2014年1月10日 (金)

スズキの恨み晴らしはワゴンRとスペーシアの4ナンバーかな?

 鈴木修スズキ会長が軽自動車税の増税について「どっかで恨みを晴らす!」と発言したそうである。15年3月までに徹底的に売りまくることはもちろん、3月中に販社に自社買いさせ4月以降に、年税7200円の新(古)車を店頭に並べ続けるというSUZUKI特有の「禁じ手が禁じ手になっていない」常套手段を大々的にやるあたりが「恨みを晴らす」第一段階だろうけど2本目の矢を「勝手に」思いついた。

 大増税される軽自動車税は5ナンバー車だけ。4ナンバー車は1000円上がって5000円になるだけだ。5ナンバー車比2分の1以下である。4ナンバー車にするためには運転席の後からハッチゲートまでの2分の1以上が荷室であれば良いのだがそれではあまりにも後部座席が狭くなるという欠点が昔のボンバン時代にはあった。それでも4ナンバーのアルトやミラがバカ売れしたのである。

 現代のハイトワゴン、スズキならワゴンRとスペーシアで後部座席を一番まえにスライドさせると随分と広い荷室が生まれる。しかもそれでも後部座席が狭すぎるというほどではない。ほとんど子供や小柄なママ仲間ぐらいしか乗ることがないような使われ方しかしない主婦層も多かろうと思う。そこで後部座席のシートスライド機構を外し4ナンバー登録ギリギリの位置に固定したモデルをバリエーション展開するというわけだ。

 初回車検期間が3年から2年になるが、2回目からは5ナンバーも4ナンバーも2年だ。新車に何年乗るかによって微妙な場合もあるだろうけど、シートスライドがなくなる分のコストダウンと軽自動車税の安さでお釣りがきてしまう。長期間乗り続けるようであればなおさらだ。

 さて、鈴木会長の2の矢は如何に。当たるも八卦、当たらぬも八卦・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年6月14日 (金)

このままでは自民党一人勝ち、いいのか参院選

 任期満了に伴う選挙なのだから「復興の過渡期に選挙どころでは・・・」と言うつもりはないが、この選挙で改憲への流れ作りをしようとしている勢力には「復興の過渡期に改憲どころではないでしょ!」とは言いたい。

 一人区で自民が全勝し、2人区で民主・維新が争い、4人区以上で公明・みんな・生活・みどり・共産・社民にも勝機があるかも・・・あとは比例区での議席とあわせてパワーバランスがどうなるかによって、①自民党が絶対安定多数になるか②自民・維新の改憲2党で2/3を占められるか③野党第1党は民主か維新か・・・という結果に関心が集まるだけである。

 野党共闘がほとんど無い状況では自民党が大勝するに決まっている。消費税・改憲・原発・TPP・・・野党各党で政策が一致していないのだから比例区や複数区では主戦論で良い。持論を展開して積極的に政策論争してほしい。でも一人区は別だ。何もしないまま自民党に大勝されてしまえばほとんどの野党に将来展望が無くなってしまうことは歴史が教えてくれている。

リンク: 河北新報/参院選とうほく 東北6選挙区の立候補予定者 ネット対応一覧.

 告示まで一ヶ月を切った。ここ一年、野党どおしで泥試合を演じている。積極的に選挙協力なんかできないとは思うが、せめて消極的棲み分けだけでもしてほしい。

 震災で気仙沼から逃げ出し、岩手県民に戻っての参議院選挙である。アンチ自民党&アンチ小沢一郎の私は、誰に投ずるべきなのだろうか。一部の小沢一郎親派を除けば生活からも民主からも岩手県民は離れているだろう。誰に入れても勝ち目は無かろうが、民主党を離れることによって広範な支持を受けようとした平野さんにもしかしたらの期待をこめて投票するしかないないのかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

にほんブログ村ブログパーツ

  • にほんブログ村ブログパーツ

最近のトラックバック