に特定の活動を振興させたいのであれば市町村単位の地域部活で立ちあげたり維持したり。  (先行事例:静岡県磐田市:陸上&ラグビー、掛川市:合唱・声楽&演劇)

 そして、ほとんどの中学の運動部と一部吹奏楽部に父母会練習・中学生スポ少が連動して組織され部活動を補完するだけでなく部活動を主導している側面も。部活動が移行される担い手にこれほどふさわしい組織はないのでは?岩手県が手を挙げて文科省・スポ庁・文化庁と制度設計に取りかかって欲しい。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト画像に含まれている可能性があるもの:テキスト画像に含まれている可能性があるもの:テキスト画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
(くらし☆まちフォーラムいわて2018プレゼンより…完)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年10月12日 (金)

周知は?実行は?岩手県版部活動ガイドライン

・スポーツ庁(平成30年3月策定)
 ①平日2時間・休日3時間
 ②土日どちらかと平日1日は休養日
 ③将来的な地域移行

・岩手県版(平成30年6月策定)
 報道はスポ庁と同じだった。
 今まで通り父母会やスポ少で延長練習・夜間練習・休日練習をするから
 事実上は何も変わらないと思ったでしょ、岩手ケンミン…
 でも、実は…
 ①部活動を補完する活動(父母会練習・中学生スポ少)
  も含めた時間制限・休養日拡大
  ということは…
  部活と延長と夜間との合計で2時間しかできないし
  土日も土曜日は部活で日曜日は父母会みたいなことも×
  知られ始めたら大騒ぎになりません?コレ… 
 ②校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒に配慮する取組を推進
  コレの具体策が書かれていないけど
  クラブチームやってる生徒だけ在籍させて何もしない部「校外活動部」を広めるらしい

かれこれ4ヶ月経つけど実施している学校の話は聞こえてこない
市町村教委で困っちゃってるんじゃない?
①はもちろんのこと②も先生方・生徒・保護者から反発されるのが必至だもんなぁ…
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
(くらし☆まちフォーラムいわて2018プレゼンより)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年10月11日 (木)

全員加入制を撤廃すべき…岩手県の中学部活

学校として強制しているのは部活動だけだとしても父母会練習・中学生スポ少なども一体のもので無休日長時間練習。生徒や家庭の負担(実働面も経済面も)を考えてほしい…

学校部活で多様化している生徒のニーズを全て機会提供するのは不可能、小学生時代から校外の活動で将来を期待されても、本人がやりたいスポーツや文化活動が有っても、部活が強制されてしまえば断念してしまう、まして父母会練習・中学生スポ少で無休日長時間練習と毎週のように有る練習試合・大会参加で両立していくのは至難の業…

東北で相次いだ列車飛び込み自殺、青森の葛西りまさん、矢巾町の村松亮君、山形県天童の当時1年生女生徒…3人とも部活動が起因したり助長したりしたイジメの犠牲者、望んで入部した部活だったのかどうか、全員加入制で消極的選択ではなかったのか…
葛西りまさんが舞踊活動に専念できていたらあんなことにはならなかったのかもしれない…

発達特性が社会的に認知されてきている、その中にはDCD(発達性協調運動障害)も…
スポーツ・楽器演奏・絵画・彫塑・工芸を強いても絶望感・劣等感を助長するだけではないのか…
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
(くらし☆まちフォーラムいわて2018プレゼンより)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

他のアカウント

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック