2018年10月15日 (月)

岩手県議会で答弁された部活動加入の在り方見直しは校外活動部&特例的加入免除止まりなのか…

 岩手県議会で中学部活について加入の在り方や部活動ガイドラインの市町村・学校での取り組まれ方が質疑され、10/11㈭の岩手日報では強制全員加入が改められつつあり県としても見直しを促進していく姿勢であるかのように報じている。実際の質疑の模様が岩手県ホームページで動画配信されており、どのようなニュアンスで語られたのか、記事になっていない答弁内容に関連するものがないか拝見してみた。
 県教委の答弁によると、昨年度の県内調査で生徒が部活動に加入しないことを容認している中学は8校、加入の在り方を検討している中学が47校有るという。「部活動未加入容認」というのは「任意加入」ということではなく、校外のスポーツ・文化活動に取り組んでいる生徒であれば未加入を容認しているということに止まっているのではないだろうか?しかも8校に過ぎないということは、盛岡周辺に数校有ると言われている「校外活動部」という彼らに籍を置かせて何も活動しない部を立ちあげている中学を含んだ校数ではないのだろうか。県教委答弁のニュアンスからは部活動加入の在り方が再考されていくとしても校外活動部か特例的免除で止まるような気がしてならない。
 結局、トップアスリートの育成・輩出や青少年が多様な活動をすることを許容すべきだという時代の要請に応えようということでしかないのではないか?校外活動部の設置や特例的な加入免除というのはガチガチの全員加入よりは半歩前進では有り、校外での活動で活躍や将来性が期待される生徒たちや彼らの保護者・指導者にとってはありがたいものだろう。だがそれては、どこまでも中高生の放課後や休日はスポーツを中心としたなにがしかの活動に取り組ませることが前提の考え方である。そういう考え方が戦後の岩手県中学校教育の中心的考え方で、県民の多くはその環境下で部活動に必ず入るモノだと洗脳されてきているのだが、文科省学習指導要領に照らせば校外活動の有無に関わらず部活動の加入は任意であるべきもの(文科省やスポ庁のホームページにはそのような見解が見て取れる、前回記事でも紹介しているところ…)で、昨年の文科省全国調査でも部活動強制全員加入の中学は3割程度にまで減っている。
 子育て世帯の多くは中学生になったら運動部に入って、部活には父母会練習というものもあって、部活動としては練習時間の制限や休養日が有っても毎晩遅くまで練習して土日は練習試合や大会参加の連続になると認識しており、子どもに校外のスポーツ活動や文化活動をさせている家庭では部活動や父母会活動をどうにかできないかと苦慮しているだろうし、そういう家庭が増えてきているとは思われる。そこで「校外のスポーツ・文化活動に取り組んでいる生徒への配慮」も求められているのであろうが、様々な事由で転入してくる方々もおられるのでそういった認識を持つ家庭ばかりではないし、相対的貧困など家庭状況によっては部活動だけであっても参加が困難な生徒もいる。
 部活動以外にやりたいことがあるのならそれを許そうというだけでなく、部活動にとらわれずに義務教育や高校教育での学びを深めたいとか、部活動が困難な家庭の状況であるならば生活を維持しながら就学と修了を目指したいとか、そういうことが許容されてほしいものだ。
 スポ庁のガイドラインが策定されたのは今年3月だったので、部活は全員加入のままだろうけど平日2時間・休日3時間で土日どちらかと平日は休みだろうと思って入学した中学一年生家庭もあるだろうと思うが、それすらスタートしないままの新年度であった。県版指針が6月に打ち出されたので、2学期からはそうなるのだろう、部活と父母会練習やスポ少とでの無休日長時間練習もスポ庁ガイドラインどおりになるんだろうと期待した中学生もいることと思うが、何も変わらないまま新人戦前の部活動延長までされる始末だった。この県議会質疑や新聞報道で各学校での実施は来年度になるということが明々白々になったのだが今度こそ彼らと現在の小学6年生たちの期待を裏切らないことを願ってやまない。
 県教委や県版ガイドラインの策定に関わった教育関係機関の想定は校外活動部や特例的加入免除程度なのかもしれないが、報道された文面からは全員加入制が撤廃されると受け止める県民がほとんどだと思われる。県教委よりも市町村教委しかも教育長に望みたい。特にも頑なに全員加入を守ろうとしている一関市教委小菅教育長殿!父母会スポ少を含めた練習時間制限と休養日拡大はもちろんであるが、学習指導要領違反の全員加入制を撤廃して校外活動部や特例的加入免除ではなく完全に任意加入化することを強く望むものである。
自動代替テキストはありません。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年10月13日 (土)

岩手県版部活動ガイドラインの「校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒に配慮する」は全員加入制の撤廃で!

 文科省やスポ庁のホームページを見ると生徒全員に部活動加入を強制することは学習指導要領に照らしてアリエナイという見解が示されている。(学習指導要領違反じゃおまへんか?)
 岩手県版部活動ガイドラインで謳われた「校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒に配慮する」は校外活動部を作ったり特例的に免除するのではなく各学校生徒会則の部活動全員加入規程を撤廃させることで実行すべきだろう。

 少子化の進行で各学校で多様な部活を維持できなくなっている。加入を任意化したらますます…ではある。そこで…

・一般的な競技種目・文化活動の部活は組成単位を複数校合同化して維持し小規模校の生徒にも多様な選択肢を。(先行事例:神戸市の拠点校方式)

・政策的に特定の活動を振興させたいのであれば市町村単位の地域部活で立ちあげたり維持したり。  (先行事例:静岡県磐田市:陸上&ラグビー、掛川市:合唱・声楽&演劇)

 そして、ほとんどの中学の運動部と一部吹奏楽部に父母会練習・中学生スポ少が連動して組織され部活動を補完するだけでなく部活動を主導している側面も。部活動が移行される担い手にこれほどふさわしい組織はないのでは?岩手県が手を挙げて文科省・スポ庁・文化庁と制度設計に取りかかって欲しい。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト画像に含まれている可能性があるもの:テキスト画像に含まれている可能性があるもの:テキスト画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
(くらし☆まちフォーラムいわて2018プレゼンより…完)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年10月12日 (金)

周知は?実行は?岩手県版部活動ガイドライン

・スポーツ庁(平成30年3月策定)
 ①平日2時間・休日3時間
 ②土日どちらかと平日1日は休養日
 ③将来的な地域移行

・岩手県版(平成30年6月策定)
 報道はスポ庁と同じだった。今まで通り父母会やスポ少で延長練習・夜間練習・休日練習をするから事実上は何も変わらないと思ったでしょ、 岩手ケンミン…
 でも、実は…
 ①部活動を補完する活動(父母会練習・中学生スポ少)
  も含めた時間制限・休養日拡大
  ということは…
  部活と延長と夜間との合計で2時間しかできないし
  土日も土曜日は部活で日曜日は父母会みたいなことも×
  知られ始めたら大騒ぎになりません?コレ… 
 ②校外のスポーツ・文化活動に取り組む生徒に配慮する取組を推進
  コレの具体策が書かれていないけど
  クラブチームやってる生徒だけ在籍させて何もしない部「校外活動部」を広めるらしい

かれこれ4ヶ月経つけど実施している学校の話は聞こえてこない
市町村教委で困っちゃってるんじゃない?
①はもちろんのこと②も先生方・生徒・保護者から反発されるのが必至だもんなぁ…
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
(くらし☆まちフォーラムいわて2018プレゼンより)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年10月11日 (木)

全員加入制を撤廃すべき…岩手県の中学部活

学校として強制しているのは部活動だけだとしても父母会練習・中学生スポ少なども一体のもので無休日長時間練習。生徒や家庭の負担(実働面も経済面も)を考えてほしい…

学校部活で多様化している生徒のニーズを全て機会提供するのは不可能、小学生時代から校外の活動で将来を期待されても、本人がやりたいスポーツや文化活動が有っても、部活が強制されてしまえば断念してしまう、まして父母会練習・中学生スポ少で無休日長時間練習と毎週のように有る練習試合・大会参加で両立していくのは至難の業…

東北で相次いだ列車飛び込み自殺、青森の葛西りまさん、矢巾町の村松亮君、山形県天童の当時1年生女生徒…3人とも部活動が起因したり助長したりしたイジメの犠牲者、望んで入部した部活だったのかどうか、全員加入制で消極的選択ではなかったのか…
葛西りまさんが舞踊活動に専念できていたらあんなことにはならなかったのかもしれない…

発達特性が社会的に認知されてきている、その中にはDCD(発達性協調運動障害)も…
スポーツ・楽器演奏・絵画・彫塑・工芸を強いても絶望感・劣等感を助長するだけではないのか…
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
(くらし☆まちフォーラムいわて2018プレゼンより)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年10月10日 (水)

ニーズは多様化・生徒は少子化…岩手県の部活動

リトルシニア・ボーイズ・クラブサッカー・ラグビーなどを志向する小中学生は岩手県でも増えている

小学生までに各種武道やフェンシング・競技スキー・ゴルフ・ダンスなどと出会い、期待される青少年たちも存在。

中学生になると求められる「部活との両立」断念させていないだろうか?

体操部だった岩渕麗楽選手~部活加入を強いられ、お父さんの思いつき
「体操部だったらスノボに活かせるかも…」
本人談「空中回転の恐怖心がもともと無くて楽だったカナ」
~体操競技がスノボに活かせたワケではない

校外活動部だった伊藤ふたば選手~入学した中学で一人だけ…事実上の特例免除

校外活動部は県央部に多いが県央部全校の対応では無い、部活の免除は複数の地域で散見される。こういう対応が有ることも広くは知られていないのが岩手県
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
(くらし☆まちフォーラムいわて2018プレゼンより)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年10月 8日 (月)

実働負担が厳しい保護者も…岩手県の中学部活

部活が強制されるだけならともかく
父母会練習やスポ少活動まで事実上強制されてしまう風潮
・練習試合は保護者に接待されるのが当然?
 相手チームの顧問やコーチに食事提供やお茶出しetc
・現地集合現地解散がアタリマエということも
 2時間かかろうが3時間かかろうが他県だろうが…
部活やスポ少で実働負担が厳しい保護者も…
・保護者の職業は千差万別、Wワークの人も…
 ㈪~㈮&9時~5時の人ばかりでは無い…
・幼少児や要介護高齢者がいても…
・練習・練習試合・大会…
 必ずしも付き添えない、手伝えない~保護者間トラブルに
岩手県の中学部活はこのままで良いのだろうか?
(くらし☆まちフォーラムいわて2018プレゼンより)
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
他のリ(くらし☆まちフォーラムいわて2018プレゼンより)アクション

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年10月 6日 (土)

父母会練習・中学生スポ少は本来的な地域連携なのか?

今年3月にスポーツ庁が策定した運動部ガイドラインだけでなく近年の学習指導要領や部活動に関連する文科省通達などで地域のスポーツ団体・文化団体と連携した部活動運営・部活動指導というフレーズが繰り返されている。先生方の負担軽減と専門的指導を企図して指導者の派遣を受けたり練習の全般なり一部なりを委ねたりということがイメージされているものであろうと思う。ところが岩手県で具体化しているのは部活動と表裏一体の組織を作り、練習時間の抑制や休養日の有名無実化であったりする。このやり方は岩手県に限らず以前から他県でも同一事例が有る。今年のガイドラインを逃れるために新たに取り入れた学校の話が全国のアチコチから聞こえてきてもいます。建前はともかく内実はどう考えても部活動そのもの。コレを地域連携のモデルにしてはダメだ~っ!
・部活の単純延長だけでなく夜間練習も、練習場所を求め市営体育館や市営グランドへ
・土日は練習試合や大会参加、休養日は?
     土日の大会や練習試合は部活?スポ少?
         参加大会や練習試合を決めてるのは誰?
・顧問教員はどこまで関わるべきか?
     終了時間の逸脱・不測の事態を心配して…
         外部コーチや保護者に言われるままに…
19時まで父母会+21時まで協会練習のような新手も…
学校施設(体育館や校庭)解放で19時までは父母会19時からは同一競技の社会人チームに使用させるケース(体育協会から招請する指導者が同一人だからとの配慮?)で中学生を社会人チームの練習にも参加させる事例が見られ始めている岩手県。毎日ではないだろうけど放課後から連続して21時台まで学校にいるようなことはどうなの!
自動代替テキストはありません。

(わたし☆まちフォーラムinいわて2018プレゼンより)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

2018年10月 5日 (金)

部活が強制・父母会スポ少も半強制そして求められる親の実働負担

ほとんどの中学のほとんどの運動部、そして一部の吹奏楽部に父母会練習・中学生スポ少というスキームが連動している岩手県、
学校として強制しているのは部活だけだとは言われるけど保護者間・生徒間で同調圧力は無いの?顧問の先生はともかく外部指導者はどうなの?
顧問の先生が保護者や外部指導者に言われるままに父母会・スポ少にまで顔を出していたりということも。
運動部しか無い学校、文化部が有っても吹部だけでしかも女生徒の城と化している学校も。
運動部に入らざるえず父母会練習まで事実上強制されて保護者の実働負担まで強いられるのだとしたら…
吹奏楽部でも父母会練習が…(続く)
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

(わたし☆まちフォーラムinいわて2018プレゼンより)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年10月 4日 (木)

生徒会則で部活全員加入って発案したのダレ?広めたのドコ?

どうして
「岩手県の中学校は生徒全員に部活動加入を強いるのか」
誰に聞いてもドコに聞いても「県や市町村の教育委員会が指示したものではない」とか「強制するかどうかを各学校長に委ねられている」という納得のいかないことぐらいしか教えてもらえない。

岩手県中学校教育五十年史なる書籍によれば…
学習指導要領は中学生のクラブ活動が昭和44年改定で必修クラブと部活動との二本立てになる以前は「クラブ活動に全校生徒が参加できることが望ましいが生徒の自主的参加によってそのような結果が生まれるよう指導することが大切である」とされていたらしい。
 各中学校が生徒に部活を推奨していてほとんどの生徒が加入していたというのならともかく、生徒会則に部活動全員加入規程を盛り込ませたことが「学校の指導によって生徒全員自主的参加」したこととはイコールにはならんのじゃないか?

 誰かが発案して何処かが広めなければ県内中学全校が判で押したように「生徒会則による加入強制」をやるとは思えない。県教委・市町村教委とは別の意思決定機関・指示命令系統が有るかのようだ。発案したのは誰?広めたのは何処?

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

(わたし☆まちフォーラムinいわて2018プレゼンより抜粋)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ
にほんブログ村

2018年9月24日 (月)

わたし☆まちフォーラムinいわて2018でプレゼン

先日、参加したシンポジウム「わたし☆まちフォーラムinいわて2018」でプレゼンしたパワポスライドをUPします。
全16ページはダウンロードして御覧ください。「_1.ppt」をダウンロード
Photo
岩手県ローカルルールの部活動全員加入をガイドラインの実施に併せて撤廃すべきだと持論を展開しています。
反論したい方がたくさんおられることと思います。コメントお寄せください。
にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

より以前の記事一覧

他のアカウント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック